上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モントリオールに来たなら、必ず訪れたい旧市街。
そして旧市街に行くなら、決して見逃したく無いモントリオール・ノートルダム大聖堂(Basilique Notre-Dame de Montréal)

ノートルダム大聖堂
外観は比較的地味。拝観料は5ドル。


1824年から1829年に建設され、その後塔や内部装飾の完成までに51年の歳月がかかっているこの大聖堂、モントリオール郊外出身のカナダ人歌手、セリーヌ・ディオンが結婚式を挙げた事でも有名。

しかしそれ程期待をしないで入ってみた所、
ノートルダム大聖堂
(ちょっと写真が小さくて迫力は伝わらないのは残念ですが)実際はもの凄くゴージャス!! 
あまりの衝撃的な美しさに、思わず”ワオッ!”と漏らしてしまいました。


ノートルダム大聖堂
青い色をバックにした祭壇の装飾も凄いですが、


ノートルダム大聖堂
回廊も豪華。


ノートルダム大聖堂
そして説教壇も、まさに天から説教をいただいている気になりそう。


ノートルダム大聖堂
写真と言葉では表すことの出来ない美しさ。


この大聖堂内部の教会祭壇の裏には、
ノートルダム大聖堂
現代風の礼拝堂が。
サクレ・クール・ノートルダム礼拝堂(Notre-Dame du Sacré-Cœur Chapel)。
大聖堂の装飾完成(1880年)8年後から建築開始で1891年に完成した礼拝堂。しかし1978年に火災によりほぼ全焼、現在あるのは1982年に再建されたもの。


いくら居ても居足りないと思ってしまう、バシリカ式のモントリオール・ノートルダム大聖堂。聖堂内部は世界でも最も印象的な教会の1つということだが、確かにその通り。期待をしないで行ったので余計に感動したが、期待して行っても決して裏切る事は無いでしょう。拝観料5ドルは決して高く無く、この大聖堂はモントリオールに来たら観ない方が損といってもいいくらい。
これから観光シーズンでここもかなり混みそうだけれど、チャンスがあるならぜひ訪問を。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/513-5550598f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-
管理人の承認後に表示されます
│06/09 08:01
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。