上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2日間あったニューヨーク観光日の2日目。エドモントンへ帰宅する前日です。

ニューヨーク
その日も朝一番にジーザスの顔を窓から見る。今日も一日良い事がありそう...
(滞在ホテルがコリアン・タウン内なので、看板がハングルです。)


この日の予定は、午前中チェルシー内のギャラリー巡り、そして、
地下鉄
地下鉄に乗って、ダウンタウンにあるニュー・ミュージアムへ向かう。

カーステン・ホラー:体験(Carsten Höller: Experience)という展覧会。観に行った人が、面白かった、良かったというので、期待して行ったが、感想はイマイチ。
『体験』というだけに、展覧会は観るだけのものではなく、実際に触ったり体験したりしないとほとんど意味が無いと言っても良い作品。
目玉は、4階から2階まで天井をぶち抜いて作った、この滑り台。

ニューミュージアム
この穴から、布に足を入れて滑って行きます。

しかし、丁度アメリカの祝日、復員軍人の日(Veterans Day)と重なったせいで、ミュージアムが長蛇の列。
当然、この滑り台にも2時間の行列。


ニューミュージアム
部屋をぐるりと取り囲む行列。同室内にあるメリーゴーランドに乗る人は無し。

結局、折角の貴重な時間をぼけっと列を作って待つのはもったいないので、3階の「ジャイアント・サイコ・タンク」なる作品へ。水の入った巨大なタンク、どんなことなのか”体験”してみたかったけれど、こちらも行列。1人ずつしか入れないので列がなかなか動かず、これも断念。
結局何も体験出来ずに観ただけで退散。なので、感想はイマイチ。観るだけでは非常に面白く無い展覧会です。


ニューミュージアムにがっかりして向かったのは、旧ワールド・トレード・センター跡。
テロ後一度訪れているが、そのときにはまだ跡地の周りにフェンスが張ってあるだけだったので、その後どうなったのか興味を持って行ってみると、
ニューヨーク
ようやく新しいビル建設中。
しかし、まだなんとなく乱雑な感じで更地もあり、テロの名残を感じます。何かモニュメントでもあるのかと思ったけれど、あまりにも人だらけで良くわからず。


ワールド・トレード・センター跡の近く、ウォール街では、まだ反格差デモ中。
ウォール街


ウォール街
広場を占拠し、テントで泊まり込みのこのデモ、昨日ついにニューヨーク警察によって強制撤退させられてしまいましたね。


陽が傾き始めてきたところで、最後にどうしても見ておきたかったブルックリン橋(Brooklyn Bridge)へ。
しかし歩き疲れたので、橋まで行かずにサウス・ストリート・シーポートから橋を見ることにした。


ニューヨーク
夕暮れ間際のブルックリン橋。


ニューヨーク
マンハッタン島とブルックリンを繋ぐ、アメリカで最も古い吊り橋で、1883年に完成。
当時水圧や気圧の変化による身体への影響に無知であったため、橋の基礎工事では、多くの人が減圧症で亡くなった。
当時のスタンダードの6倍頑丈な設計で、今日もまだ使用しているこの橋だけれど、橋の設計者は建設開始前に自分の橋を見る事なく病死している。
なんとも立派な橋です。

ブルックリン橋を最後に、私たちのニューヨーク滞在も終了。
3回目ののニューヨーク、展覧会の展示作業で忙しかったけれど、まずまず楽しむ事が出来ました。


おまけ:
帰りの飛行機から撮影、月と夜景。

シカゴ
シカゴの夜景。


エドモントン
エドモントンの夜景。寂し~。


ニューヨークの夜景がこれまた本当に美しかったのに、カメラを取り出すのが面倒で撮影しなかった。
シカゴも奇麗だったけれど、ニューヨークの夜景はその何倍も奇麗。撮影しなかった事をちょっぴり後悔しています。
また、チャンスがあるとよいな~。


ニューヨーク滞在記はおしまい。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

実はエドモントンでほっと休む間もなく、カルガリーに来ています。
カルガリーで、またまた夫の展覧会。明日は時間があったらまたカルガリー記事の予定。
またご訪問下さいませ。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/405-db0a9024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。