上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の落ち葉かき第一弾を終え、いよいよ庭も冬支度となって来たこの頃。
今更ながらですが、去り行く秋を惜しみつつ、既に懐かしく感じる秋景色などアップしてみたいと思います。


エドモントンの夏から冬への移り変わりはとても早い。
夏が終わり黄葉が始まったと思ったら、なんだか既に晩秋の気分。
しかし今年は、2週間に渡る長いインディアン・サマー?のおかげで、珍しく奇麗な秋景色をたっぷり堪能することが出来た。
拍子抜けに暖かかった9月後半、まずはブログ初めて間もなくの頃にも『冬歩き』としてアップした、ミル・クリーク・ラバイン・パーク(Mill Creek Ravine Park)へ。
この公園は、ホワイト・アベニューを東へ、橋のすぐ手前を左に入った所にある。


ミルクリーク
『冬歩き』では凍結していたクリーク(小川)。


ミルクリーク
まだ結構緑の葉が残っていた、9月半ば過ぎ。


ミルクリーク
早いものでは、この時点でもう散ってしまっているが、まだ殆どの木が緑から黄色に変わるところ。


ミルクリーク
秋は、川も小川も水位が低い。
この小川((ミル・クリーク)は、地図上ムタート植物園のところで途切れて見えるが、最終的にはノースサスカチュワン・リバーへ流れ込んでいるようだ。
ここから川までの遊歩道の距離は約3kmくらい。


ミルクリーク
カナダの公園でおなじみの風景。ここにも当然の様にピクニック・テーブルとバーベキュー・グリル。

エドモントンの公共公園にあるバーベキュー&ピクニック場は、使用するのに予約をして利用費を払わなければならないようだ。今年はすでに使用期間(5月5日から10月8日まで)が過ぎてしまったけれど、詳しくはこちらをチェック。早い者勝ちで利用費もかからない所もあり。
それから、公共の場での飲酒は堅く禁じられているので、例えバーベキューでもビールは無し(実際には隠れて飲んでる人は多いと思うけれど、表向き飲んではダメ)。
結局堂々と飲める自宅の庭でアルコール付きのバーベキュー・パーティやる人が多いのも納得。ビールの無いパーティなんて...健全過ぎる。


ミルクリーク
ランニング、自転車、歩き専用の舗装道。


ミルクリーク
黄色と緑ばかりの林に、散り残った赤い葉発見。夏場は紫色の葉を付けている木。


ミルクリーク
紅葉(赤やオレンジ)の葉が殆ど無いのは寂しいけれど、黄葉も奇麗です。



ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/564-1e5f6c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。