上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと久しぶりになりましたが、2月5日から1週間、オンタリオ州のハミルトンへ行っておりました。そして、本日の朝5時起きで、午前中にエドモントンへ帰宅しました。(エドモントンとの時差2時間のため、ほのかに時差ぼけ中。)

かつて重工業で栄え、「製鉄の街(Steel City)」とも呼ばれているハミルトン。
オンタリオ湖の西の果てに位置し、トロントからも割と近いが、現在ではかつての繁栄の面影のみを残す、ちょっと錆びれた感じの地方都市。
そんなハミルトンにある、マックマスター大学(McMaster University)マックマスター美術館(MacMaster Museum of Art)で、カルガリーニューヨークと巡回して来た
『Perceptions of Promise: Biotechnology, Society and Art(約束の認知:バイオテクノロジー、社会と芸術展)』が、2月9日からオープン。

いつもの様に、展示作業のお手伝いとオープニング参加のために、私もハミルトン入りしたわけです。
時間のある時にブログをアップするつもりだったのが、実はあまり落ち着いた時間が取れなかったので、結局エドモントン帰宅後の時後報告ということで。


マックマスター美術館
マックマスター美術館外観。
会場はこれまでの巡回展よりもぐっと狭いが、落ち着いた感じで結構良いギャラリー。


マックスマスター美術館
木曜日(2月9日)のオープニングへ向けての展示作業中のギャラリー。
会場が小さくなったため展示作品数を削り、作業は(特にニューヨークと比べて)大分楽だった。


マックマスター大学内は殆ど見ていないが、アルバータ大学よりも古いマックマスター大学、構内の古い校舎がいい感じです。
マックマスター大学
美術館の隣の建物。


それからびっくり、マックマスター大学の構内には、なんと原子炉もあります!
研究用とのことらしいけれど...きっと安全で絶対に事故なんて起きないんでしょうね!?
それこそ事故が起きても100%安全を保証するために、しっかりと研究していただきたい...



さて『約束の認知展』、3月31日までマックマスター美術館にて開催中。
3度目とあって、もうそろそろ飽きる頃ではありますが....
巡回展最後はエドモントンで閉幕の予定です。


ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/452-e806376f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。