FC2ブログ
9月に入り、夏休みもおしまい。
最近なんだか忙しくって、つい間があいてしまいます。
とりあえずテキサス州エル・パソ滞在記を中途半端にせずに、ちゃんとアップし終えたいと思います。

ということで、今日はテキサス大学エル・パソ校の博物館。


テキサス大学エルパソ校博物館
とっても小さな博物館は、見た目も可愛い。無料で見学出来ます。


テキサス大学エルパソ校博物館
あまり広くないので、あっという間に見終わってしまうが、この辺りの歴史や先住民たちの衣類、生活・文化資料とスペイン人が持ち込んだ物などが展示されていて、それなりに面白い。


テキサス大学エルパソ校博物館
これは表面が全部ビーズで出来ています。とっても奇麗!

それから、この博物館のもう1つの見どころは、
テキサス大学エルパソ校博物館
西洋式にブータン式を合体させた建物と、その庭である植物園。


テキサス大学エルパソ校博物館
これまたとても小さいが、奇麗に整備された植物園は、ちょっとした休息にぴったりのお散歩コース。
 

テキサス大学エルパソ校博物館
この辺りの土地は砂漠で大変乾燥しているので、あまり植物は生えていないが、そんな砂漠植物がここに一同に集められている。
日本やカナダでは見かけない大変面白い植物も沢山。周りの山や町中にあまり緑がないから、ちょっとしたオアシスですね。(全然涼しくもないですが。)


あまり良い写真ではないけれど、博物館と植物園を外から見た図。
テキサス大学エルパソ校博物館


因に、エル・パソの一般的な郊外の風景。
エルパソ
エル・パソの山々も、ロッキー山脈の連なりの最南端らしいけれど、木もサボテンも生えていない。
標高はアリゾナよりも高いので、意外にも冬は結構寒くなるらしい。今年の冬は雪も降ったし、気温もカナダ並に寒くなったと聞いた。
それほど寒くなる冬も珍しいらしいが、確かにアリゾナ州のフェニックス空港に降り立ったときの熱気の方が強烈に感じたし、アリゾナのロッキー山脈には木の変わりにサボテンが生えていた。
エル・パソでは、サボテンさえ自然にはあまり良く育たないようだ。


夏は、外出時に水を良く飲んでいないと、知らないうちにミイラにでもなってしまいそうな勢いで暑く乾燥してるエル・パソ。
明日は、ダウンタウンなど。



今日のおまけ!

       『ちゃんと本物のクロコ兄貴かニャ?』
クロコとティガー
           『いつものティガーにゃのか?』

...と、尻の匂いを嗅ぎ合い、この家の正しい猫かどうかを確認するクロコとティガー。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/553-a80c8d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)