上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数あるカナダの国立歴史史跡の中で、最も重要とされている史跡の1つである、ハリファックス・シタデル(Halifax Citade National Historic Site)
6月13日に見に行った、時計台のある丘の上に建っている。
Halifax Citadel12

1749年にイギリス軍がハリファックスの防衛の為に建てた要塞。
現在の要塞は、4度目の再建で1856年に完成されたもの。

星形の五つの突起からは、四方八方周囲をくまなく監視、防衛する事が出来、海から見て後ろ3方向にある3つの独立した突起は、要塞のダミー。敵がここを落としても、要塞自体は無事で、反撃出来るように作られている。
完璧な防衛で、実際に攻められる事は一度も無かった。


要塞の中では、当時のイギリス軍の様子を少しだけ再現。
ハリファックス シタデル
入り口を守る警備隊は二人。1時間毎ごとに交代。交代の儀式も面白い。
可愛いお兄さんが、熱心に説明してくれます。


Halifax Citadel2
訓練中の兵士。


Halifax Citadel9
中央にある建物は、独身の兵士用の宿舎で、既婚者はハリファックス市内に居住していた。


Halifax Citadel14
要塞の内側の壁にある、狭い入り口を下って行くと、


Halifax Citadel11
堀に出ます。
敵が堀まで侵入して来た時には、左側の壁の赤い矢印の穴から銃撃出来るようになっている。


銃穴の向こうは、
Halifax Citadel15
堀と同様に要塞をぐるっと取り囲んでいる狭い通路。
丘の下に作られているため、外からは見えない。


Halifax Citadel7
要壁の上の見晴し台には、要所要所に大砲が設置。


Halifax Citadel6
要塞内にある牢屋。違反や犯罪を犯した兵がここに隔離されていた。
カビによる健康被害の恐れがあるため、現在は閉鎖されて中には入れない。


Halifax Citadel17
5分に一回くらいずつ吹いているバグパイプのお兄さん。
休息中だったのに、次はいつ?と聞いたら気前よく速攻で演奏してくれた。


ところで、バグパイプをはじめ、兵服もスコットランド伝統のキルト・スカートの理由は、ここに駐屯していた兵士のグループが、スコットランド人でなりたっていたから。
当時イングランドに支配されていたスコットランドでは、イギリス国内で伝統服を着る事を禁じられていた。しかし国外で伝統服を着る事を許すことによって、誇り高いスコットランド人の国外での兵役希望者を募りやすくしていたという。
隊はハリファックスに来る前は、インドに駐屯。当初1000人だった兵士は、多くが病気で命を落とし、ハリファックスに着いた時には、700人あまりになっていたそうだ。


平日に訪れたため、非常に空いていて、丁寧な説明を受ける事ができました。
所要時間はおよそ3時間、週末と7月から8月には観光のピークでとても混むようです。

ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーサイト
  
コメント

Torianさん、コメントをありがとうございます!

いえいえ、いい所にお住まいですね!
小さい町だけれど、カナダの中では歴史があって、海も近いし、なんとなくヨーロッパ的な感じがして十分楽しんでいます! 住むのと訪問するのとでは違うのは分かっているのですが、人の家の芝生は蒼く見えるのでしょうか、エドモントンに比べたら行く所盛りだくさんで、こじんまりしている分、歩きやすくていいな~と、すっかり気に入っています。
車でダウンタウンに来た時のパーキングには、ちょっと参っていますが。。。電車があるといいですね。
町に沢山残っている古い建物はとても素敵だと思います!
akitanic│URL│06/19 18:45│編集

こんにちは!
はじめましてo( _ _ )o
Halifax在住のTorianと申します。
ブログ村から訪問させて頂きました。

私は、ウォータフロントから5分ほどの所に住んでおります。
小さい町で、たぶん驚かれたのでは!?
大した観光名所もない土地で、非常にコンパクトなんです。
毎度、友人や仕事関係の方が来ると観光ってどこ連れていけばいいんだ・・・って悩んだり(゚m゚*)プッ

マーケットは今、土曜だけオープンですが
地元民は 毎日オープンになったら魅力ないな~なんて言ってます。
平日も空いてても、実はあの辺りは ビジネス街に近いところなので
採算が取れるか微妙な部分もあるようです。
Torian│URL│06/18 19:41│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuruchin.blog11.fc2.com/tb.php/121-464c0da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。