上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イースターの連休もあっと間に過ぎ去ってしまったけれど、4月3日の記事、ウクライナ式イースター・エッグで思い出した事を。

アメリカやカナダの田舎の小さな町村で良く見かけるもの。それは、『世界一大きな○○』。
いってみれば話題性で町(村)起こし? これによって町の名前を覚えてもらい易くなり、無名の町村にとっては、町の顔みたいなもの。
もちろんアルバータ州内にも沢山あるのだが、特に有名なのがこれ。

卵
ヴェグレヴィル(Vegreville)の、世界一大きなイースター・エッグ。
この町の4大民族グループは、イギリス、フランス、ドイツ、そしてウクライナ人。アルバータ内でまとまって入植したウクライナ人が最も多い町の一つ。
有名なだけあって、なかなか立派な卵である。


ソーセージ
マンデア(Mundare)の、世界一大きなウクライナ・ソーセージ。
この町の人口はほぼウクライナ人入植者とその子孫など。
ソーセージ、確かに巨大だけれど美味しそう感が無いのが残念。近くで見るとなんだか安っぽいし...


そしてこの村には実際に行った事はないのだけれど、ウクライナつながりで。
餃子
グレンドン(Glendon)、世界一大きなピロギ(ウクライナ餃子)フォーク付き。
ピロギは本来ポーランド語の餃子名なのだが、カナダに入植したウクライナ人がいちいち違いを英語で説明するのが面倒になり、ウクライナ語ではなくポーランド語の方を使うようになったとか。
現在ではピロギといえばウクライナ餃子のこともさす。
この村にあるレストランで出されている一品だとか。退職した農民がこの村の人口の殆どを占めているらしく、相当過疎化していると思われる。このピロギ以外に見るものは無さそう。



グース
ヴェグレヴィルの北にある村、アンドリュー(Andrew)の世界一大きなカモ。
公園の脇にひっそりと置かれている。確かにカモとしては大きいが、もっと巨大なのを想像していたため、ちょっと期待はずれ。飛んでなくてもいいから、もっと巨大なカモと子ガモでもつけといてくれた方が、見応えありそう。
グレンドン同様、この村にはこのカモ以外の見所は無い模様。


最後に、世界一大きな...というよりは、ちょっとユニークなのを。
スタートレック
ヴォルカン(Vulcon)。カルガリーの南に位置している町。
ヴォルカンとは、ローマ神話の神の名前だが、スタートレックのヴォルカン星人の方が多分知名度は高いだろう。
そのヴォルカンと同じ名前のため、町起こしはもちろんスタートレック。
これは観光案内所。中もスタートレック色満載。
私は町自体を観光したことがないので、この案内所以外に見どころがあるのかは不明。
基本的に農業の町。しかしスタートレックの褪せない人気のおかげで、毎年この地でスタートレック・コンベンション、ギャラクシー・フェストをホストしており、現在では世界中からファンが集まって来るようになった。

エンタープライズ
観光案内所の隣にはエンタープライズ号。
昨年公開された映画『スタートレック』のカナダプレミアを、このヴォルカンで開いて欲しいと町長が懇願したけれど、町があまりにも小さ過ぎるため却下されてしまったという噂もあり。残念ですね...
しかし、ここでがっかりしてはいけない。
なんと今月23日に、スポック博士で有名な俳優レオナルド・ニモイが、ヴォルカンにやって来るらしい。
かなり必死にラブコールを送ったに違いないが、いいお返事がもらえて本当に良かった!
ヴォルカンの観光案内サイトはこちら。気合い入っています。



今回はグレンドン以外は、通りがかって実際に見たものを載せたけれど、アルバータにはまだまだ沢山世界一大きなモノがある。
またいつかロード・トリップの際に出会った『町の顔』を撮影してみたいと思います。
今日載せた村や町に行ってみたくなった方は、ぜひポチッと押して行って下さいな!
ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/70-23e57ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。