FC2ブログ
我が家には水曜日からお客さんが滞在している。
彼女の名前はデニース・ハウリシオ(Denise Hawrysio)。ロンドン在住のカナダ人アーチストです。

SNAPでの個展のためにやってきたハウリシオさん。エドモントンに知り合いも無く、夫も私も面識はないのだけれど、割と押しが強い方で、結局1週間の滞在中、我が家を3泊提供することになった。
そして、夕べ彼女の作家トークと個展のオープンングが、SNAPギャラリーで開かれた。


デニース

『銅版は痛みを感じない』と題されたこの個展では、主にタイトル通りの銅版画(エッチング作品)が多いが、単に額に入れたものを飾るのではなくて、銅版画を利用した立体作品や、テキストなどを含めたインスタレーション的な展示になっている。
版画から、アーチストブック、ビデオアート、そして再び版画へと回帰した彼女の作品は、どれもとてもコンセプチュアル。作家トークを聞くか、アーチスト・ステイトメントが無いと、パッと見ただけでは理解するのが難しい。
例えば銅版画では、版上で何か行為を行って出来た偶然の傷をそのまま腐食して刷ったものとか、銅版を鎧の様に着てロンドンの街を歩き、その後その版を刷った作品(本人曰く、あまり効果的ではなかったとか。)など。
彼女にとっては、行為と偶然の結果産まれるものが、とても重要であるようだ。
フィルム作品同様、過去に多く制作したというアーチスト・ブックは、この個展では1点展示。

因みに、本といっても、ウキペディアのアーチスト・ブックに紹介されている、
デニース
『キリング(Killing)』という作品や、

自信のウェブサイトにも載っている、
デニース
『ユニオン・ジャック(Union Jack)』という作品の様に、
本と言っても、普通に読んだり見たりする本とは異なるアート作品。

SNAPに展示されているのは、これらよりもおとなしめのアーチスト・ブック。
個展は全体的に洗練された雰囲気の良い展示で、作品と共に結構面白い展覧会である。
そして、エドモントンのコマーシャル・ギャラリーでは殆どお目にかかる事が無いコンセプチュアル・アートに触れる良い機会であると思う。


さて、デニースがオープニング中に、私、ギャラリーとは別にあるSNAPの版画工房で、Tシャツを刷っていました。

SNAPでは、6月18日に、毎年恒例のファンドレイジング・イベント、『Love Those Clothes You Wear』を開催します。第5回目の今年のテーマは『Riding Pretty』、ファッションと自転車。

Tシャツイベント


食べ物、飲み物、ダンスにファッションショーを楽しむ中、ファンドレイジングなので、メインはアーチスト・デザインのTシャツやその他の服や小物、手作りのアクセサリー等のサイレント・オークション。
毎年SNAPで開催されていたこのイベント、今年はアルバータ大学のFABギャラリーで開かれます。
販売品と共に置かれた紙に、自分の落札価格を記入して行き、最も高い値を付けた人が購入出来るサイレント・オークションは、こちらのファンドレイジングではとても一般的。
イベントはチケット制、一枚25ドル、SNAPメンバーは20ドル。前売りでも当日でも購入出来ます。


というわけで、私も今年Tシャツデザインを二つ用意しました。
デザインはもちろん、
クロコイラスト
クロコと、

ティガーイラスト
ティガーです。


そしてこちらが、シルクスクリーンで刷り上がったクロコとティガーのTシャツです。

クロコT
クロコ。

ティガーT
ティガー。

本当は、胸いっぱいに顔がある、というデザインだったのに、夫がデータを送った時に重いからと解像度を下げ、そのままピクセルを上げなかったせいで、小さくなってしまいました。
残念!

イベントのTシャツは、基本的に1点ものなので、オークションに出すのはそれぞれ一つずつ。
クロコだけ、Tシャツ以外にトートバッグも作りました。
夕べデニースのオープニング中に、ついでに記念に自分と夫用のTシャツを刷っていた私。
クロコは出来たけれど、ティガーは残念ながらシルクスクリーンの版が壊れてしまって、上手く刷れませんでした。こちらも残念!


イベントについては、また近くなったら触れたいと思います。が、
詳しくは、SNAPのウェブサイトをご覧下さいませ。(青文字クリックで飛びます)



ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/335-f28817a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)