FC2ブログ
カナダは昨日ファミリー・デイ(家族の日)で祝日だった。
ファミリー・デイには、家族向けのイベントがあちこちで開催されるが、今年は暖冬+快晴で、屋外でのイベントも人出が多く大盛況だった様。

せっかくお天気が良く暖かい祝日となったので、私たちは今期3度目のアイススケートへ。
久しぶりにウィリアム・ハウレラック・パーク(William Hawrelak Park)へ行こうと思ったら、雪の彫刻コンペなどのイベントで、入り口長蛇の列だったのでパスして、前回と同じビクトリア・パークのスケートリンンクへ。

ビクトリア・パーク
スケート日和で賑わうリンク。午後2時頃。
写真に撮ると空いて見えるが、実際にはもう少し混み合った感じ。

一昨年のクリスマスに買ってもらった新しいスケート靴にして以来、滑るごとに上達している私。靴の違いによる上達ぶりに我ながらびっくり。たまにしか滑らないのに、確実に前回よりもスイスイ~。
そして、スケートを1時間程楽しんだ後、近くの川沿いをお散歩。

ビクトリア・パークの更に西側、グロート・ロード越えたところのノースサスカチュワン・リバー沿いの遊歩道。
リバーサイド


昨年、川が氾濫しそうだった時にも、訪れています。
ノースサスカチュワンリバー
しかしこの時にはあまり遠くまで歩かなかったので、今回は少し先の方まで行ってみた。


リバーサイド
私のお気に入りの風景、氷の中に生える木立。


リバーサイド
暫く川沿いを西へ歩き、エドモントンの市街を振り返る。
見えている建物の殆どは、川沿いの高層マンション。この写真では分かり難いが、一番右端にチラッと州議事堂の姿も。

この先、更に西へ進むと、川から少し離れたところにマッキノン・ラヴィーン(峡谷)・パーク(MacKinnon Ravine Park)がある。なんだかとっても良さそうな公園だが、そちらへは行かず、分かれ道にある心臓破りの階段を登ってみた。
リバーサイド
この階段、もの凄く急で高く比較的長いので、運動不足の解消にぴったり。


リバーサイド
階段中腹からの風景。向こうに見えるのは、アルバータ大学キャンパス。


リバーサイド
上まで登りきった所から見たノースサスカチュワン・リバー。
左にダウンタン、真ん中はサスカチュワン・ドライブ沿いのマンション、そして右がアルバータ大学。


この階段を上がった所には、お金持ちの邸宅が並んでいる。
あまりこの辺りまで来たことが無いので、立ち並ぶ豪邸に若干衝撃を受けつつ、帰りの遊歩道を探す。
しかしどこ見ても無さそうなのに、”川沿いへ降りる遊歩道がある”と言って聞かない夫の言うまま、無理矢理道のない峡谷を降り始める。この辺りは結構な傾斜で、林の中の木に捕まりながら斜面を下降。
すると谷を降りた所に、
リバーサイド
ひっそりと流れる、赤い小川発見。


リバーサイド
鉄分が多いのでしょうか?


小川を渡った後は急斜面を登り、ついに夫の目指していた遊歩道を発見、無事に生還。
リバーサイド


後に地図を見ると、お金持ちの住宅街と夫の目指していた遊歩道、全く接点が無くちょっと無謀だったけれど、美しい小川も見れたし以外と楽しかった。結局散歩は1時間、アイススケートと会わせて2時間の運動となり、満足満足。

どの辺りなのかな?と、興味のある方は、グーグル・マップで場所の確認して下さい。(青文字クリックで、マップへ飛びます。)
この地図は開くと少しズレていますが、ちょっと右上へ地図を移動すると、川沿いに遊歩道が見えます。
二つの丸いサークル状になっている住宅街がありますが、左側のサークル(St.Georges Crescent NW)から、右のこんもりとした緑の森の中をなんとか通過、うっすら見えている遊歩道まで辿り着きました。


本日もご訪問、ありがとうございました。
お帰りの際には、下記のバナーをクリック、よろしくどうぞ~。
拍手コメント下さった方、拍手コメントへの返信が出来ない??(みたい)なので、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 
スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/462-ec3fbd0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)