上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エドモントン、昨日からなんだか急に寒い。
今朝の新聞によると昨日の最高気温は8.6度。どおりで昨日は自転車に乗っていて、手袋と帽子が欲しいわと思ったわけだ...。
今日は昨日よりも多少気温が上がったが、現在13℃。夏野菜が元気無いのも納得の涼しさ。

そんなここ数日と比べ、お天気も良く暖かかった先週、ライラックの花が盛りかも知れないと思い、近所にお花見散歩に出かけてみた。
夫が、『カナダの桜』と勝手に呼んでいるライラック。エドモントンでもとても人気で、各家に1本は生えていると言っても過言では無いくらいにありふれた花木。我が家も小振りながらライラックが3本は植わっている。
ヨーロッパ原産でフランス語でリラ、日本語だと紫丁香花(むらさきはしどい)。その名の通り、ピンクや薄紫色の花がとっても奇麗。



さて、我々が出かけるのを素早くキャッチしたティガー、当然の様に、
ティガー
               『おいらも〜。』


ティガー、お散歩には必ず付いて来てしまう。
ティガー             『どこ行くニャ〜?』          
      

ティガー
              『ママ、パパ、待って〜。』


途中、近所の友達と立ち話していると、野うさぎを追っていたクロコ兄貴登場。
                    『おいお前、こんなところでニャにしてる?』
クロコとティガー
            『ママとパパとお散歩中ニャ。』


我々の立ち話に付き合うよりも、クロコ兄貴と遊ぶ方が楽しい。この後2匹つるんで姿を消した...。


結局公園のライラックは盛りが終わっていた。
でも、近所の花は満開。
ライラック

我が家の遅咲きライラックも週末辺りが満開となりそうです。


そして帰路に就くと、消えたティガーの代わりにクロコが付いて来た。
クロコ
くるちん、ティギーどこ行っちゃったの?    (!しまった、置いて来ちゃったニャ!)

実はこの後ティガー、翌日まで帰って来なかった。
クロコ、いったいどこにティガーを置き去りにしてきたのか...。



おまけ:
先日夫が、ダウンタウンで開催されたカナダ輸血医学協会(CSTM)のコンファレンスでトークをしたのですが、(ウチの夫は美術が専門なので)招待されたものの、場違いなんじゃないかと不安がりながら出かけ、血液関係の専門家に囲まれた中無事にアートのレクチャーを終え、こんなものをお土産に頂いてきました。
チョコレート
なんだか絵はがきで見た様な、新しい感じのしないエドモントンの夜景の箱に、


チョコレート
キャンバスに血液のしずく型のパレットを描いている血液のしずく君と、その周りに赤血球が施されたデザインの巨大板チョコ!!


更にご丁寧に、
チョコレート
チョコを割るための鋳鉄金槌付き!


この板チョコの為に夫が招待されたのか、夫の為にこのデザインを作ったのか知りませんが、これから暫く、おやつには困らなさそう...。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/634-4c61a610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。