上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと遅くなりましたが、アイスホッケー女子は、カナダが金メダルをとりました! 

で、男子ホッケー。
昨日の夜の試合なのでちょっと古くなってしまったけれど、スロバキアとの準決勝は、3-2でカナダが勝利。
次はついに金メダルを欠けた決勝で、再びアメリカと対戦。
明日の午後は、どこへ行っても街がガラ空きになるに違いない。

ところで昨日の準決勝は、良い試合だった。
その前の準々決勝で負けたロシアのゴールテンダーが、『(カナダの選手は)檻から出て来たゴリラの様だった』と感想を漏らしたほど、カナダはしょっぱなからがんがん攻めていったわけだけれど、昨日のゲームでは、カナダだけでなく、スロバキアも檻から出て来たゴリラの様で、ゴリラ同士の戦いは見ていて迫力満点だった。


ホッケー準決勝
第1ピリオド、なかなか点が入れられないカナダは、スロバキアの強豪なディフェンスの空きを狙って、シュートを打ちまくる。


ホッケー準決勝2
ようやく最初のゴールを決めた時。飛んで来たパックにスティックをあて、角度を変える。


ホッケー準決勝3
スティックにパックが当たった瞬間。パックはゴーリーの足の間に入り、カナダは見事に一点目を先取。
ハイスティックなんじゃないか?と、クレームが出たが、スティックがパックに当たった瞬間は肩より下がっているのがこの写真からも分かる。
それにしても、信じられないくらい見事なテクニックですな。


ホッケー準決勝4
カナダはスロバキアの激しい体当たりに合いながらも、攻め続けて2点目を入れ、第一ピリオドを2-0とリードして終えた。
ちょっとおかしなことになっていますが、2点目を入れた瞬間。


ホッケー準決勝5
2-0とリードしたまま、第2ピリオド終了近くに、カナダはスロバキアのペナルティで、パワープレー


ホッケー準決勝6
そして、願った通りパワープレーで3点目。
このくらい差を付けておくと大分楽だけれど、安心のためには
あと1点は欲しいところ。


ホッケー準決勝7
3-0のまま第3ピリオドを半分終えたころから、会場のカナダを応援する観客から「We Want USA!」の大合唱。(勝ちが見えて来たので、先に決勝へ進んだアメリカとの対戦を望んでいる)
しかしスロバキアは諦めなかった。


ホッケー準決勝8
とにかく納豆の様にしつこく粘るスロバキアの、強烈な反撃が始まる。
残り8分近くで1点、更に残り5分で2点目を返し、カナダを慌てさせる。
最後の数秒まで目が離せない、死にものぐるいの攻撃に、さすがに押され気味のカナダ。
この写真は、あわや3点目になりかねなかった、残り数十秒という時のショット。


結局なんとか逃げ切って、カナダは決勝進出を決めた。
ホッケー準決勝7

ホッケー準決勝9

良い試合だったけれど、最後は本当にハラハラして、しばらく興奮がおさまらなかった程。
スロバキアがこんなに強いチームだったとは知らなかったけれど、この調子で、明日のアメリカ戦も頑張って欲しい。

女子ホッケーの後に続いて、目指せ金メダル。
...でも優勝しても、氷の上で飲んだり吸ったりしないようにしないとね!


最後の試合、決勝戦の記録もどうぞ。

カナダの金メダル祈願で、今日もポチットお願いします!
ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ



スポンサーサイト
  
コメント
猫の目
トロント通信様

同感です。特にゴーリーの目は猫並みなのではないでしょうか。
あのスティックを自在に操ってスコアを決めるなんて、神業のよう。
私なんて、スケートはいて滑ることすらままならないのに、さすが2歳の時からスケート靴をはいている人達は違います!

akitanic│URL│03/01 21:21│編集

アイスホッケーを見るといつも思うのですが、あんな小さなパックがみんなよく見えますね。あの動体視力に驚いてしまいます。邪魔なマスクも付けてるのにね。

それをあの使いにくそうなスティックで瞬間的に思うところに飛ばさなければいけませんからね。

私なんかは、止まって置いてあるゴルフボールを、時間をかけてアドレスして、精神統一してから、エイヤっとクラブを振っても、ボールは思ったところにはぜんぜん飛びません。
トロント通信URL│02/28 18:20│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/46-ee3c5e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。