FC2ブログ
ドリームワークスの3Dアニメーション『メガマインド』(MEGAMIND)は、意外にも面白かった。

メガマインド2

母星がブラックホールに飲み込まれる前に、生後すぐに両親によって地球に送られた、別々の惑星出身の2人のエイリアン。二人はメトロ・シティに到着、産まれながらにスーパーパワーを持った1人は裕福で幸せな家庭で育ち、スーパー・ヒーロー『メトロ・マン』となり、もう1人は刑務所に着陸し囚人達に育てられる。天才的な発明能力を持ちながら、何をやっても裏目に出、学校では除け者にされて育った彼は、どうせ叱られるのならば、史上最強の悪人になろうと決意、怪人『メガマインド』になった。そして、毋星から共に送られたミニオン(奴隷)と共に、長年嫉妬して来たライバル、メトロ・マンを殺し、メトロ・シティを我が物にする日を夢見るのだが...


この手のアニメ映画は大抵ストーリがシンプルで、ギャグの内容やタイミング、見せ方さえ間違わなければ、そこそこ成功する傾向がある。
癖がないので幅広い年齢層に受け、適度に笑えて適度に感動し、気持ちよく劇場を去るというパターンではこの映画も同様である。アラを探せば、最後がアニメに良くありがちな〆方で、個人的にはあまり好まないということくらい。それを除いては、全体的に楽しめてとても面白かった。
映画は96分と割と短いが、人の人生は生まれ育った境遇で決まっているように見えても、最終的にどう生きるかは”誰かのため”や”誰のせい”でもなく、自分自身の意志次第である、というメッセージをしっかりと伝えている。


メガマインド4
ミニオン(奴隷)とメガマインド(声:ウィル・フェレル)
悪を目指してもちょっと間抜けなメガマインドに、徐々に感情移入してしまう。


メガマインド3
メガマインドの長年のライバル、メトロ・マン。声優はブラッド・ピット


メガマインド5
産まれて8日で両親と別れたメガマインドとミニオン。可愛いです。


ところで、『メガマインド』のポスターを初めて見た時からずっと思っていたんだけれど、
あれ?これって...
やっぱりモデルは、
マーズアタック
『マーズ・アタック』?


ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/216-922d5202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)