上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のニューヨーク記事で触れた、チェルシー美術館での夫の展覧会、『Perceptions of Promise: Biotechnology, Society and Art(約束の認知:バイオテクノロジー、社会と芸術)』の展示作業が始まった。


本日は、日頃展覧会で作品を観る事はあっても、通常一般には公開していない美術展の展示作業風景をご紹介。
展示作業は朝10時から。
チャルシー美術館
前もって送っておいた木箱に梱包してあった作品を開封し、とりあえずプラン通りに壁際に並べてみる。


チャルシー美術館
他の3人の作品の位置決めにもめている間に、場所が早々と確定した夫の作品から早速展示作業開始。


チャルシー美術館
壁近くにある柱がかなり邪魔で気になるが、とりあえず作品の位置と間隔などを決めるために、仮にピン留めをしていく。


チャルシー美術館
1点1点の位置が確定したら、まず用意して来た和紙に糊を塗って、直接壁に貼っていく。
ここまでの作業が終わった時点で、午後3時15分頃になった。


その頃、他の作品は...
チャルシー美術館
インスタレーションを飾る場所の壁を黒く塗る作業以外、殆ど変化無し。
ビデオ作品のセッティングは始まってから1時間くらいで終了、しかし他のインスタレーションや、平面作品の展示は全く進んでいない。
この頃まだ、平面作品の場所決定になかなか合意出来ないまま、時間のみが過ぎて行った。


そんなもめごとをよそに、着々と転じ作業を進める夫たち。
チャルシー美術館
ドローイングをマグネットで留めるための、鉄製のバーの設置に取りかかる。


チャルシー美術館
壁に貼った和紙のからは少し距離を開けるものの、上手く重なるようドローイングをマグネットで停めて行く。
バックの和紙の色がほんのり透けて見え、暖かみのある色合いになる。
そして、閉館時間の5時少し前に、全てのドローイングの展示終了。
今日の作業はここまで。あとは夫のコラボレーション作家の彫刻作品の位置を決定するだけ。

明日も続く展示作業。もめていた作品の位置も決まると良いです。


ところで、今日は午後1時近くになっても『昼飯』を食べに行こうという気配が無く、非常にお腹が空いていた私が我慢出来なくなって『ハングリー!』と言ったら、ようやくランチを食べに行く事になった。
チャルシー美術館の人に、カジュアルに素早く食べられる場所を訊いて行った、近くのカフェレストラン(名前を忘れました)で、なんと!私の後ろのテーブルでこの方がランチ中。

マネーボール
オスカー俳優、フィリップ・シーモア・ホフマン。


最近、立て続けにこの人の出演映画(マネーボールアイズ・オブ・マーチ)を観ているため、見間違いではありません。因に、オスカーに輝いた『カポーティ』も観ています。

一緒に昼食中の夫と他の二人は、ホフマンに顔向ける方向で座っていたので、かなりじっくり彼を観察出来たようですが、私はちょくちょく振り向いて目が合っても気まずいので、時折なにげにチラ見。
始終うつむき加減に何かをしているようだったけれど、トイレに立って戻るついでにじっくり見たら、iPadをご使用中でした。
その後いつの間にか出て行ったようだけれど、観察していた3人が「ホフマン、金を払わずに出て行った」と言うのだけれど、やはりセレブには特別『ツケ』というサービスがあるんでしょうか。それとも顔パスで、あとでアシスタントが払いにくるとか....

因にこの日のホフマンは、
ホフマン
こんな顔に野球帽を深く被った状態でした。


(頼まれている訳でもないけれど)いつも彼の映画を観に行っているのだから、夫もついでに案内を持って自己紹介し「いつも映画観ているので、自分の展覧会も来て下さい」って誘っちゃえば良かったですね! 
そういえば、今日はチャルシー界隈だったけれど、ウォールストリート近辺に住んでいる友達のアパートのすぐ下で、バットマンの撮影もやってるとか。
クリスチャン・ベールもその辺に居るそうですよ!?

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/400-0479536f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。