FC2ブログ
なんだか、ついこの間観た気がする、『ドラゴン・タトゥーの女(The Girl With the Dragon Tattoo)』

ドラゴンタトゥー
スティーグ・ラーソンのベスト・セラー『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』、が原作のスウェーデン映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(英題:The Girl With the Dragon Tattoo、原題:Man som hatar kvinnor)のアメリカ版リメイク。
スウェーデン版の方を観てから2年も経っていないので、本当についこの間観たんですけれど?という感じだが、監督がデヴィッド・フィンチャー(David Fincher)という事だけで興味を持って映画館へ。


ドラゴンタトゥー
主要キャストは、『ミレニアム』ジャーナリスト、ミカエル役に007ダニエル・クレイグ(Daniel Craig)、パンクハッカー、リスベットにルーニー・マーラ(Rooney Mara)。
監督・キャストが変わって、言葉も英語。でも、舞台はやっぱりスウェーデン。


基本的なストーリーは、スウェーデン版とほぼ同じ。しかし、ところどころ変更されている。
例えば、リスベットがミカエルの手伝いをするに至る経緯や、ミカエルの家族構成、暗号の謎解きとミステリーの答え、それにラストが大幅に変更されている。私はスウェーデン版のラストが良かったとは思わなかったのだけれど、このアメリカ版のラストを観ると、スウェーデン版の方が良く思えてきた。ラストの描き方で、リスベットという人物像が随分変わってしまう。

アメリカ版、悪く無いしそれなりに面白かったけれど、やはりスウェーデン版の方が面白かったな。
少女殺害事件のミステリーにしても、解決や映画の最後はオリジナルの方がもっと驚きのどんでん返しだったという印象を持っている。観るのが2度目で、ある程度内容を知ってしまっているから、驚きを求めるのは無理ではあるけれど、フィンチャー、ひねりが甘いぞという感じあり。
しかし、レイプ&復讐シーンは迫力。それに、映画のオープニング、レッド・ツェッペリン『移民の歌』のカバーがミュージック・ビデオのようで、これから始まる何かをもの凄く期待させてくれる出来で良かったです。


ドラゴンタトゥー
この二人の出会い方も、スウェーデン版と異なる。


ドラゴンタトゥー
インパクトのあるヘア・スタイルです。眉毛、無いように見えるし。
更にもっと怖いリスベット顔もあります。


因にルーニーさんの素顔はこれ。
ルーニー・マーラ



実は、もっと思い切り内容も変えちゃっても良かったんじゃないか?とさえ思えるアメリカ版。
オリジナルとさほど違いがなく、意外だった。あれだけ同じに作るなら、もうちょっと時間を空けて、話の内容を忘れちゃったよ~!くらいの頃にリメイクした方が、驚きはあったかも。

続きの2と3もリメイクするのでしょうか? 今回の売り上げ次第だろうけれど、もう作らなくても良い気がします。



ところで、ワールド・ジュニア・チャンピオンシップ、カナダはフィンランドに4-0で快勝し、銅メダルを獲得しました。
おめでとう、カナダ!

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 
スポンサーサイト