FC2ブログ
アルバータ大学の男子アイスホッケーチーム、ゴールデン・ベアーズ(Golden Bears )の、今年のレギュラーシーズン最後の試合がホームであるから見に行こう!と誘われたので、観に行って来た。
ゴールデン・ベアーズの試合は、何年か前にナショナル・チャンピオンシップ(プレイオフの最終戦)で優勝した試合を、エドモントン・オイラーズ(Edmonton Oilers)の本拠地であるレクサル・プレイス(Rexal Place)で観たことがある。が、シーズン中の試合はこれが初めて。
レギュラーシーズンの試合は、各大学にあるスケートリンクで行われるようだが、アルバータ大学のバタードーム(Butterdome)にあるスケートリンクを見るのも今回初めて。
因に、バタードームの名前の由来は、その形がバターに似ているから。体育館、フィットネスクラブ、スイミング・プールを含め、寒い冬場でもあらゆるスポーツが出来る巨大なドーム。アルバータ大学の学生や関係者以外でも、使用料を払えば誰でも利用可能なスポーツセンターだ。

さて、そんなバタードーム内にあるアイススケートリンク。
試合観戦のシーズンチケットは、アルバータ大学の学生は7ドル、他大学の学生とシニアは8ドル、大人15ドル。
そして、プレイオフにはそれぞれ1ドルずつ高くなる。

ゴールデン・ベアーズ
試合前、整氷車ザンボニ(Zamboni)が、氷の表面を整える。


この日の試合相手は、レスブリッジ大学のプロングホーンズ(Pronghorns)
ゴールデン・ベアーズ
試合前には、カナダ国歌を歌います。手前がプロングホーンズ、後ろがゴールデン・ベアーズ。


ゴールデン・ベアーズはウエスタン・コンファレンスの2位で、プロングホーンズは7位。
誰もが、ベアーズ余裕勝ちと思ったはず。
ゴールデン・ベアーズ
第一ピリオドで2点先制して、かなり有利に見えたゴールデン・ベアーズ。


ゴールデン・ベアーズ
しかし油断したのか、追い立てられ、ペナルティも連発。第一ピリオド終了時には2-2と振り出しへ戻る。


ゴールデン・ベアーズ
プロングホーンズのパワープレイで始まった第2ピリオド、始まって間もなく2-3と逆転されてしまう。
しかし、ゴールデン・ベアーズも底力を発揮、ピリオド終了までに再び4-3と再逆転でリード。


そして、
ゴールデン・ベアーズ
第3ピリオドでも順調に攻撃し、最終的には6-3で勝利。

ゴールデン・ベアーズが2点入れたところで、これは力の差が有り過ぎて可哀想な試合になってしまうのでは!?と思ったけれど、プロングホーンズも良い守備・攻撃で、割と見ごたえのある試合だった。
プロのナショナル・ホッケーリーグ(HNL)と比べると、やはりスピードと戦いぶりが甘いが、皆スケートめちゃめちゃ上手! 
それから、オイラーズの試合では(沢山お金を払わない限り)決して観ることが出来ない至近距離で観戦出来、HNLより戦いぶりが甘い(当然だけど)と言っても、迫力は満点。
ゴールデン・ベアーズも気持ち良く勝ったし、とても楽しかったです!


ところで、アルバータ大学の男子スポーツチームの名前は全て「ゴールデン・ベアーズ」だが、女子のスポーツチーム名は「パンダズ」。
パンダ...て、なんか全然強そうじゃないんですが、「パンダズ」のマスコットは、


パンダズ
凶悪系パンダだった。


因に、「ゴールデン・ベアーズ」は、


ゴールデンベアーズ
頭に鍋が乗っているようにも見えますが、極悪風。


それから、大学のカラーというのもあり、アルバータ大学のカラーは、緑と金。
しかし金(ゴールド)は何を見ても黄色に見える。
緑は針葉樹の森と並んで広がる草原を現し、希望と最上のシンボル。ゴールドは、アルバータの代表農作物である小麦の収穫期の色を現し、知恵の光のシンボル、ということらしい。


さて、ゴールデン・ベアーズは無事にプレイオフへと進みます。
次はウエスタン・コンファレンス準々決勝。頑張れゴールデン・ベアーズ!

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 
スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/460-1c716f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)