上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プランターへの種まきの翌日は、野菜の畑への移植準備。
まずは畑の土のPHを調べる。

野菜の苗
新しく購入したテスト・キット。PHだけでなく、土壌の窒素(nitrogen)、リン酸(phosphorus)、カリウム(potassium)の量も調べる事が出来るセット。

実は、ちゃんとPH値を調べるのは初めて。これまであまり気にしていなかったけれど、野菜の健康な発育にはPH値も結構重要そうなので、今年はしっかり調べてみることにする。
大抵の野菜は、PH7.0の中性から6.5の弱酸性状態で普通に育つようだが、どちらかというと酸性を好む野菜、アルカリ性を好む野菜などもあるので、調べておくと良い。


野菜の苗
畑の土を、指定の位置まで入れる。


PHテスト
コンテナーと同じ色のカプセルに入った粉を入れる。


PHテスト
最後に付属のスポイトを使って、蒸留水を指定された位置まで入れる。


ふたを閉めて良く降った後、1分程で結果が出る。
PHテスト
右の色を参考に、PH値を判断。これによると、私の畑の土は7.5でアルカリ性と出た。
これはちょっと高いので、せめて中性になるようにPH値を下げたい。


そこで、以前酸性好きなブルーベリーの苗(2年後に死滅)を買った時に購入した、
アルミニウムサルファ
硫酸アルミニウム。

テスト・キットの説明によると、土の種類によって硫酸アルミニウムの働きが異なるらしい。
土の種類は大きくわけて3種類。砂質土、ローム土、そして粘土。ウチの畑の土は、トップソイルとして売っていたものを購入し、後にコンポストを混ぜてあるので多分ローム土。
ローム土のPH値を0.5下げるためには、畑100平方フィートに1~1と4分の1パウンド(lb)の硫酸アルミニウムを混ぜるとなっている。ウチの畑一つの面積は15平方フィートなので、硫酸アルミニウムはおよそ15オンス(oz)。計算が正しければ、これでPH値は中性になるはず。

ということで、各畑に混ぜてみました。

畑
表面にまぶして耕す。


畑
今年から、新しいボックス型の畑になってスッキリ。
畑自体は若干小さくなったと思うが、歩くスペースにゆとりを作り、働き易くした。
ボックスは今年は3個、来年更に二つ足してスペース拡張予定。

因に、昨年までの畑はこちら。
畑2
盛り土だけだった畑は、スペースがフレキシブルで良いが、野菜が生長するとジャングルに。歩くスペースも狭くて大変だった。
しかも毎年春に、積雪で崩れた畑の形を整えるのが大仕事だった。


コンポストと硫酸アルミニウムを混ぜて軽く耕し、水を蒔いたら準備完了。
明日はいよいよ種の直播きと畑への苗の移植が始まります。

ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/320-efba1aab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。