FC2ブログ
ソフィア・コッポラ監督/脚本の新作『SOMEWHERE』
(注:青文字で日本語の公式サイトへ飛びますが、ストーリーのところを見ると、最初から最後まで思い切りネタバレしています。)

サムウェア

ハリウッドの人気俳優ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、ハリウッド・セレブ御用達のホテル・シャトー・マーモントに住み、酒・女・パーティの日々を送りながら、新しい映画の準備、プロモーション、プレスインタヴューなどをこなしていた。
時々11歳の娘クレオ(エル・ファニング)の面倒を見ながらも、華やかで気ままな独身生活を送るジョニー。
そんなある日、クレオの母親が暫く家をあけることになり、サマーキャンプまでの間クレオを預かることになる。
長期に渡る娘との生活に最初は少し困惑するジョニーだったが...


名声があってもお金があっても何かが欠けている人生。華やかそうに見えるエンターテイメント業界だけれど、友情も愛情も全てが表面に浮かぶむなしい幻のようなもの。
ジョニーはクレオとの時間を通して、人生において本当に大切なものとは何かに初めて気がつく。
ストーリーを通して良く乗り回しているジョニーのフェラーリは、空しいモノの象徴で、映画の中でとても大切な小道具になっている。

この映画は実に静かである。
あまりにも静かなので、そんなに人気は出ないと思うけれど、観ている間に脳裏にじわじわとしみ込んで行き、観終わった後暫く頭から抜けない感じだ。
この話は、ソフィア・コッポラ監督自身の子供時代の体験から影響を受けているのではないか?と思ったが、彼女のインタヴューによると、やはり父親であるフランシス・フォード・コッポラ監督のロケに同行して、自身もホテル暮らしをした経験がベースになっているらしい。


サムウェア
娘とゲームしたり。後ろに座っているのは、いつも居候の友達。


サムウェア
時が経つに連れ、父娘の絆は強くなる。


サムウェア
娘役を演じたエル・ファニングが、とても自然で良かった。
ご存知かと思いますが、エル・ファニングは、天才子役と言われていたダコタ・ファニングの妹。才能豊かな姉妹です。


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/272-b77df414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)