FC2ブログ
日曜日にホームセンターで種まき用の土を購入出来たので、室内種まき第2弾。

今日は、玉ねぎと長ネギです。
種まき

どちらも成長には時間がかかるので、毎年早めに種を蒔く。
寒さに強いため、早いうちに土壌に蒔く事も可能だと思うが、ネギ属は植え替えも楽で殆ど失敗する事がないので、室内にて栽培。


ポットと土。
種まき
室内種まき用のポットは、昨年植え替えが済んだ時に全て消毒済み。
その時は少々面倒だけれど、やはり種まき時に消毒から始めるよりも楽かな。


種まき
種まき用土は、ピートモス主体でふかふか。
ふかふかベッドで発芽、根も張り易く幼苗の成長を促す。

良く発芽し育つが、ある程度苗が大きくなると、栄養不足になるのが難点。後に別の土に植え替えるか、コンポストや肥料を十分与えてあげる必要がある。
今回はまたポット全てをこの土にしてしまったけれど、ポットの下半分に栄養たっぷりの土、そして上半分にこの種まき用の土という層にすればよかったかもしれない。
今回は遅いので、次回の種まきで実践してみましょう。


種まき
種を2cmの深さに蒔くようにとの事なので、ポットへ入れる土は少し低め。


種まき
植え替えの時にはポットから思い切り取り出し、根をカットしてから畑に移せるので、1つのポットに沢山蒔いてしまっても大丈夫。
黒いつぶつぶが種です。


種まき
全て蒔き終わったら、上に土を被せて出来上がり。
玉ねぎと長ネギは、種も幼苗も似ていて発芽後も区別がつき難いため、目印を付けておくと良い。
あり合わせで、空になった種袋を貼付けてみた。左9ポットが玉ねぎ、右9ポットが長ネギ。


種まきが済んだら、すぐに水を与える。
種まき
水は、トレイに入れて下から吸い上げるようにする。
面白いように吸い込んでくれます。


種まき
およそ2Lのこのジョウロで、3杯はいけます。


種まき
土の表面を安定させるため、上からも軽く霧吹きで湿らせておく。


これで、本日の種まき終了。
種まき
保温シートの上に乗せて、発芽を待つ。
発芽までは暗くてもオッケー。表面の乾燥を防ぐため、新聞を乗せたりカバーをしたり。

前回のピートパレットに蒔いたものは、パレットが小さく、カバーだと暑くなり過ぎてしまうので、新聞紙を乗せた。
今回は、面積が広く、ティガーが上を歩き回りそうなので、使っていないトレイをカバーに。ぴったりと被さらないが、反って暑くなり過ぎてしまうのを防ぐことが出来るので好都合。
ポットが少し大きめなので大丈夫かと思うが、時折土の温度を確認する。

夜は保温シートは切って寝るので、冷え防止に両方ともしっかり専用のカパーを被せる。


今日からまたぐっと暖かくなったエドモントン。今週はずっと10度前後で雪も殆どなくなりそう。
お天気が良く暖かくなるのはとっても嬉しいものの、同時に猫たちの外出が増えるのはちょっと残念。
見回りに忙しいクロコと、遊びに忙しいティガー。
そんなんで、本日の種まきはお供無しでした~。


今日もお帰りの際には、下記のバナーをポチポチッと宜しくお願い致します!

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 
スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/477-f23b7181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)