上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エドモントン、ただいまの気温33度。
基本的に夏は適度に暑いのが好きな私だが、日射しが強烈+日照時間が長過ぎるため、さすがに長時間外に居るだけで体力消耗。それでも、熱帯夜があるわけでも無し、夏バテという程には至らず...。


我が家で暑くなって来たと同時にあっという間にバテいるのは、実はこの方。
クロコ
『どこに居ても暑いニャ。』

日向は小走り、木陰から木陰へと移動。
冬仕様の毛皮(春先抜けても黒い剛毛だから暑い! 皮も厚い。)につつまれ、気の毒なくらいぐったり。


クロコ
『ニャンとかして!』          


クロコ
『一体いつまで続くんニャ、この暑さはっ。』    

そんなに長くは無いと思うけど?

日影のコンクリートの上で涼をとるクロコ兄貴。
そんな、クロコ兄貴を愛しげに見つめる...



クロコとティガー
『兄貴、辛そうニャね。』   

ティガー坊や。
幸運にもクロコと比べ、暑さには比較的強い。


ティガー
『木陰は気持ち良いニャ〜...』


『...お前、暑くニャいのか?』
クロコとティガー
                    『...っと、兄貴は辛かったんニャね。』


申し訳無さそうなティガー、芝生へ移動。
ティガー
(ここは、もっとヒンヤリして気持ち良いニャ。兄貴もこっちに来れば良いのに。)


と、ティガーの気遣いも空しく、クロコ、パティオセットの日影に移動。
もちろん、ティガーも付き合います。

(草の上の方が涼しいと思うニャ...)
クロコとティガー                     (なかなか涼しくて良い場所ニャ。)



本当は、どうなんでしょうか?


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト
お久しぶりです。

カナダデー
“梅雨明け”でしょうか?
ひたすら雨ばかりだった、という印象の6月があっという間に過ぎ、今年もまたカナダ・デーがやってきた。
最近、アメリカ西海岸からの高気圧に覆われて、エドモントンも普段よりも湿気の多い暑い夏日が続いている。


先々週末は、南アルバータを襲った豪雨により大洪水の被害が沢山出たが、特に大都市であるカルガリーのダウンタウンが水没している写真は衝撃的だった。
カルガリー
ビジネスや自宅が台無しになってしまった方々には、遅ればせながら心よりお見舞い申し上げます。



さて、今年のカナダ・デーは、ダウンタウンで開催中の『The Works Art & Design Festival』へ。しかも、お天気があまりにも良過ぎるので、川沿いサイクリングも兼ねて自転車で行くことにした。

朝から直射日光ガンガンのエドモントン、日焼け止めをしっかり塗って出発!
ハイレベルブリッジ
ハイレベル・ブリッジを越えてダウンタウンへ向かう。


今日は、カナダ・デー人気スポットの州議事堂はスルー、向かうのはチャーチル広場。
アートとデザインの展覧会は、市内のあちこちで開催中だが、司令塔である広場のイベント会場には、インフォメーションはもちろんのこと、テント企画展や大型のインスタレーション作品、コンサート・ステージ、食べ物屋も並ぶ。
チャーチルスクエア
明日で終了のワークス・フェスティバル、チャーチル広場が前回見た時よりも地味目な気がするのは、最終日2日前だからか...?


チャーチルスクエア
分かりにくい写真ですが、今年の目玉らしい、ショッピングカートのメリーゴーランド?
実際に人が乗れるのかは、調整中だったため、不明。


シティ・ホール
家族連れで賑わう、チャーチル広場の向かいにあるエドモントン市庁舎の噴水プール。こんだけ暑ければ、私もプールに浸かりたくなります。


予定していた展覧会会場は、全て公営のため、祝日休館。今日みたいな日こそ、人が沢山来るだろうに...と、思いつつ広場に駐輪、他の会場を歩いて巡る。
アルバータ大学芸術学部の学生、また元学生である若い作家さんの展覧会が多い。中でも、スコシア・プレイス(Scotia Place)の中に展示されていたジル・スタントン(Jill Stanton)の大型ドローイングが、今日観た作品の中で一番良かった。



暑さにも気合いの入って来た午後2時位に、もう1つの目的である、川沿いサイクリングへ。
リバー・バレー
私のお気に入り、リバー・バレーの景色。
右の方に見えるピラミッドは、ムタート植物園(Muttart Conservatory)


ウォーターデールブリッジ
今年で100歳を迎えたウォルターデイル・ブリッジ(Walterdale Bridge)。
取り壊すよりも、エドモントンの歴史建造物として残し、歩行者専用のマーケット橋にする、などのアイデアもあったものの、メンテナンスに膨大な費用がかかるということで、結局2015〜16年に取り壊しされる模様。残念過ぎる。また1つ歴史建造物が消えるエドモントン、50年後には後悔するのではないか、との予測。

因みに新しいウォルターデイル・ブリッジは、こんな感じ。
ウォーターデール・ブリッジ


ウォルターデイル・ブリッジから西にあるハイレベル・ブリッジを望む。
ノース・サスカチュワン・リバー
丁度、夏の観光用の電車が通過(カメラ取り出しに時間がかかり、ギリギリでキャッチ。左の方)。
オールド・ストラスコナのファーマーズ・マーケットの裏から出ている、夏だけの1両観光用電車。古い車両は日本から寄贈されたもので、懐かしい感じ。
マーケットの裏から橋を越えて州議事堂の辺りまで、観光案内付きで連れて行ってくれます。


ウォルター・デイルブリッジを越えると、キンズメン・スポーツセンター。
裏の方に、現在工事中の新しい公園を発見。
キンズメン
クマです。


この後上り坂でハイレベル・ブリッジまで。
暑さも加わり、久々の運動で汗だく。良いカナダ・デーになりました。



本日のおまけ:

もういよいよ暑過ぎて、全ての根をウジ虫に食われ初めていたラディッシュを全て収穫。
野菜
これから徐々に青菜として食べます。
今年のラディッシュは葉しか食べる事が出来なかったので、来年こそは凍った土が融けたら即種まきです。


おまけその2:

ガーデン用の毛布を洗って積んで置いたところ、早速新たな自分用ベッドと思うクロコ王子。
クロコ
『乗り心地はイマイチだが、これは俺様用のベッドニャのか?』(安定感が悪い)
 

クロコ
『おやつの出て来る箱(冷蔵庫)から近い、ということは、やはり俺の...?』

暫くこのポーズで考えた後、自分用では無いと判断。

良い判断です。



ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。