FC2ブログ
6月15日未明に起きたアルバータ大学HUBモール内での強盗殺人事件の容疑者トラビス・バウムガートナー(21)が、土曜日午後3時10分頃、アメリカとカナダの国境付近で逮捕された。

アルバータ射殺事件

逮捕されたのは、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州オルダーグローブ(Aldergrove)とアメリカ、ワシントン州のリンデン(Lynden)を結ぶハイウェイ上の入国審査のある国境。コンピュータ制御されたナンバープレート・スキャンで、容疑者のプレートをスキャンした際に警報が鳴ったため、あっさり御用となった。
逮捕時、盗んだとみられる現金330,000ドル(約3千万円)も車から発見されたが、武器は持っていなかった。
運転免許証を所持していたため、本人と確認されたものの、国境を越えるのにパスポートは所持していなかったという。
容疑者は現在ブリティッシュ・コロンビア州のラングレイ(Langley)に拘束されている。


ということで、容疑者が捕まっても殺された人達は戻って来ず、家族の悲しみは癒える事はないけれど、とりあえずほっと安心しました。
パスポート無しにどうやって国境を越えるつもりだったのか(カナダ人は、アメリカ陸超えの場合はパスポート無しでも良かったけれど、数年程前から陸超えでもパスポートが必要になった)、入国法が変わったのに気がついていなかったんでしょうか。それに、夜中のうちに他人の車のナンバープレートを盗んで張り替えておけば警報は鳴らなかっただろうに、と思ったり。また、車種もバレているのに同じ車で逃げ続けるあたりからして、バウムガートナー、大胆な犯罪を犯したけれど、スマートでは無かった様です。


さて、二つ程お知らせです。

その1:
なんとクロコとティガー、日本で雑誌デビューすることになりました~!
本屋さんに並んでいる雑誌ではなく、通販「ねこのきもち」(ベネッセコーポレーション刊) という月刊誌の、「ワールド・猫・ライフ」というコーナーにて紹介されます。B5版弱サイズに4色カラーで写真は9枚程の予定。
過去にブログで紹介した写真がメインですが、エドモントンならではの猫生活、クロコとティガーの仲良し振りが良くわかる内容になっています。
興味のある方は、チェックしてみて下さい。

最近あまり猫記事をアップ出来ないでいますが、ここ2日程クロコの姿を見かけないため、ちょっと心配しています。毎年夏になるたび自宅に寄り付かなくなるので、またか、という感じなのですが...。
クロコ兄貴があまり家にいなくなったので、ティガーがもの凄く寂しがっていて、私たちにべったり。私たちが家にいる間は殆ど外出しないし、出ても隣の庭に行く程度。

それに引き換え、クロコときたら...夏は完璧なヒッピー生活を満喫しているよう。


その2:
明日から半月程ブログの更新が出来なくなります。
7月には戻って来れると思うので、その時にまた。
更新お休み中には、まだ読んでいない過去記事でもどうぞ。興味のある記事は、右のカテゴリから選んでいただけます。

では皆さん、また7月に!

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト