上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の続き。

アートリーグ・ヒューストンでの夫の個展は、1月にケベック・シティのエングラム版画センターで開催した個展『Dark Fire』(ダーク・ファイヤー)の巡回展。
『ダーク・ファイヤー』は、以前も書きましたが、ダンテの『神曲 インフェルノ(地獄篇)』からインスピレーションを受け、詩人とコラボ制作した詩と版画集。
今回は、2作目の『神曲 プルガトーリオ(煉獄篇)』からの作品集『Waiting Room』(ウェイティング・ルーム)も足した版画25点と、『ダーク・ファイヤー』のテキスト11点。『ウェイティング・ルーム』にも詩があるのだけれど、刷り上がっていないのと会場に余裕がないため、版画のみ展示。

会場の様子。
アートリーグ 展示風景
『ダーク・ファイヤー』

アートリーグ 展示風景
詩のテキストとの対で展示。

アートリーグ 展示風景
今回もまた、『ダーク・ファイヤー』の版画と詩が収められているタトウ・ボックスを置いてみた。

アートリーグ 展示風景
こちらは、新作『ウェイティング・ルーム』。表紙と版画13点を展示。

アートリーグ 展示風景


カナダの非営利団体、またはアーチスト・ラン・センターなどで個展をしても、売れることはあまりないため、夫は値段を付けずに作品リストを渡していた。
アートリーグのディレクターに、『売りますよ、(ヒューストンの人たちは)買いますよ。』と言われ、速攻数分で値段を調べて付けた。半分疑いながら。

そしてオープニングを迎えたところ...作品販売カウンターまで設けて、売る気満々のスタッフ。
ディレクターの言葉通り、2時間の間に、これまで見たことが無い程の赤丸(売れた作品に付けるシール)が。結局オープニングでは展示作品の3分の1近くが売れた。
しかも、アメリカの他のギャラリーと同じ値段で付けているのに、ヒューストンではどうやらこの値は『非常に安い』ようだ。さすが石油で潤っているだけのことはある。しかし同じ石油で潤っているアルバータでは、版画はあまり売れない。

昨日触れた、ヒューストンでの芸術に対する民間や個人のサポートを、人々がアートを買うということで改めて実感。多大な公的サポートはあっても、一点も売れなかったケベック・シティ、また版画は特にあまり売れないカナダの現状。実は私の作品も、アメリカでの売り上げが最も多い。公的サポートと民間サポート、その違いが人々のアート購買意欲に影響を与えるのか否か、興味深い問題です。


アートリーグ オープニング風景
地元出身ではなく、知り合いも二人しか居ない割には、オープニングにはそこそこの人出。
もう一つの企画展示室での同時オープニング(地元出身の作家)が呼び水になって、夫の展示にも人が入ったようにも思えるが、売れたことを考えるとそれだけでもなさそう。

アートリーグ オープニング風景

アートリーグ オープニング風景

個展は、6月24日まで開催中です。
そしてヒューストンの後は、ダラス、エルパソとテキサス州内で巡回展の予定。



ところで、ヒューストンでは今年初めての試みである、ヒューストン版画フェスティバルプリント・ヒューストン2011』が開催される。
『PrintMatters』というヒューストンの新しい版画非営利団体が主催で、伝統版画から現代版画に至る『版画』の総合プロモーションもかねたイベント。
ヒューストン市内の非営利団体、版画工房、画廊、美術館、博物館が協力して版画展や版画にまつわるイベントを開催する。4月から9月だが、殆どの展覧会・イベントは6月に集中。
アートリーグ・ヒューストンでの夫の個展も、『プリント・ヒューストン2011』の一環で、フェスティバルのキックオフ・イベントと紹介されている。
因に、目玉イベントは、『ロックン・ローリン・プリンツ』と題されたアスファルトなどを固めるスチーム・ローラーで刷る巨大木版画デモ。ただし、このスチーム・ローラー巨大木版画、アメリカ各地の版画イベントですでに何度も行われているものなので、「またですか?」という気がしないでもないが、まあアメリカは広いですからね。



追記:夫のオープニングで、額付きの作品が沢山売れた!と喜んでいたけれど、翌朝になって、焦って付けた額の値段が実は原価の半額になっていたことが判明。額を売る度にお金を失っていくので、急遽額付き販売は中止しました。
どうりで、というかこのせいで、皆『安い、安い』と買っていたのかも。
相変わらず、夫婦揃って抜けています。


ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/317-400e7347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。