上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パースニップ。

昨年、スパイス・スープの記事で紹介した、日本語で「白ニンジン」と呼ばれている白色の根菜。
独特の強い香りがあるので嫌な人も多いかもしれないけれど、ほんのり甘みがあって、スープにすると美味しいと思っている私のお気に入り野菜なので、何年も前から毎年熱心に栽培してきた。

しかし毎年、
規格外野菜3
こんな形や、


パースニップ
こんな形にしかなってくれない....。


パースニップは成長に割と時間がかかるため、いつも室内で育て始めたものを6月に移植して来たが、そうすると根がちゃんと成長しない、と友人から指摘されたため、今年は4月に畑に直播きしてみた。


すると...
イモ
発芽から初期成長までに時間がかかったものの、夏の終わりには例年と変わらないくらい立派に成長。


パースニップ
いつもより広く間をあけて栽培、葉も茎も健康的でとっても元気。


そして、先日初めて収穫してみた所...
パースニップ
パースニップ栽培史上初! ちゃんとした形に成長していた! 
初めてこんなに奇麗に出来て、抜いた時とても感動してしまいました。友人の一言に感謝。


パースニップ
ほよほよと毛が出ているけれど、大満足の結果。
穫れたてのパースニップは、大根、ジャガイモ、ニンジン、カボチャなどの根菜類+と一緒にオープンでバター焼きにして頂きました。

早いうちに収穫したものは柔らかいけれど、霜が降りるまで置いておくと甘みが増すとのこと。
それから、パースニップ収穫の際は、まずガーデン・フォークやシャベルで根の周りの土を柔らかくしてから引っこ抜かないと、葉と茎だけ取れて根が土に残ってしまいます。


エドモントンは日曜日に夏日だったのに、翌月曜日には一気に寒くなり、以後かなり涼しい日が続いている。
まだパースニップを含め、ネギ、ニンジン、ビーツ、セロリなど沢山あるのですが、先日はジャガイモを初収穫してみた。
IMG_862972.jpg
弱酸性の土で育てて以来、今年もそうか病にならずに奇麗なイモたち。
しかし、庭木の成長と共に畑の陽当たりが悪くなっているため、1つの苗に少ししか芋が出来ていない。
今年は8つの種芋を植え、これは2つの苗からの収穫。今年はジャガイモの総数にあまり期待出来なさそう。


おまけ:
クロコ
今日もちゃんとお座りしてご飯を待つクロコ。


ついでに、以前紹介したかどうか忘れましたが、随分昔に撮影したビデオ。

クロコ、バイリンガルでお座りの図。

まだティガーが我が家に来る前で、クロコもちょっと落ち着きの無い座り方。

餌の無いときでも「おすわり」と言うと座るので、餌に反応しただけの行為ではなく、ちゃんと言葉を理解しているのではないかと思われる。
最初はお座りしなかったティガーも、何回かの練習とクロコが座っているのを見て学び、今はしっかり座ってくれます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/556-ce7b89c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。