上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
曇ったり晴れたり激しく雨が降ったりが続く、まるで梅雨のような6月のエドモントン。
先週は、畑の大敵である雹が降ってしまった。
外出中に降った初雹、帰宅後ずたずたになった畑の幼苗達を見て悲しんだ事は言うまでもなし...。

特に、
畑
花も付いて順調に元気に成長していたキュウリ、雹が当たっただけではなく結構積もったらしく、氷に埋もれて凍傷に。
根と中心の茎がまだ生きているので、今後の復活を期待しますが、この分では今年の収穫はイマイチ期待薄。


畑
ただでさえ、元気の無かった今年のバジル、悲惨な有様に。しかし下の方から新たな葉も出て来ていて、死んでいるわけでは無いので、今後暑くなる日を期待。


畑
バジル同様、定植後急激に活気を失ったカボチャとズッキーニ。雹のパンチはかなり辛かった様子。
黄ばんでいるのは窒素不足のせいなのか?
この畑には新しい土を足したももの、栄養が足りていないのだろうか。昨年ジャガイモを植えた時に土を弱酸性にしたので、その影響ではないかとも推測。お天気が良くなったら、コンポストと石灰を仕込んでみたいと思います。
それにしても、同じ様に雹に当たっても畑の周りの雑草だけはピンピンしています。しかも更に活力を増し、畑も飲み込む勢いで繁殖成長中。


畑
意外と耐え忍んでくれた、ミニトマト。葉は傷だらけだが、他のトマトの第1花房が随分雹でちぎり落とされてしまったのに、このトマトの花芽は頑張ってくれた。
今年種まきがひと月以上遅れの5月種まき、簡易温室で急速成長させて、遅ればせながらもとても健康的に成長していたトマト、もうすぐ花が開きそうだったのにまた振り出しに。
今年のトマトは全て赤くならない予感。完全に第1花房の根元からやられてしまったトマトは、その後の花房もあまり期待出来ないので、脇芽を成長させるしかない。


夏野菜が苦しんでいる中、逆に涼しくなって元気を取り戻した野菜も。
畑
ラディッシュ。暑いと元気なくすぐにトウが立ってしまうが、涼しいと急に元気に。まだ早いのか肝心な根はあまり成長しておらず、しかし今後暑くなればトウが立ったりウジ虫の餌になるだろうから、葉野菜として食べることにする。

手前にひょろひょろしているのは、赤ちゃんネギ。こんなにひょろひょろなのに、雹の攻撃にあったと思えないほど無傷。


畑
傷だらけになりつつも、寒さには強い玉ねぎは順調な成長ぶり。間引きながらワケギとして食べています。


その他ジャガイモ、キヌサヤなどはほぼ無傷で元気。野菜によって大分被害に差が出ている。

涼しくて冬野菜には良いけれど、夏野菜達にとっては辛い6月。早く晴れて太陽の光を一杯浴びさせてあげたいけれど、お天気だけはどうにも出来ません。
もう十分水は得たので、あとは太陽の光と暖かい夏日を!


最近のお天気の悪さに、
クロコとティガー
クロコとティガーも朝からふて寝。    ”つまらニャイ”、だそうです。



ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト
私の夫と、5年に渡ってコラボレーションをしてきた彫刻家ロイデン・ミルズの、最後かもしれないコラボ2人展が、今週末から始まります。
場所は、以前にも紹介したことがある、エドモントンの東隣の町、シャーウッド・パーク(Sherwood Park)のストラスコナ・カウンティ(郡)コミュニティー・センター内、アート・ギャラリー@501

Serface Tension
外部に面したギャラリーの壁面には、6月の早いうちから二人の作品が展示されていますが、展覧会そのもののオープンは今週金曜日。


Serface Tension
『Sueface Tension』と題した2人展、展示期間は6月21日から8月11まで。
この案内のイメージは過去の作品で、今度の展覧会には出品しない。


本来版画が専門の夫だが、最近大型の油性木版の版の方をインスタレーションとして展示することも多く、今回も彫刻とのコラボ作品と掘った版木作品がメイン。版木も日本の水性木版で使用しているシナベニヤではなくて、1.5cm程の厚みのあるメープルのコンパネにインクをのせてから掘り進めたもので、元々は刷るつもりで掘ったけれど、刷らなくても版が見ごたえある作品に仕上がる事に気づいてから、もっぱら木版彫刻的に製作している。


そして、最近は忙しい夫のアシスタントとして忙しい私は、今回も展示作業のお手伝い。
彫刻の搬入が主なので、日本の道路では走れなさそうな巨大トラックでの搬入です。しかもあまりにも全てが重いから重労働。ついでに、男3人女3人のクルーの中で私が最もひ弱なことも判明。
とりあえず初日は、作品をギャラリー内に全て入れ、大まかな場所に置いたところまで終了。

Serface Tension


Serface Tension


Serface Tension


Serface Tension


Serface Tension


広い会場があっという間に作品で埋まってしまい、多過ぎるとのことで、センター内にある図書館の前や、ギャラリーの外(廊下)などにも展示。それでもまだ多い気がする。
立体の作品と壁に飾る作品の両方あるので、なるべくすっきりと1点1点がしっかりと存在を放ちつつ、これからオープニングまでの展示日程でうまくまとまると良いです。


正直、色の無い展覧会ですが、2人の作品は面白いと思います。
展覧会がオープンしたら、また案内記事を載せる予定です。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
エドモントン、昨日からなんだか急に寒い。
今朝の新聞によると昨日の最高気温は8.6度。どおりで昨日は自転車に乗っていて、手袋と帽子が欲しいわと思ったわけだ...。
今日は昨日よりも多少気温が上がったが、現在13℃。夏野菜が元気無いのも納得の涼しさ。

