FC2ブログ
昨年の9月以降、我々の留守中にはハウスシッターさんや下宿人さんが居たため、今回のハミルトン滞在は、クロコとティガーにとって久々の寂しい1週間だった。
1週間毎日通ってネコ達の世話をしてくれたお友達も、いつもは出かけている事が多いクロコもティガーも、毎日欠かさず彼女が来るのを待って家に居たと言っていたので、さぞかし我々の帰宅を喜んでくれるだろうと期待していた。
玄関を開けたら、2匹揃って『ママ、パパ、お帰り~!!』と出迎えてくれるはず!と。

しかし、家には誰も居なかった...
かなりがっかりして昼食を食べていたところ、後ろのガラス張りのドアの方から、『にゃお~ん!』という声。
振り向くと、ティガーが座ってこっちを見つめていた。
いつもは帰って来ても『ニャア』なんて言わないのに、『あっ!! 帰ってるニャ!』とつい叫んでしまったのか。

家に入れてあげると、期待通りの喜び様。その後は一度も出かけずに、私たちの行く先々家の中を付いてまわり、夜までべったり。
しかし、少し遅れてご帰宅されたクロコ様、素通りで自分のベッドへ...
ちょっとがっかりしたけれど、夜になったら留守中は寝ていなかったらしい(ネコの寝痕が無かったため)私たちのベッドへ、ちゃんと添い寝に来てくれた。
一応、帰宅した、という認識はあったのだろう。


さて、そんなクロコとティガーも、帰宅後早くももうすぐ一週間となるので、すっかりいつも通りに平和そうに暮らしています。
帰宅後写真も撮りましたが、今日はあまり時間がないので、また昔の動画でご勘弁を。
2010年の夏に、急にやって来るようになった黒い子猫。
ある晩クロコとティガーと子猫が庭で会合しているところを撮影。暗いので、画像がいまいちですが、ティガーと子猫、そして遠巻きにクロコが居ます。



子猫はその後ぱったりと姿を見せなくなった。
室内猫になったのか、飼い主が引っ越したのか、または事件や事故にでもあったのか、全く不明なまま、現在に至る。
無事に元気に大きく成長していると良いです。


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 
スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/457-44bf0298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)