FC2ブログ
3月30日から出張でアメリカへ行く事になっていたのだが、フライトの10日前からひいた風邪が酷い気管支炎になり、結局ドクターストップによって前日に出張をキャンセルした。
そして最近、払ったエアチケットの半額が戻って来た。
残りの半額は、もしかするとビザカードに付いている旅行保険で返金してもらえるのかも?と思った私。

昨日ビザのカスタマー・サービスに電話すると、キャンセルした日にビザの緊急連絡先に電話しなければダメ、出発予定日前にドクターからの手紙を送らなければダメ、とあっさり断られてしまった。
しかしビザから貰っていた保険の手引き書には、緊急連絡に電話するのは旅行をキャンセルするため、また、出発予定日前にドクターの手紙を送るようにとは書かれていないので、どうも納得出来なくて、一日あけて今日再び電話をしてみた。
違う人が出たら、もしかしたら別の回答を得る事が出来るかもしれないという密かな期待を込めて。
それに、カナダのサービスを一度で信頼しない方が良いという感もあった。

電話すると、案の定別の人が出た。
早速、今日初めて電話しました風に、先月の旅行キャンセル料と残りのエアチケット代の返金申請が出来るかどうか尋ねると、旅行代金支払日と渡航予定日とキャンセルした日とドクターからのメモがあるかだけ確認した後にあっさりと、
『もちろん出来ますよ。』と。
手引書に書いてある通りに、返金の申請書を送ってくれることになった。
ただし、キャンセル料と返金された金額について代理店から書面を貰っていなくて、ビザの請求書に記載されているだけだと伝えると、多分大丈夫だろうけれど、100%返金の保証は出来ないとは言われた。
でもとりあえず返金の可能性が高く、申請させてくれるだけでもありがたい。

やっぱり最初の対応が怪しいと思った私の直感は正しかった。
カナダのサービス(個人的にはアメリカも同様な気がします)だけではないのかもしれないけれど、人が変われば対応も変わる。昨日の人は新人で良く分かっていなくて、面倒だからノーと言ったのかもしれない。

本日の教訓: 一度断られたからといって、諦めるな。
教訓その2: 北米のサービス、信用するな。


さて、春めいて嬉しかったのもつかの間。
今週になって急にまた寒くなったな、と思ったら今日からまた雪が降っています。
やっと顔を出した芝生や大地も、振り出しへ戻る状態に。
一日中振った雪は、夜になってようやく小降りになったけれど、明日もまだ雪マークが出ています。
気温も1度とさむさむ。週末まで10度以上あったのが嘘の様。

グレーと白と茶の世界から、いつ、脱する事が出来るのか?

雪景色
今朝、降り始めの頃。
東京の雪のように大きな塊で降って、それを捕まえたくてティガーは雪の中で大はしゃぎ。

雪景色
朝の積雪。

雪景色
夜の積雪。
わずかに融けつつも積もって行く。

雪景色
人の足跡とネコ達の足跡。
救いは、真冬と異なり凍り付いていないこと。止めば融けるのは割と早いはず。

雪景色
冬中雪の下に埋もれていて、最近顔を出した植木もまた雪に覆われた。

雪景色
もうこれは、満開の桜、と思うしかない。
実は結構美しいです。

週末も来週も暫く平年を大分下回る寒さが続きそうです。
長期予報によると、4月は寒い、らしい。
先週は疑っていたけれど、やっぱり長期予報は正しかった模様。
今年エドモントンに春と夏はあるんでしょうか?
やっぱりエドモントンは白い魔女に支配されたナルニア国になってしまったんでしょうか?...

ナルニア
万年冬です。


ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
スポンサーサイト