そんなここ数日と比べ、お天気も良く暖かかった先週、ライラックの花が盛りかも知れないと思い、近所にお花見散歩に出かけてみた。
夫が、『カナダの桜』と勝手に呼んでいるライラック。エドモントンでもとても人気で、各家に1本は生えていると言っても過言では無いくらいにありふれた花木。我が家も小振りながらライラックが3本は植わっている。
ヨーロッパ原産でフランス語でリラ、日本語だと紫丁香花(むらさきはしどい)。その名の通り、ピンクや薄紫色の花がとっても奇麗。



さて、我々が出かけるのを素早くキャッチしたティガー、当然の様に、
ティガー
               『おいらも〜。』


ティガー、お散歩には必ず付いて来てしまう。
ティガー             『どこ行くニャ〜?』          
      

ティガー
              『ママ、パパ、待って〜。』


途中、近所の友達と立ち話していると、野うさぎを追っていたクロコ兄貴登場。
                    『おいお前、こんなところでニャにしてる?』
クロコとティガー
            『ママとパパとお散歩中ニャ。』


我々の立ち話に付き合うよりも、クロコ兄貴と遊ぶ方が楽しい。この後2匹つるんで姿を消した...。


結局公園のライラックは盛りが終わっていた。
でも、近所の花は満開。
ライラック

我が家の遅咲きライラックも週末辺りが満開となりそうです。


そして帰路に就くと、消えたティガーの代わりにクロコが付いて来た。
クロコ
くるちん、ティギーどこ行っちゃったの?    (!しまった、置いて来ちゃったニャ!)

実はこの後ティガー、翌日まで帰って来なかった。
クロコ、いったいどこにティガーを置き去りにしてきたのか...。



おまけ:
先日夫が、ダウンタウンで開催されたカナダ輸血医学協会(CSTM)のコンファレンスでトークをしたのですが、(ウチの夫は美術が専門なので)招待されたものの、場違いなんじゃないかと不安がりながら出かけ、血液関係の専門家に囲まれた中無事にアートのレクチャーを終え、こんなものをお土産に頂いてきました。
チョコレート
なんだか絵はがきで見た様な、新しい感じのしないエドモントンの夜景の箱に、


チョコレート
キャンバスに血液のしずく型のパレットを描いている血液のしずく君と、その周りに赤血球が施されたデザインの巨大板チョコ!!


更にご丁寧に、
チョコレート
チョコを割るための鋳鉄金槌付き!


この板チョコの為に夫が招待されたのか、夫の為にこのデザインを作ったのか知りませんが、これから暫く、おやつには困らなさそう...。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
カラカラだった5月も過ぎて6月になり、エドモントンもいよいよ夏へ。最近は適度に雨も降るようになり水やりも楽になった。
出遅れた野菜達も、無事にナスとパプリカを残して畑や屋外ポットへの定植終了。
幼苗から外に出し、毎日温室で温めた甲斐もあり、トマトや他の野菜もなんとかなりそうなところまで成長してくれた。

今年は更に畑を拡張し、多種類の野菜の苗を数少なく植える予定だったのに、気がつくといつもの様にもう一杯で、まだ場所が足りないくらい!
畑
どんだけ広げれば足りるんだか...。この土地で育ちの悪い野菜はカットし、数も減らさなくてはと思いつつ、種があれば蒔いてしまうし、苗を頂けば全て植えてしまう。


畑
枝豆、きぬさや、友人から頂いたジャガイモなど。陽当たりが良い場所なので、ヒマワリも蒔いてみた。


畑
ハーブやトマトなど。ハーブは直播きしたのはまだ出ていない。


畑
小松菜とラディッシュ。黒い小さな虫が集まって来て葉を食べてしまうので、虫食いだらけ。
最近はハエも集る様になったので、そろそろ根が危ないかも。


畑
結構良く育ってくれて、花芽もついて来たキュウリ。


畑
昨日定植したばかり、セロリの幼苗。


畑
こちらは、私が買ってきた別の種類のジャガイモ。元気に育っています。
ネギは昨年の取り残し。食べようかと思ったけれど、あっという間にトウが立ってしまった。
向こうのボックスには、カボチャとズッキーニ。


畑
そして、玉ねぎとニンニク、ネギ、ホウレンソウ、ラディッシュなど。
それにしても、雑草が凄い...むしる気力も失せます。


そして、5月〜6月初めの主な収穫物。
野菜
数日に1本くらいのアスパラガスと沢山穫れるニラ。



本日の畑撮影のお供は、
クロコ
カメラを向けるとすぐにそっぽを向いてしまう、カメラ目線が苦手なクロコ兄貴。
おやつで釣らないと難しい。
今年から導入したおやつ作戦にまんまとハマったせいか、ご近所別荘に入り浸らずに毎日必ず帰宅するようになった。
冷蔵庫にしまってあるクロコ用おやつ。何で出来ているのか分からないが、かなりのぞっこんぶり。袋を見せると目の輝きが変わります。似た様な袋の音や冷蔵庫を開ける音でも反応してすっ飛んで来る様に。
ご飯よりも、一日3度はおやつをねだる、”おやつ依存症”に陥っています。
あげないと家出だし...とりあえず、1回に3〜5粒一日2回を限度にして与えているけれど、それだけでも帰宅効果は抜群です。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。