FC2ブログ
昨日に引き続き、映画感想。
またしても観てから大分日にちが経ってしまったけれど、これ以上記憶が薄まらないうちに。

アルゴ
ベン・アフレック監督長編第3作、『アルゴ』(Argo)
1979年にイランで実際に起こった、6人のアメリカ大使館員救出劇を元にしたスリラー。


イラン革命後の1979年11月、追放された独裁者のシャー(パーレビ国王)をサポートするアメリカへの怒りは頂点に達し、イラン人暴徒たちはテヘランのアメリカ大使館を襲撃。殆どの大使館員が人質として捕まる中、逃げ出した6人の外交官は、カナダ大使の家に逃げ込み匿われる。
CIA特別情報員のトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6人をイランから救出するため、『アルゴ』という架空のSF映画を製作するふりをして、カナダ人映画監督としてイランに潜入する。


監督デビュー作の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』も、2作目の『ザ・タウン』も上出来だったベンアフ、今回もまたまた期待を裏切らない出来栄えで、とても面白かったです。
この人は、シリアスな題材を使っていても台詞にユーモアがあり、コメディではないけれど笑いも取れるため、ストーリーに入り込み易いし、映画が長くても長いと感じさせない力がある。
『ザ・タウン』の時にも感じたけれど、手に汗握るスリルもあって、結果は分かっているのに最後まで緊張で目が離せないとはこのこと。私、かなりドキドキしました。
強いて言えば、ラストの〆方がオーバーランな感じが...あら、行き過ぎちゃいましたね、と。


アルゴ
偽映画スタジオ設立し、『アルゴ』の宣伝も本格的。敵を騙すなら、まず味方から。
何気にカナダ国旗も飾ってあります。


アルゴ
カナダ大使の家に匿われる6人も、アメリカ人とバレないために、実行の日まで念入りに準備。
映画が終わった後に実際の人物と俳優達の顔比較が出るので、比べたい人はすぐ席を立たないように。


ところで映画では、味付け風なカナダだけれど、無事に逃げることができた大使館員の1人の話によると、実際は救助にカナダが随分と活躍したらしいです。映画ではサラリだったけれど、確かにカナダ政府直々に偽パスポートを発行したりしてるし、カナダ無しでは6人の命は助からなかったかも、ですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/568-1c54309a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)