上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出先では、なかなか思うようにブログをアップ出来ません。
今日もまたケベック・シティ滞在記を書くつもりでいたけれど、実は本日帰宅しました。
記事の予定を変更したのは、帰って来てまたちょっとびっくりすることがあったので、記録しておこうという事で。

昨年8月に、南アルバータのサイプレス・ヒルズへ旅行へ出かけて帰って来た時(旅行記は9月2日から)、クロコの捕獲で大慌て、9月末にミネソタから帰って来た時(旅行記は9月22日から)は、出発日は寒かったのに帰宅日には突然インディアン・サマーになっていて驚いた。
旅行から帰るといつも何かが起こる。そんな今回は、空港に降り立ったら、もの凄い大雪でびっくり!!
どうやら我々が留守中、アルバータを記録的な大雪荒らしが襲ったようだ。

空港の駐車場の雪かきが全然されていなくて、私たちの2輪駆動車が果たして駐車場から出られるのか不安を感じつつ車まで行くと、駐車した位置と風向きの運が悪く、車は30センチ以上は楽に埋まっていた。
シャベルも積んでいないので、車を出すには手で雪を掘るしかない。
埋まった状態の写真を撮りそびれたのだけれど、
大雪
手で雪を掘る。(写真撮ってるだけの妻ではなく、私ももちろん掘りましたよ)
車高の高いトラックに両隣を囲まれていたのも運が悪かった。丁度吹雪いて来た雪のたまり場となってしまっていた。


大雪2
右端の車と同様な状態に。
私たちの車の停めてある列の方側に、見事に溜まっている雪。


タイヤは空回りするばかりで、いくら押しても引いても動かない車。空港に救助を頼もうかと考えていた所、たまたま近くに駐車していて、これから車を出そうとしていた男性二人組に『助けてあげるから助けて』と声をかけ、助けてもらいなんとか脱出。しかし男性二人組の車は4輪駆動だったため、我々の助けもあまり必要なかったくらい楽々と脱出。
この天候で飛行機が奇跡的に予定より早く到着したのに、結局駐車場で40分以上足止め。(雪を掘っている間にも、駐車料金が上がって行く)
高いお金払って駐車してるのに、酷い!と文句言いながら出口までなんとかのろのろ走って行くと、なんと脱出出来ない車を引っ張って出口まで連れて行ってくれる救助レッカー車がいた! なんてことよ。しかし1台じゃなくて、もっと救助を出してよね。駐車場は広いし救助があること自体見えないんだから...

高速道路は表面が氷だったので、通常は110キロのところを60キロで走行。
今回の大雪で、相当な数の交通事故があったらしいが、無事に家まで辿り着いたのは本当に良かった。
帰宅が午前中と早くて朝は大変だったけれど、暗くなってからの帰宅だったらと思い返すとちょっと怖い。

自宅付近でも曲がる度に雪にハマって身動きとれなくなりつつ、その都度居合わせた人々の手助けで、なんとか我が家のガレージの裏まで到着。

大雪4
まずは、ガレージに入るための雪かきを。


その後裏庭の雪かき。
まだこの時点で家に入っていないけれど、気配を聞きつけ早速登場。
大雪6
『うわあ、いつのまにか白い壁があるニャ!』


大雪5
『道が出来て歩き易くなったニャ!』


大雪7
ティガー、お手伝いですか?
と思ったら、


大雪8
おトイレでした。


この後、ティガーの様子がとても変であることに気がつく。
マイナス16℃なのに、上記の状態のまま震えながら、10分以上は動こうとしなかった。
まず、大雪荒らしの間中トイレ(クロコ同様、ティガーもなぜかいよいよになるまで外でしか用を足さない)に行っていなかったらしく、便秘で苦しみつつ排尿も困難な様子。
何度もトライして排便はあったものの、排尿の様子はやはりおかしい。ついに室内のトイレを使い始めたのだが、座ったまま5分以上と、かなり長い。
トイレに行く度に尿は出ているが、長い割にはそれほど大量ではなく普通。しかしいつもより頻繁に行きたがる。
何らかの原因で尿が出難いのか、尿道炎か膀胱炎にでもかかっているのか?とかなり心配です。

実はもう暫く車を使えない。
道路状態のせいだけでなく、家まで辿り着いたもののあまりにも過酷だったためか、自宅到着とほぼ同時に(というのは不幸中の幸い)車が壊れたようなので、これでティガーを獣医さんにつれていかなければならないなんて、タイミングが悪過ぎです。


今回もまた、帰宅早々大騒動です。
ティガーも心配だし、家の屋根が潰れるんじゃないかと思ったり。今回の大雪は、エドモントン積雪記録まであと1.3センチ程だったとか。私の記憶する限り、少なくともこの10年でこんなに大量の積雪は初めてです。
今日で雪は止みそうだけれど、同時に気温が下がって今後はマイナス20℃からマイナス25℃の予報。
一難去って、又一難。今年のエドモントンの冬は雪が非常に多く寒さが厳しい。(といっても、今日はマイナス16℃あったのに、ケベックから戻って空港出た時、マイナス6℃かと思った程暖かく感じましたが...)


ティガーの様子がとても心配な私。明日はタクシーで獣医か。
最悪の道路状態の中、車が壊れても事故に遭わずなんとか無事に帰宅したことをせめてもの救いと祝って、応援クリックもよろしくお願いします!

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

スポンサーサイト
  
コメント

Barビーンズさん、

こんにちは。
北海道も大雪ですか。
エドモントンは北国だけれど、通常雪は雪国のようには降らないので、びっくりです。

ティガーのご心配いただいて、ありがとうございます!
本当に心配したけれど、帰宅当日に比べると様子が通常に近いようなので、少し安心しました。寒くてトイレを室内に変更したようなので、排泄の状況が分かるのは救いです。
食欲はあるようなので、大丈夫かな、と思っています。

ありがとうございました!
akitanic│URL│01/11 08:56│編集

こんばんは。
大雪の中、無事に帰れて良かったですね!
北海道も大雪でニュースになっていました。

ティガー、心配ですね。
心なしか写真のティガー、いつもより顔が険しい気が・・・。
心から無事を祈ります。
ティガー、早くよくなってね。
Barビーンズ│URL│01/10 10:38│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/246-c1301cfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。