FC2ブログ
(今日初めてご訪問の方は、興味がありましたらこちらの記事昨日の様子などもご覧下さい。)

コンファレンスの朝は、ホテルで軽い朝食とコーヒーを飲みながらアーチスト・トークを聞く。
ホテルの朝


本日のワークショップとデモの模様をいくつか。

その1: 電動木版

電動木版
彫刻刀の代わりに電動工具で木版を掘る、というだけのことです。

電動木版
この方の作品。細かい部分も奇麗に彫れて、刷り上がりもペンで描いたかのようにとてもシャープ。

しかし音がうるさいし、木屑が飛ぶしであまり自宅でやるには向いていない。


その2: 木工木版

電動木版
コンピュータにインプットしたデータを元に、

電動木版
この木工用の機械が形をカット。

電動木版
その形にインクを付けて刷る、というデモ。

私的には、これを版画として面白いとは思えなくて、しかもわざわざ膨大なエネルギーを利用してこのような形のものを作ってそれを刷るよりも、やっぱり手で彫れば?と思ってしまいます。
楽なんだろうけれど...


その3:糊無しコラージュ

コラージュ
こちらはコラージュのワークショップで、既に刷られて用意されたイメージを、

コラージュ
この中性の両面シートを使って、

コラージュ
貼付けて、一つの絵にしょうというワークショップ。

用意されたイメージは、ワークショップを開いた作家さんが集めて来たものだけれど、多くの参加者がそれを自由に貼付けて一つの作品にする。
若干無理はあるけれど、ワークショップは遊びの様なものですから、楽しむことが大事。
しかしこちらも、糊を使ったりせず切って貼るだけということで、やはり『楽すること』がテーマですな。

ただ、少し似たワークショップで昨日紹介した、
凸版スタンプ
これよりは、上手い具合に行っていると思います。



ところで、このコラージュのワークショップが行われたのは、ワシントン大学ではなくデルマー・ループ(Delmer Loop)という、セントルイスの人気観光スポットの近く。
デルマー・ループは6ブロックほどの長さの通りで、娯楽施設やレストラン、バー、そして買い物も出来る通り。
しかし私は夕方に一度素通りしただけ。そして撮影したのは、古い建物が魅力的だった、

建物
シティー・ホールと、

建物
ミュージック・センター。元はユダヤ教会、正確にはシナゴーグ(Synagogue)。

場所はデルマー・ループの外れで、この地図では上の方にある丸いのがシティ・ホール、通りを隔てた向かいの大きなブルーの建物がミュージック・センター。
地図

この地図の下の方にもまだまだ通りが続いていますが、デルマー・ループについて詳しくは、こちら。英語ですが青文字クリックで、通りのウェブサイトへ飛びます。
そこに写真なども載っています。

セントルイスといえばブルースですが、セントルイスにはアフリカ系アメリカ人が多い。
デルマー・ループを歩くと、そのことをより強く実感出来る。しかしここで十分楽しむ時間がなかったのは残念でした。


....続く(青文字クリックで)。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

スポンサーサイト