FC2ブログ
今日はうちの猫の紹介をしましょう。

クロコ

クロコです。黒いから。
メスだと思ってつけたけれど、後にオスと判明。名前は定着したのでそのまま。
推定年齢5歳、ニックネームはくるちんです。

3年前の9月初旬、友人が、庭に住み着いた猫を飼うことにした、というので、いいね、私んちにも猫来ないかな、と軽く言ってから4、5日後、黒い猫がやって来た。
ひと月くらい前から毎朝うちの庭を通過していたのは知っていた。近所の飼い猫だと思っていた。
そのうち私が庭で畑の世話をしていると、いつもどこからともなく、にゃあ、と言いながら現れるようになった。
夏の間は気ままに外で遊んでいたけれど、秋になって、雨が続いて寒くて空腹に絶えられず、この家で飼ってもらおうと決めたらしい。
濡れながら2本足で立ち、前足でガラスの扉をこすりながらにゃあにゃあ鳴いて助けを求める姿は必死だった。
事情があってすぐには保護できなかったのに、植木の下で降り続く雨を凌ぎながら、毎日決して諦めること無く数時間置きにドアまでやってきては、入れて入れてと訴えた。

3日目、やっと猫を迎え入れる準備ができ、初めて家に入れてあげてお腹いっぱいご飯を食べて、一緒にベッドで寝たその日の夜は一晩中ゴロゴロ言って、その音があまりにも大きくて私たちは良く眠れなかった。

クロコをうちの子にしてから2日後、耳にIDを発見。
耳に掘られた入れ墨をたどって探したけれど、飼い主は見つからなかった。

黒い猫は縁起が悪いとか、いやがる人も多いけれど、黒猫は猫の中でも最も優しくてフレンドリーだと私は思う。
猫の生態の本にもそのように書いてあったけれど、クロコも本当に穏やかでフレンドリー。
きっと生まれたときから可愛がってもらっていたのだろう、人のことが大好きで信頼しきっている。
誰かが訪ねて来ると、隠れたりしないで私と一緒に玄関まで必ず出て行き、どんな人が来たのか確かめる。
体重7キロ超えの大きな体と、ちょっと悪そうな風貌に似合わず、高音で可愛い小さな声で鳴く。

どういう経緯で飼い主さんの元から離れてしまったのかは分からないけれど、クロコが我が家に来てくれたこと、諦めずに我が家を選んでくれたこと、人と人だけじゃなくて、猫と人にも縁ていうのがあるのかもしれないな。


クロコの可愛い猫芸を見ることが出来ます。





良かったら、応援も!
ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ





スポンサーサイト



CM0. TB0 TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/5-6a0aa75f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)