FC2ブログ
ワシントンDC観光、博物館&美術館巡りだけでなく、有名過ぎて見逃しては帰れない建物も、出来る限り観てきました。


到着した夜に北側から撮影したホワイト・ハウスを、南側から。
ホワイト・ハウス
陽当たりが良く、庭には野菜畑も。大統領夫人ミシェルさんが庭で野菜作ってる写真付きパネルがあったけど、本当に彼女はここで家庭菜園などするのか?という事はもちろん、実際に大統領一家が私的理由でこの丸見えな庭に出て来るなんてこと、あるんでしょうか。少なくとも、あの生け垣よりもこちらへは出ない気がする...。
南側はいつも観光客で一杯。前もって申し込めば、ホワイト・ハウス内も無料見学出来るようです。外国人はワシントンDCにある大使館に連絡する必要があるみたいですが。


何処に居てもどうにも目に入ってしまう、
ワシントン・モニュメント
ワシントン記念塔(Washington Monument)。
通常この塔の上まで登れる様だが、2011年にヴァージニアを襲った地震とハリケーンの影響で内部構造が不安定になっており、閉鎖中。


間近には行かなかったけれど、至近距離からパチリ。
国会議事堂
アメリカ合衆国議会議事堂。


そして、映画『リンカーン』を観た後だったので、ワシントンDCに来たら必ずお参りしなくてはと誓っていた、
リンカーン・メモリアル
リンカーン記念館(Lincoln Memorial)。近づいてみると、結構な高台にそびえ建っている。
この中に、


リンカーン・メモリアル
巨大リンカーン像が鎮座している。
神殿の様な外観に至ってシンプルな内装で、ぜんぜ見た目は違うのですが、どうも何かに似ていると思ったら、


東大寺
東大寺の大仏殿。
リンカーンの代わりに大仏を置いてみたくなったり。


リンカーン・メモリアル
リンカーン記念館から程長く延びるリフレクティング・プール(Reflecting Pool)を越えたまっすぐ先に、ワシントン記念塔、その向こうに博物館が並ぶナショナル・モール、そして国会議事堂と一直線に並んでいる。

また、記念館の前に広がる公園コンスティテューション・ガーデンズには、ベトナム、朝鮮、第一次世界大戦それぞれの慰霊碑や記念碑と、リフレクティング・プールの突き当たり(ワシントン記念塔側)に、第二次世界大戦の記念碑がある。


遠くから見て、現代アートのインスタレーションかと思ってしまった、
ベトナム戦争メモリアル
朝鮮戦争戦没者慰霊碑(Korean War Veterans Memorial)。とても印象的。


リンカーン記念館から合衆国国会議事堂までの位置関係確認の地図はこちら
拡大していくと、建物の名前が出てきます。


そして最後に。
図書館
たまたま通りがかりに寄ってみた、DAR博物館(Doughter of American Revolution Museum)。入館は無料。

リンカーン記念館に行く途中だったため、この建物の中心にある図書館見たさに入館。
図書館
図書館として現役利用されていますが、大変美しい。一見の価値あり。


その他、博物館として陶器や衣類などの小さな展示室と、”時代”と”場所”を再現した『Period Rooms』という小部屋が1階から3階まで、図書館をぐるっと囲む様に27室ある。
時代部屋
こんな感じの時代部屋。部屋には州の名前付き。だいたい1700年代から1800年代の部屋で、州によっての違いなど観て楽しいはず。しかしちょっと先を急いでいたため、貰ったマップもちゃんと見ず、実は27室もあったとは気がつかなかった。結局3〜5室くらいしか見てないが、一通り回った限りでは、結構閉まっていたような気もしなくない。


忘れていたけれど、このDAR博物館も一応博物館なので、これを加えて最終的に10館の博物館&美術館を訪問したことになります。
ということで、ワシントンDC観光記は今日でおしまい。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございます。


おまけ:
ワシントン・モニュメント
夕暮れのワシントン記念塔。


またのご訪問をお待ちしています。
お帰りの際には、下記のバナーをポチポチと押して行ってね〜!
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト