FC2ブログ
最近ようやく公開された、ミレニアム3部作の最終章『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』(英題:The Girl Who Kicked the Hornets' Nest、原題:Luftslottet som sprängdes)
『ミレニアム2 火と戯れる女』が今ひとつだったけれど、一応最後まで観ておかないとね。

Mllenium3

Millenium3

前作の最後で重傷を負ったリスベットは病院に搬送される。3つの銃弾を体から取り除く手術は成功し、病院での長いリハビリ生活が始まる。しかし大事になったこの一件で、秘密の漏洩を恐れる冷戦時代の秘密警察組織『セクション』のメンバーが動き出す。狙われるリスベット、そしてミレニアム編集部。一方警察は、父親ザラチェンコを殺害しようとした容疑でリスベットの回復を待ち彼女を逮捕。ミカエルの協力と共に、リスベットの復習劇は法廷へと持ち込まれる。


前作と比べて良かったと思う。特に法廷シーンは面白かった。
相変わらず絶対不死身のリスベットが漫画的ではあるけれど、最後を観てスッキリと便秘が解消された気分。
それでも、第1作目の『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』の面白さには及ばなかった。やはり監督が違うからか。
1作目が最もリスベットの活躍を楽しめる内容だった。独立したミステリーだったのが良かったのかも。2作目と3作目は、話を広げ過ぎたために、全体的にはリスベットの魅力が薄まったように感じる。リスベットの活躍で毎回独立したミステリーを解くシリーズにしたら面白いかもしれない。


何カ所撃たれようと、頭に銃弾が入っても死にませんよ。
Millenium3
『お前、タフだな』                 『頭が痛いわ』


Millenium3
法廷での正装は、裁判員に好印象を持たせるためにも気合い入れないと。


本日もご訪問いただき、ありがとうございました。!
ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/212-e1e82830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)