上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、私のブログを読んで下さっているブロともさんから、留守中猫達の世話はどうするのか?という質問と同時に猫の出入りに関することも尋ねられたので、今日は我が家の猫扉を紹介したいと思います。

クロコが我が家にやって来て間も無く設置した猫扉。
室内のトイレを何度も教えたのに、中でうずくまって寝てしまうことはあっても、決してそこで用を足そうとはしないクロコ。外に出してあげないと丸1日でも2日でも我慢していることが分かり、出張が多い私たちは、留守中もクロコを自由に出入り出来るようにしてあげないと、大変なことになってしまうかも!と焦って、急遽猫扉を取り付けることにした。

問題は、どこに取り付ければ良いのか?
あれこれ考察した結果: 
その1 人目につく家の表側には取り付けたくない。
その2 裏の扉は広くガラス張りで穴を開け難い。
その3 ドアに穴を開けると、冬場の暖房ロスが激しそう。
ということで、裏の扉の隣の壁をぶち抜いて取り付けるのが良い、という結論に。

そして出来た猫扉はこれ(囲いもフタも全て自前制作)。
猫扉

これまでも、ブログ内で写真をちらっと出した事もあるかもしれませんが、箱造りにした理由は、冬場になるべく外からの冷気を直接取り込まないようにするための工夫。
フタの周りには断熱効果のあるシールを貼っておいたのに、ティガーが気に入らないらしく、貼り直しても貼り直しても全部むしり取ってしまうので、現在、冬はこの写真の箱入り口の下に置いてある断熱材板をフタのところにはめ込んでいる。猫が外に出る時に自分で断熱板を外して出かけて行くが、出かけた後に板を戻すということまでは出来ないのが難点。

猫扉の中はこうなっています。
猫扉
カーペットは一部剥がれてしまっていますが、多少なりとも断熱効果を期待して貼ってある。
奥に見える黒い布は、これも冷気が直接吹き込まないためのもの。
この垂れ幕の向こうに、家の壁をくり抜いた通路がある。

以前にも載せた写真ですが、
クロコとティガー
クロコ、猫扉使用でご帰宅の図。
手前に落ちているのが、扉用の断熱板です。扉のところに軽くはめ込むだけで、かなり断熱効果あり。


壁をぶち抜くときの注意点は、3つ。
その1 壁の材木(2x4、または2x6)を切ってしまわないようにする。
その2 電気配線に支障がないようにする。
その3 ヒーターのロスをなるべく少なくするために、多少キツくても穴は猫が通れる最小サイズにする。


更に猫扉の外側には、
猫扉
猫用ハウスが取り付けてある。(こちらも自前で作ったもの。)
理由は、
その1 穴をあけた外側にタタキが無いため、コンクリートたたきへ続く何らかのサポートが必要だった。
その2 外にも囲いを付ける事で、冷気を多少遮断出来ることを期待。
その3 猫が完全に外に出る前に、ハウスの中から外の様子を伺えるように。(天敵やお天気のチェックなど)

この家は、取り外して中をお掃除出来る様に作ってある。
ハウスへの入り口は、カーペットのフタ。クロコがこのフェンスの隙間を通り抜けられることを確認してから設置。

猫扉
猫ハウスを取り外すと、家の外壁はこうなっています。
カーペットのフタも冷気遮断のため。猫たちはこれを押したり引いたりして出入りする。


猫扉
カーペットのフタの向こうは、壁の間の通路。通路にもカーペット。奥の黒い布が、さっき内側から見た布。
布の向こうが家の中の箱扉、と続いている。


取り外した猫ハウス。
猫扉
窓は、アクリル板。


猫扉
ハウスの中。
断熱板を入れて壁紙を貼り、カーペットを敷き詰めてある。
外壁と合わさる部分には、隙間から冷気が入って来ないように、クッション・テープを貼ってある。


猫毛やゴミを掃除機で吸い取ってお掃除を終えたら、再び取り付けます。
すると、そこへ....
猫扉
                     ニャンだ、ニャンだ?

更に、
猫扉
兄貴!今おいら達の家が壁から離れてニャかった?  あ、お前いつの間に!  


猫扉
ひゃ~、おいら達の家、大丈夫?           ・・・・・・


       (・・・ニャンて落ち着きのない奴。)
猫扉
             (確かに家が壁から離れているのを見たのに....)


カナダでの猫扉の最大の弱点は、冬場の強烈な冷気侵入とそれに伴う暖房のロス。
出来る限りそれを抑える工夫をした我が家の猫扉だけれど、やっぱり最も寒い季節には、近づくと冷気がひゅ~ひゅ~と入って来ている。こればかりは完璧な遮断は難しい。
それから、『猫自由に出入り=色々なもの自由にお持ち帰り』というのも猫扉の欠点。クロコがティガーを家に連れ込んだ(ティガーがクロコに付いて来た?)のも、猫扉があったため。それでもクロコのトイレ事情のためにはどうしても必要だった猫扉。
・・・ということで、今日は我が家の猫扉紹介でした。



おまけ:
野菜
本日の収穫。ついにトマトを初収穫しました!
昨日から晴れて暖かくなったら、トマト達が急にどんどこ赤くなり始めています。
この調子で、頑張れトマト! 


本日もご訪問ありがとうございました!
ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーサイト
CM3. TB0 TOP▲
  
コメント

2通目のメールはちゃんと届いたのですが、はじめのは来ず・・・・。

でも!ほんと、こんな風に写真付きでわかりやすく!
感激です★

寒くなる前にどうにか形にしたいです!!!!!笑
あさみん│URL│07/27 14:27│編集

あさみんさん、

昨日送ったメールはやはり届いていなかったみたいですね?
でも、ブログが参考になれば何よりです。

外側に猫ハウスは別に無くてもいいんですが、あると穴を奇麗に隠せるし、パッと見も悪く無いと思います。実はハウス作りが結構楽しくて、壁紙もお魚の模様のを探してみたり(猫親ばか)...

満足のいく猫扉が出来ますように!
akitanic│URL│07/26 14:04│編集

うわああああ!!!!こんな風になってたのですね!!!!!
すごく分かりやすく、写真付き説明。。。ありがとうございましたv-283v-345
壁の外と内側に工夫がいっぱい!!!!

壁に穴をあけるのは、慣れてる方にやってもらうとして(笑)
壁の外と内側の箱は、頑張りまっす!v-91v-353


本当にありがとうございました!!!!
あさみん│URL│07/26 13:19│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/360-4c817762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。