FC2ブログ
ブルース・ウィリスとジョゼフ・ゴードン=レヴィットが年齢の異なる同一人物を演じている、(タイムトラベル)SFアクション映画『LOOPER/ルーパー』(Looper)
Looper


2074年、タイムマシンが開発されるが、法律によって使用は禁止されていた。しかし技術の進歩により、殺した死体の始末がほぼ不可能となったため、近未来の犯罪組織は違法にタイムマシンを使い、殺したい人物を過去に送っていた。
経済の破綻し犯罪が増えつつある2044年のアメリカ、未来から送られた一人のボスにより組織された殺し屋『ルーパー』たちは、指定されたターゲットを殺害することで30年間は楽に生活出来る報酬を受けていたが、契約の切れる30年後には過去へ送られ、ルーパーにより殺害される運命でもあった。2044年のルーパーたちは、例え相手が未来の自分であっても必ず殺さなければならないのだ。
そんなある日、ルーパーの1人であるジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、30年後の自分自身(ブルース・ウィリス)と対面してしまう。


割と面白かったです。
タイムトラベルものには大体矛盾する部分が出て来てしまうものだが、この映画ではかなり上手い具合につじつまを合わせているので、割とすんなりストーリーを楽しむことが出来た。
若い頃のジョー役のジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、撮影前に何時間もかけて念入りにブルース・ウィリス化のメイクをしたらしいが、そのおかげで見た目も意外と似た印象な上、ウィリスの演技を観て真似たというだけに、発声や動きにも共通感があり、同一人物として殆ど違和感を感じない。

緊張感ある展開で、切なくもあり、最後まで飽きる事無く楽しめる映画だと思う。
最後もあまり予想しなかった展開で驚かせてくれる。


Looper
凄腕ルーパー、ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)。フランス行きを夢見てたけれど、意外な展開。


Looper
ジョー、未来の自分とご対面。  
自分の30年後の姿なんて、あまり見たくないですね。


なんだか同じくタイムトラベルを扱ったSF映画、『12モンキーズ』(Twelve Monkeys)を思い出して仕方が無いブルース・ウィリス。『LOOPER/ルーパー』では監督が『12モンキーズ』(Twelve Monkeys)を観て彼を未来のジョー役にしたという話を聞いて納得。
それからもう1つ、なんとなく日本の有名なアノ”漫画”からもアイデアを取ったかな、という感じ。
さて、アノ”漫画”とはなんでしょう?


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/565-ba4b444d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)