FC2ブログ
劇場で観たかったけれど、見逃してしまったヴァンパイア映画、
『フライトナイト/恐怖の夜』(Fright Night)を、DVD鑑賞。
フライト・ナイト
1980年代の同タイトルのコメディ・ホラーのリメイク。
Flightではありません、念のため。飛ぶ方じゃなくて、恐怖の方です...って、日本語の副題が直訳ですね!

ネバダ州ラスベガスの郊外住宅地で、一家殺害事件が起こる。
高校生チャーリー(アントン・イェルチン)のクラスでは、最近急に姿を見せなくなった生徒が増えて来た。
チャーリーの元オタク友達のエド(クリストファー・ミンツ=プラッセ)は、チャーリーの家の隣に最近越して来た男、ジェリー(コリン・ファレル)がヴァンパイアで、近所の住民を次々に殺していると主張する。もうオタクの世界とは決別し、可愛いガールフレンドとクールな高校生活を送りたいチャーリーは、エドを信じようとしなかったが、ほどなく真実を知ってしまう。


単純に結構面白くって楽しめたけれど、わざわざ劇場で観なくて良かったかも、という感想。
コメディ・ホラーなので、ただ怖いだけではないのが良かった。
ちょっとオタク系の高校生に可愛いガールフレンドが出来る、プラス、ヴァンパイア退治のヒーローになるという設定は、キャッチー。ティーンがターゲットなんでしょうね、これは。
それから、コリン・ファレルのヴァンパイア、かなり怪しくてグッド。
私は観たことないので想像ですが、流行りの『トワイライト』シリーズのように、ヴァンパイアにちょっとでも『愛』みたいな感情があるとか、全く期待出来ない強烈に冷血な吸血鬼を、コリン、取り付かれた感じで好演。
全体的にこの映画は、怖いけど可笑しい、または可笑しいんだけれど怖い、という感じ。


フライト・ナイト
セクシーそうに見えて、実はひたすら冷血な殺人鬼。


フライト・ナイト
チャーリーのガールフレンド、エイミー(イモージェン・プーツ)。


そして、この映画ではかなり重要な人物。
フライト・ナイト
ドクター・フーピーター・ヴィンセント(デイヴィッド・テナント)が、ス・テ・キ。
ヴァン・ヘルシング (Van Helsing) のパロディーですよね、これは?


ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/451-1ef1adf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)