FC2ブログ
エドモントンの建物や生活の歴史を学べる『生きた歴史博物館』、フォート・エドモントン・パーク(Fort Edmonton Park)
歴史建物好きなので、もう何度も行っています。

最初のコンセプトは1915年、アルバータ州議事堂の隣にあった、ヨーロッパ人と先住民の物々交換用の砦跡が取り壊されたことがきっかけ。歴史的建造物を守りたい、取り壊し反対市民の強い願いは、第2次世界大戦後に再び再燃、1969年にフォート・エドモントン・パークの建設が始まる。
1974年、オープン時は道路から直接行ける、旧砦(1846年)のみ。
その後1970年代に1885年通り、1980年代に1905年通り、そして1990年代に1920年通りと、順繰りにオープン、各通りの建物は現在も順次追加、特に1920年代通りの開発計画が進行中。


来館者は、入り口から出ているこの汽車に乗ってタイム・トリップ。
1846年のフォート(砦)までコトコト連れて行ってくれる。
フォートエドモントンパーク3
この蒸気機関車は1977年からここで運転しているらしい。

フォートエドモントンパーク2
のどかです。


フォートエドモントンパーク4
フォートの中庭。一番大きな建物は家。

このフォートは、先住民とハドソンズ・べイ(Hudson's Bay Company: HBC)が主に毛皮と毛布などを物々交換をしていた砦。
ここを訪れると、当時どんなものが交換されていたのか、どんな暮らしぶりをしていたのかが分かる。
ところで、ハドソンズ・ベイは、イギリス発祥で1670年から続く、カナダを中心にした北米で最も古い商業会社法人で、本社はトロントにある。
近年アメリカ人により買収されたと聞いた事があるので、現在のオーナーはアメリカ人と思われる。
エドモントンにも数あるデパート、『Bay』はこのハドソンズ・べイ。

hudsons-bay-folded.jpg
こんなデザインの毛布が有名。

425px-Hbclabel2002.jpg
本物にはこのラベル。


フォートを出て、1885年通りへ行く途中には、ティピ。

フォートエドモントンパーク
ここで、おばあさんが刺繍やビーズのアクセサリーを作っていたり、肉を焼いていたり。当時のこの辺りのファースト・ネイションたちの暮らしをちょいとかいま見ることが出来ます。


フォートエドモントンパーク5
ちょっと寂しい感じの1885年通り。時折観光客を乗せた馬車が走っている。
建物は通りの両側にあり、一軒一軒中に入って見学出来る。


フォートエドモントンパーク6
1905年通り。1885年と並んで割と充実している通りだと思うんだけれど、この写真で見るとやっぱり寂しそうです。
週末だった割には、妙に空いていた。大丈夫なのか?


1920年通りは短くて建物の数も少ない。20年代遊園地にも行ってみたけれど、子供向け。しかも更にお金を払わないとダメみたいで。
全体的に、あまり良いショットが取れなくて残念でした。
もっと写真を見てみたい方は、こちら(青い文字をクリックしてね)のサイトで各建物の写真を見る事ができるようです。
メニューにある各通りをクリックすると、地図とそれぞれの建物の名前、建物をクリックで写真が出ます。


ちょっと余談。
ブラッド・ピットが冷血なアウトローを演じた、2007年の映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』(The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford )は、主にアルバータ州内で撮影が行われたが、街のシーンなどの一部はこのフォート・エドモントン・パークでも撮影された。
撮影は9月か10月くらいだったが、結構寒くて撮影大変そうだなと思った覚えがある。
この映画のエドモントンでのエキストラ募集には、早朝から3時間くらいの長蛇の列が出来たらしい。そりゃー、もう、ブラッド・ピットに会えるんじゃないか?っていう期待を抱いた人々が我も我もと並んだようで。私も並んじゃおうかって思ったくらいですから。


で、映画ですけど、
ジェシージェームズ
この年のベスト・フィルムと言ってもいいくらい良かった!
この年良い映画が沢山あって、残念ながらノミネートもされなかったが、ケイシー・アフレックが助演男優賞にノミネートされていた。彼が主演だと思っていたんだけれど...


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/156-d0b38204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)