上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004年の民主党大統領選挙予備選中、当時の選挙スタッフであったボー・ウィリモン(Beau Willimon)が、自己の経験をアイデアに書いた戯曲『ファラガット・ノース(Farragut North)』を原作とする政治スリラー、『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ 』(原題:The Ides of March)>

アイズ・オブ・マーチ
ジョージ・クルーニー監督・共同脚本・準主演で、主演は、最近顔見たばかりのライアン・ゴスリング。


スティーブン・マイヤーズ(ライアン・ゴスリング)は、民主党の大統領予備選に立候補したペンシルヴァニア州のマイク・モリス知事(ジョージ・クルーニー)のジュニア選挙マネージャー。モリスのオハイオ州での支持がほぼ確実となったある日、マイヤーズは、対抗馬であるアーカンザスのテッド・プルマン上院議員の選挙マネジャー、トム・ダフィー(ポール・ジアマッティ )に内密で会いたいと言われる。プルマン側で働くことをオファーされるが、モリスこそが大統領になるべき人物と信じるマイヤーズは、ダフィーのオファーを断った。
同じ頃、選挙事務所インターンのモリーと深い関係になるマイヤーズ。そして、あるスキャンダルが発覚する...


そのキャストを見ただけで観に行きたいと思った程、俳優陣が素晴らしい。
そして演技ももちろんのこと、ストーリーもしっかりと良く出来ている。
もの凄く大きな波のある物語ではないが、スキャンダル発覚後はスリルと緊張感が持続。最後もありきたりな終わり方でない、色々と想像させてくれる〆。
私にとって、政治ドラマは特別好みな題材ではないが、政治と駆け引き、人間関係と裏切りなど、飽きずに鑑賞出来る内容である。

原題の『アイズ・オブ・マーチ (The Ides of March)』とは、3月15日(月の半分の日)の事。また、共和制ローマの独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルが暗殺された3月15日の事で、後にシェークスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』で、「3月15日を警戒せよ(Beware the Ides of March)」との名台詞にもなった、凶事の警告の意味でもある。


アイズ・オブ・マーチ
モリスを信じる若き選挙マネージャー、スティーブン。


アイズ・オブ・マーチ
スティーブのボスで、シニア選挙マネージャーのザーラ(フィリップ・シーモア・ホフマン)。
ホフマン、本当に良い役者さんです。


アイズ・オブ・マーチ
謎めいたインターン、モリー(エヴァン・レイチェル・ウッド)。
モリー、20歳ですと。しっかりしています。


アイズ・オブ・マーチ
ライバル候補の選挙マネジャー、トム・ダフィー(ポール・ジアマッティ )。
それほど出番は多く無いものの、存在感はばっちり。


モリスのキャラクターは、クリントン元大統領がモデルでしょうかね!?

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/394-224cb727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。