FC2ブログ
エドモントンにも、少ないとはいえ画廊がある。
東京やその他大都市だけではなくて、カルガリーと比べても、数も内容もかなり物足りないのだけれど、全然無いよりはまし。

その数少ない画廊が特に固まって存在しているのが、エドモントンのメイン・ストリートであるジャスパー・アベニューを西にずっと進んで突き当たった124ストリート界隈。
124ストリート界隈は人気のエリアで、画廊だけではなく、ショッピング、カフェやレストラン、バーなどもあり、気候の良い週末や休日には、人でわりと賑わっている。エドモントンの南にある人気の観光地、オールド・ストラスコナに比べたら全然だけど、実はオールド・ストラスコナより少し高級感があって、かなり適当な例えで、東京でいったら、ものすごい小規模にした青山。
高級感があるのは、この付近にはエドモントン一のお金持ち住宅地があり地価が高いのに加え、画廊が存在しているせいかもしれない。

そんな、これからまた徐々に再開発されそうなこの124ストリートでの、休日の楽しみの一つに、ギャラリー・ウォークというのがある。
ようするに画廊巡りなんだけれど、なにせ画廊の数が少ないから、少しでもお客さんが楽しみながら画廊をまわれるように、活気付けでエリアの画廊が協力し合って始まったギャラリー・ウォーク。
ギャラリー・ウォーク
実際にはすぐ隣にあるのに、この地図には載っていない画廊もある。
例えば土曜日から友人の個展を開いている、フロント・ギャラリーもその一つ。
アレン2
アレン3

アレン・ボール。イギリス人です。

画力のある良い作家だけれど、毎回観るたびに趣向の違う作品で、良く言えば冒険家。悪く言えば統一感がなくバラバラな印象を受ける。
しかし、エドモントン在住の現代美術作家の現状を考えると、この人は貴重な存在。
今回は、売り目的の画廊での個展なので、多少装飾的に収まっている作品が多いが、全体的には力量を感じさせる質の良い絵画を展示している。

オープニングには、画廊のオーナー自ら手作りのカップケーキでおもてなし。
カップケーキ
大変美味しかったですよ。


今日はバレンタイン・デー。
日本はもうすぐ過ぎてしまいそうですが、皆様良いバレンタイン・デーを!

バレンタインのお祝いに、ポチッと応援よろしくおねがいします。
ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ









スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/36-be028f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)