FC2ブログ
ジョージ・クルーニー主演の最新作『ジ・アメリカン(The American)』

ジ・アメリカン4


スウェーデンでの仕事を、予期しない酷な形で終えたアメリカ人の殺し屋ジャックは、次のイタリアでの仕事を最後に引退することを誓う。
中世の面影が残るイタリアの小さな田舎町に身を潜めたジャックの最後となる仕事は、謎の女殺し屋マチルデのために銃を密造し引き渡すこと。
静かなアブルツォ(Abruzzo)の山、地元の司祭ベネデットとの交流、そして美しい娼婦クララとの出会いを通し、徐々に心の平和を見いだしていたジャックだったが...


この映画は、サスペンス・スリラーとなっているが、どちらかと言うとヒューマン&ラブ・ストーリー。
ここでは殺しは味付けで、骨と肉になっているのは人間の内面と愛。台詞は極めて少なく、ジョージ・クルーニーは引退を決意した殺し屋の人間像を、主に体の動きと顔の表情で見事に表現している。
ドラマチックなストーリー展開は無く、武器を密造するジャックの日々を淡々と描いていて、正直前半ではあまりにも平坦なので眠気を催した程。ただしそれなりに緊張するシーンもちりばめてある。特に後半になる程緊張感は高い。


乾燥したスポンジに、水を一滴ずつ垂らして行った末に水で満たされるスポンジ、そして最後には飽和状態になったスポンジから水が徐々にしみ出して行く。そんな感じの映画である。


ジ・アメリカン3
謎の女殺し屋マチルデと、彼女に銃を密造するアメリカ人殺し屋ジャック。


ジ・アメリカン2
殺しという罪を背負う、疲れた中年男が似合う。 ジョージも老けましたね。


ジ・アメリカン
闇を灯す光、クララ。


とても良い映画だったけれど、主演がジョージ・クルーニーじゃなかったら、そんなにヒットはしなさそう。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/179-8d925c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)