上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
J・K・ローリングの言わずと知れた『ハリー・ポッター』シリーズ最終章。
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1)
やっぱりそうきたか、という2部構成の前半です。後半は来年夏の公開予定。

ハリーポッター3

魔法学校ホグワーツの校長ダンブルドアが亡くなって1年。7年生に進級するはずだったハリー、ロン、ハーマイオニーたちは、学校には戻らず、ヴォルデモートを倒すために彼の魂を分けて隠してある『分霊箱』を見つけ出して破壊するための旅に出る。一方ますます力を増して行くヴォルデモートは、彼の手下である死喰い人(デス・イーター)たちと共に魔法学校や魔法省を占拠。ハリーの命を狙い、不死身の命を与えてくれるという3つの秘宝を探し求めるヴォルデモート。
彼が秘宝を手に入れる前に、ハリー達は分霊箱を全て破壊することが出来るのか?


ハリーポッター4
今回も活躍の3人組。
友情、恋愛、嫉妬など思春期のならでは人間関係もしっかり盛り込まれている。


ハリーポッター5
ヴォルデモートの手下、死喰い人達。中でも特にピカイチなのは、やっぱりヘレナ・ボナム=カーターが演じているベラトリックスですね。


ハリーポッター
鼻が気になって仕方がない、ヴォルデモート(レイフ・ファインズ)。蛇の化身?


ハリーポッター2


今作がシリーズで最も良かったか?と問われたら、そこまで良かったとも思わないけれど、スリルもあるし全体的に面白く、期待を裏切らない安定した作りだと思う。
ハリー・ポッターは、話が進むにつれ、子供向きと言うよりは大人向きになって来たようだ。
終わり方が良かった。次への期待に満ち満ちたエンディング。必ず最後を観に行きたくなります。
ストーリーがロールプレイングゲームなので、その手のゲーム好きにはたまらない内容。
私としては、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズによりいっそう似て来た、という印象を持った。

サウロン=ヴォルデモート
フロド=ハリー
ガンダルフ=ダンブルドア
ゴラム=トビー


最後まで観終えたら、また賢者の石』から立て続けに見直して観たい気がします。
ハリー達3人の10年間の成長ぶりを一気に見るのも楽しいかも?

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/223-798ccb0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。