FC2ブログ
フランスのアニメーション作家、シルヴァン・ショメ(Sylvain Chomet)監督の『イリュージョニスト』(原題: L'Illusionniste、英題: The Illusionist)
前作『ベルヴィル・ランデブー』(原題: Les Triplettes de Belleville、英題: The Triplets of Belleville )が良かったので、今回は公開と同時に観に行ってみた。

イリュージョニスト


ロックンロールが流行しテレビが人気となり始めた1950年代後半。
昔ながらの手品を披露するフランス人手品師タチシェフの舞台人気はすっかり陰を潜めてしまった。大都会パリやロンドンで仕事を得る事は難しく、仕事を求めてタチシェフはスコットランドの小さな港町に流れ着く。
飲んでダンスを楽しむ村人相手の地元のバーでは、手品のショーは大好評。バーの上の階に滞在するタチシェフは、貧しいバーの掃除婦の少女アリスと出会う。タチシェフの手品に魅了され、本物の魔法と信じたアリスは、タチシェフが村を去る日に後を付けて同行。結局二人はスコットランドの首都エジンバラで親子の様な共同生活を始める。
タチシェフが働く傍ら、アリスは初めて見る都会の生活やファッションに魅了されて行く。


フランス人パントマイム役者で監督、俳優でもあるジャック・タチが彼の娘への手紙として書いた台本を元にしたアニメーションで、主人公のタチシェフは、タチの本名。オリジナルの台本では、タチはスロヴァキアへ行くことになっているが、シルヴァン・ショメが場所をスコットランドに変えたという。

昨今ではアニメ映画といえばほとんどがコンピュータ・グラフィックスと3Dで、観客の対象も家族向けや小さな子供向けばかりだが、この映画は大人が見ても、というよりは大人向けと言って良い。内容のとても濃いアニメ作品で、なんとなくほの悲しく、観終わった後もちょっとしんみりとしてしまう。
あまり内容を知らず、手品師と少女の物語とだけ知って観に行った方が良いかもしれない。


イリュージョニスト
観客にはもう喜んでもらえない、伝統的な手品。


イリュージョニスト
タチシェフとアリスと、手品のパートナーであるウサギとの共同生活。
アリスの履いている赤い靴。全てはこの靴から始まった。


手彩の風景も見応えあります。とても美しい。
イリュージョニスト

イリュージョニスト


ところで、この映画には台詞が殆ど無いが、3つの言語が使用されている。
英語を話せないタチシェフはフランス語。ロンドンやエジンバラのシーンでは英語がちらほら。
そしてもう一つ、スコットランドの漁村の人達とアリスが話している言葉が全然意味不明だと思っていたら、実はゲール語を使っているらしい。
タチシェフとアリスは言葉が通じないため、二人の間にもほとんど会話は無い。
いずれにしても、映画を通して会話というほどの台詞は無く字幕もつかないのだが、それが反っていい感じになっている。
日本公開でも、言語オリジナルで字幕無しでしょうか??

それにしても、『イリュージョニスト』というのは、単に主人公を指しているだけではなくて、これ以上はないぴったりなタイトルだ。
個人的好みで、手描きの2Dアニメーション映画なら、このシルヴァン・ショメと宮崎駿かな。

今年のお勧め大人向けアニメ映画です。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

スポンサーサイト



  
コメント

ETC英会話さん、

偶然のご訪問ありがとうございます。
このような2Dアニメーションは、最近あまり目にしません。特に北米では。
しかも、内容もとても良いです。
良い映画なので、お勧めです。!
風景や動きも、私は個人的にとても良いな、と思いました。

akitanic│URL│02/27 13:34│編集

Eilean Idheさん、

こんにちは。
字幕は、付けようと思えばつられるのでしょうけれど、これは無くて正解ですね。おっしゃる通りに、無くても十分内容が理解出来る作りになっていますね。

コメントをありがとうございます。

akitanic│URL│02/27 13:30│編集

スコットランド英語を調べていてこちらに辿り着きました。素敵なアニメーションですね。絵がすばらしい。なんだか胸がしめつけらえるような感覚です。言葉がわからなくても、映像だけでもくり返し見ていたい気持ちです。日本では3月26日から公開のようです。楽しみ。ご紹介ありがとうございます。(^-^)/
ETC英会話│URL│02/27 09:06│編集
字幕付けられないでしょうね。
日本でも字幕なしになるのではないかと思います。意味不明の部分に字幕付けられないし、一部しか聞き取れない部分をそれだけ字幕にできないと思うので。

なにより、字幕なしでも相応に分かりますし。
Eilean Idhe│URL│02/25 20:49│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/273-685bdb23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)