FC2ブログ
ロンドンオリンピックが閉会する3日前の8月10日からひっそり始まった、女子野球ワールドカップ。
今年は、エドモントンがホストで、世界8カ国からの参加。

そもそも、女子野球自体がそんなに活発とは知らず、ましてワールドカップがあったとは!という感じなのですが、野球は元々好きなスポーツ。
私が子供の頃、まれに少年野球チームに女の子が含まれていることはあっても、野球と言えば少年のスポーツで、女の子はちょっと除け者。中学生になると、野球やりたい少女は仕方が無いのでソフトボール部に入部というのが一般的だった。私もそんな1人。

今でも女子野球はサッカー程メジャーではないようですが、日本女子野球がワールドカップに参加しているというので、これはぜひ観ておかないと。

...ということで、夫と友達と皆で楽しめそうな、日本ーカナダ戦を観戦してきました。
8カ国のチームは、10日からの予選でお互いに全て対戦。昨日の日本ーカナダ戦は予選最終戦だった。
前日までの成績は、カナダが1位、日本が3位。

場所は、エドモントンの野球チーム『キャピタルズ』のホームである、テルス・フィールド(Telus Field)。試合開始は午後7時半。
女子野球
エドモントンにも、プロ野球チームがある。
エドモントンのプロ野球チームの歴史は意外にも古くて、1884年まで遡る。
私が初めてテルス・フィールドでエドモントンプロ野球を観た時、チームは『エドモントン・トラッパーズ』(Edmonton Trappers)という名前だった。
トラッパーズは、マイナー・リーグのパシフィック・コースト・リーグ(Pacific Coast League)に在籍、しかし2003年にテキサスに売られてしまう。
その後、ノーザン・リーグ(Northern League )のメンバーで、新たなエドモントンプロ野球チーム『エドモントン・クラッカー・キャッツ』(Cracker-Cats)が誕生、2008年にはゴールデン・ベースボール・リーグ(Golden Baseball League)に。しかし2009年、再びチームは売られてしまう。購入したのは、NHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)のエドモントン・オイラーズのオーナーでもある、ダリル・カッツ(Daryl Katz)。
2009年新しいオーナーの元、チーム名を『エドモントン・キャピタルズ』(CEdmonton Capitals)として再出発。2011年に、北米リーグ(North American League)チームとなった。いづれにしても、現在は北米のメジャー・リーグはもちろんのこと、マイナー・リーグとも関係が無い、北米西側で独立したリーグのようです。

『トラッパーズ』が居なくなってしまった後、新しいチームも一応徐々に成長しているということでしょうか。
チームが変わっても、このテルス・フィールド・スタジアムだけは昔と変わらず。


女子野球
カナダで野球はそんなに人気のスポーツではないので、外野に席は無し。
変わりに、古いエプコー(EPCOR)の建物が見える。その向こうは、ノースサスカチュワン・リバー。
市では、この電気会社EPCORの使われなくなった建物をどうするか、という話し合いもしている。取り壊すのではなく、エドモントンのアーチスト・ラン・センターをここに全部集めたらどうか、という意見も。
そうこうしている内に、最近ここの敷地から、エドモントンで一番古いと言われている旧交易所(フォート)の基礎が発掘されたり。古くなって取り壊しもささやかれるウォルターデール・ブリッジ(Walterdale Bridge)と共に、今後の再開発がどうなるのか、気になる一帯です。

話がずれました。
女子野球を観戦に来る人はそんなに居ないだろうと思って、チケットは当日買う事にしたら、結構な長蛇の列だった。
購入終えて球場に入ると、既に一回の裏が終わる寸前。

日本が2−1とリードした2回の表から、じっくり観戦。
女子野球
赤いユニフォームはカナダ、白が日本。
私たちはカナダ側の席へ。


女子野球
カナダ側から、日本の応援団がよく見える。
カナダの席の方が人が多い気がしたが、応援団的なものは無く、個人個人で適当に応援。
引き換え日本の少ない応援団が勢いがあって、相当輝いて見えました。


試合は7回まで。
4回終えたところまでは、9−1で圧倒的に勝っていた日本、
女子野球
日が落ちたと同時に崩れ始めます。


女子野球
薄暗くなった頃には、、それまで通夜のように静かだったカナダベンチが騒がしくなり、日本の応援団がちょっと静かに。カナダ側に座って密かに日本を応援する私もちょっと静かに。


女子野球
ナイターになった6回も、あっさりと片付けられてしまう日本。
カナダは最後の攻撃の7回に4点をあげて9−7と逆転の勢いに。チャンスはあったけれど、日本4人目のピッチャーがなんとか抑えて試合終了。

日本はこの試合に勝った事で、予選を1位で終え、今日のプレイオフに入った。
現在オーストラリアと対戦中、カナダは今晩アメリカと。そして、明日はワールドカップ最終日。
日本が今日勝てば、明日再びカナダかアメリカの勝者と優勝カップを目指して対戦する。
決勝戦を観に行くかどうかは、決めておりません。


ところで、試合終了後の両チームの態度が違っていて面白かった。
カナダチームは、応援席に向かって、ちょっと悔しそうながらも微笑みながら帽子や手を振って去って行ったが、日本チームは、応援席に向かって奇麗に整列し、お辞儀。
文化、というか、しきたりの違いをはっきりと垣間みた瞬間。
そういえば、オリンピックのサッカーでも、日本選手は交代の時にフィールドに向かってちゃんとお辞儀してたな〜と。
なんだか、そういう礼儀が新鮮に見えるこの頃。


本日のおまけ:エドモントンプロ野球チームのロゴ。

ロゴ
私がエドモントンに移民した時にあった、『トラッパーズ』。シンプルです。


ロゴ
名前もマスコットもイマイチ不評だった、『クラッカー・キャッツ』。
石油をイメージしてるのに、ゴルフバックを背負ってるように見えるし。


ロゴ
そして、『キャピタルズ』。
首都にありがちなネーミングだが、悪くはない名前。
耳のないバットマンに見えるマスコット、キャプテン・キャピタルが、どういったものなのか、誰かに訊いてみなくては! 


キャプテン・キャピタル
エドモントンのスーパー・ヒーローってことで。
後ろに居る相手チームのマスコットが唖然としているように見えます。


さて、女子野球のカップの行方はどうなるでしょうか!?

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/546-9ee77989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)