FC2ブログ
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを1から3まで監督したゴア・ヴァービンスキー(Gore Verbinski)の最新CGアニメーション『ランゴ』
主人公のカメレオン、ランゴの声は、監督馴染みのジョニー・デップ(Johnny Depp)。

ランゴ

正直、予告編を見た時は、何これ?とさほど興味も沸かないでいたのだが、映画評がそこそこ良かったのと、前回観に行った『ビューティフル BIUTIFUL』で、あまりにもずっしりどんよりした上、直後に日本からのニュース、大震災・大津波・原発事故の3打撃に衝撃を受け、心が沈みがちだったために、何か笑えそうな映画を観たいということで、結局観に行くことに。

人のペットだったカメレオンは、水槽の中で1人芝居をして過ごすのが日課。ある日飼い主が車で移動中に水槽が道路に落ちてしまい、モハーヴェ砂漠に取り残されてしまう。タカに襲われる危機を乗り越え、途方に暮れた一夜を過ごした後、カメレオンを救ったのはトカゲの女の子ビーンズ。ビーンズはカメレオンを砂漠の動物たちの住む西部の町ダートへ連れて行く。
自らを勇敢な流れ者ランゴと名乗ることにしたカメレオンは、ダートで思いもかけない活躍をすることになる。


私たち一人一人は様々な可能性を秘めていて、自分がなりたいと思う自分になることが出来るんだよ、というメッセージ。特に子供達に向けたメッセージかと思うけれど、大人である私たちでも妙に納得。
ランゴのキャラクターには笑いながらも、ほれぼれとしてしまう部分も。そして、思い込みって、時には本当の自信に繋がっていくのかな、と思わせてくれる。
素直に面白かった、と思えるアニメ映画。3Dで無いのが良かった。そしてジョニー・デップの声も良かった。

それにしても、最新のコンピュータ・グラフィックスの技術は素晴らしい。
ランゴの皮膚など、本物みたいですよ。目のあたりとか、もう不気味なくらいに。

ランゴ
カメレオンなので、素早い動きと模倣はお得意。


ランゴ
ランゴの物語を語り、音楽で盛り上げてくれるのはこの方達。


ランゴ
ランゴ、活躍の時。とにかく、ウエスタンですから。


ランゴ
ランゴを助けたトカゲのビーンズに、髪の毛が生えているのがとっても気になりました。
始終、これはヅラなはず...と考えてしまって。


私は西部劇には詳しくないのだけれど、昔の西部劇からインスピレーションを得たということで、この映画、西部劇ファンも楽しむことが出来そうですね?


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/284-66e05651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)