上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エア・カナダの雑誌『EN ROUTE』で、カナダのレストラン・トップ100の1つに選ばれたこともあるらしい『キアンティ・カフェ&レストラン』(Chianti Cafe and Restaurant )
1984年にカルガリーで開店、現在カルガリーに4店舗、エドモントンに2店舗そしてサスカトゥーンに1店舗あるようだが、久々に、オールド・ストラスコナのホワイト・アベニュー(82アベニュー)店へ行ってみた。


キアンティ
よく目立つ、旧郵便局の建物。
この店舗の開店はいつか知らないけれど、80年代ではないかと推測。


キアンティ
店内は、いくつか部屋が分かれているけれど、全体的にかなり広いです。
過去に2、3回食べた事があるが、その後は週末予約無しで行くといつも満席で座れず。
しかしこの日は平日だったせいか、結構空いていた。


キアンティ
ペンネ(Penne Mediterraneo)
スパイシー・イタリアン・ソーセージ、フェタ・チーズ、赤パプリカ、ブラック・オリーブに、ほうれん草&ローズ・ソース。お値段は、$14.99。


キアンティ
フジッリ(Fusilli Giardiniera Con Pollo)
野菜、チキン、クリーム・ペスト・ソース。お値段は、同じく$14.99。


パスタは他にも色々な種類があるが、お値段$12ドルから$15ドルの範囲で、比較的お手頃。味も悪くない...というよりも、美味しかった。
このイタリアンが絶品か?というと、そこまで言える程の感動的な美味さではないと思うが、食べて病み付きになる味ではある。おかげで、量が多いと思ったのに全て完食してしまった。かなりこってりしているので、こってり系が苦手な人は注意だが、味が濃過ぎず食べ終わってげっそりという感じでもない。また、他のレストラン同様に、残ったらお持ち帰りも出来るので、食べきれなくても無駄なく安心。

またそのうちに食べに行きたいと思えるレストランだが、ロケーション、値段、味が上手く合わさって、今でも非常に人気が高いのも納得。
少なくとも1度は食べてみる価値ありと思います。



最近エドモントンは本格的に寒くなってきて、昼間の最高気温もマイナス13℃前後、明け方にはマイナス20℃を下回っていて、何もかもがキンキンに凍っている。
そのため、外出がかなり億劫になってきてしまったが、外出が億劫なのは私だけでなく、
クロコとティガー
このお二方も、家で寝てるか食べてるかで、かなり退屈しています。

クロコおじさんは、もう若くもないため諦めて1日寝てますが、4歳で遊び盛りのティガー坊や、あまりの退屈さについに忍耐の尾が切れてしまいました。
猫たちがいつも家にいてくれるのは嬉しいと思っていたところ、ティガー、今朝は外へ出たきり戻って来ない...。
いつも朝から起こしに来るのに、来ないと思ったら居なかった。

今日もキンキン寒いから、心配になり、クロコに『ティガーを探して連れて来て』と言うと、家の中をうろついた後にするっと外へ出て行き、10分程でティガー、クロコと共に帰宅。
しかしご飯を食べるとまた出て行ったきり。午後のお昼ね時間になってもどこにも居ない...。
こんな寒いのに外で寝てるわけないし、一度帰って来てまたすぐ出て行ったので、なんか戻りたくなる様な良い場所見つけてしまったのかもしれないけれど、2度目の家出でない事を祈ります。

一度連れ帰ったのに、またふと出て行ってしまったティガーの事はどう思っているのか、クロコおじさんは睡魔に勝てずに寝ています。

クロコとティガー
こんなにクロコ兄貴を毎日慕っていたのだから、家出とも考え難いけれど...ティガーも気がコロッと変わるタイプなので、ちょっと心配。

ティガーが無事に戻ってきますように。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/575-3a515785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。