上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末は連休だったし、夏ももう終わりということで、エドモントン自然散策へ。
ホワイトマッド自然保護区(Whitemud Nature Reserve)は、中に入ると、高速道路の近くにこんな自然があったのか!とちょっと驚きます。

車の騒音も聞こえない(聞こえなかった様な気がする)、数キロメートルに及ぶ静かな森は、お天気の良い週末や休日には訪れる人も多い。

ホワイトマッド自然保護区
ホワイトマッド・クリーク(小川)の流れる、美しい自然保護区。


ホワイトマッド自然保護区2
ちょっとしたお散歩にぴったり。


ホワイトマッド自然保護区3
何通りかに別れているお散歩コースは、どれも大体片道1キロから2キロ強。


ホワイトマッド自然保護区4
いつの間にか、うっすらと紅葉が始まっている。


ホワイトマッド自然保護区5
ここの林の一角だけは、なぜか地面に草が生えていない。
日陰でドライだからでしょうか?


ビーバーダム
ビーバー・ダムを発見。
上流の水深を深くしてそこに安定した巣を作るために、ビーバーが木を集めて川を塞き止めたもの。
人間が造ったのかと疑う程良く出来ている。

ビーバーダム2
どんな太さの木でも、ガッツリと前歯を使って切り倒す。
白いのは皮を食べた痕。これは、つい最近追加した枝のようだ。ビーバーは働き者。
そういえば、働き者のことを、日本人は『アリの様に働く』と言うけれど、カナダ人は『ビーバーの様に働く』と言うらしいです。



おまけ。
エドモントンの西隣の街、スプルース・グローブ(Spruce Grove)の郊外(田舎)にて。

日没後
ノース・サスカチュワン・リバー沿いから見た、日没直後の風景。


いつもご訪問、ありがとうございます。
お帰りの際には記念にポチッとどうぞ宜しく。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/171-ae7c6358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。