FC2ブログ
先週から、演劇の祭典フリンジ・フェスティバルが始まった。正式には、エドモントン国際フリンジ・シアター・フェスティバルという。
毎年このお祭りが開けると、いよいよもう今年の夏も終わりだなと思って、ちょっと寂しくなる。
今年はタダでさえ短い夏が前半寒くて、なんだか最近ようやく夏になったばかりなのに...


エドモントンのフリンジ・フェスティバルは、演劇シアターが集まっているオールド・ストラスコナのファーマーズ・マーケット界隈。
私は映画は観に行くけれど演劇を観に行く習慣が無いので、フリンジ・フェスティバルでもチケットを買って劇場へ行くことは無く、過ぎ行く夏を惜しみながら劇場の外での催しを観ながらをうろつくのが常。
しかしここ数年は出かける事も無かったフリンンジ。今回何年か振りで足を運んでみました。


フリンジ・フェスティバル
フェスティバルは、ホワイト・アベニューの一本裏通り。


フリンジ・フェスティバル
劇場が並ぶ狭い路地にも人が沢山。


フリンジ・フェスティバル
路地を抜けた所にある、劇場とチケット売り場。
ここの広場では、いつもストリート・パフォーマンスをやっている。


フリンジ・フェスティバル
以前は無かったような気がする、子供用の移動型遊園地。


フリンジ・フェスティバル
正確にはどれが劇場なのか、すべてを把握していない私。向こうは教会、手前は図書館だと思いますが....


フリンジ・フェスティバル
通りには、屋台がずらり。こちらは、物を売っていたりする店で、食べ物屋台はホワイト・アベニューのすぐ裏の通り。


フリンジ・フェスティバル
こちらは、屋外ステージ・パフォーマンス。大体いつもお笑い系。


フリンジ・フェスティバル
そして、ずらっと貼られた演劇のポスター。


それから、劇場には入らないけれど、私がフリンジで唯一入場するのが、
フリンジ・フェスティバル
テントでやっている『フリーク・ショー』。
しかし、今回は残念ながらショーの合間に当たってしまって、閉まっていたのでパス。
今回はどんなフリーク・ショーなのか、パッと見わかりませんでしたが、一度『蜘蛛女』とか観た覚えがあります。
その時確か入場料は2ドルで、思い切りがっかりするのかと思ったら、どんなに目を凝らしても、ちょっとやそっとじゃトリックを暴くことが出来ない驚く程良い出来栄えだった。


フリンジ・フェスティバルは、8月21日まで。
いよいよ、夏休みもあとわずかですね!



おまけ:
この日の気温は27度。
エドモントンにしてはかなりの暑さ。夕方には、こんな立派な雲が発生しました。
そら



ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

スポンサーサイト