上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハロウィン用のジャック・オ・ランタンの間に座って外を監視中のクロコ。
オレンジのカボチャと黒猫、良く似合っています。首輪もオレンジ。

ハロウィン猫

いい感じですね。


ハロウィン猫2

トリック・オア・トリートが始まっても、その調子で監視を宜しく。
外から撮影してみましょう。


ハロウィン猫3
あ、いつの間にかティガーが!
しかも逆光な上昼間なので、クロコよりも私の姿がくっきり。


今日のトリック・オア・トリートは、これまでに無いくらい沢山の子供達が来て、最後は用意していたお菓子が足りないくらいだった。集団のグループが何組も来たり、時間帯も6時から8時半過ぎと長くて忙しかった。
子供達の仮装を見るのも楽しみなんだけれど、ドアを開けたらびっくりするくらいの人数が待ち構えていたりすると、お菓子をあげるのに忙しくって、仮装を見る暇も無し。
お菓子を集める持参の袋も、とっても控えめな小さなものから、自分の背丈の半分以上ありそうな大きな袋に、重くて持ち上げるのもやっとなくらい沢山のお菓子を集めている子も。
明日から食事は暫くお菓子になるんでしょうか?


さて、期待していたクロコ先生は。

クロコ
また今年もカウチでぐっすりとお休み中でした。

飼い主の居ない黒猫は、ハロウィンの時期になると急に引き取り手が増えると聞いた。ハロウィンの飾りとして、また、魔女狩りにあやかって、外を歩いている黒猫を捕まえて虐待する人も居るという。
毎年この時期には、外に出かけているクロコの身の安全を心配する私たち。
ハロウィンの夜はこうして家の中で寝ていてくれるのが一番ですね。


夕方はジャック・オ・ランタンを玄関の前においてみました。
パンプキン11


パンプキン12

こうして玄関前で灯して置いてみたのは実は初めてなんだけれど、これのおかげでやって来る子供の数が増えたのかも!?


おまけ:
最近朝起きると外が霜で真っ白。
昼間は気温が上がって霜も解けるけれど、午前中は太陽のあたっている部分だけ霜が先に解け、陰の形に霜が残る。
霜
道路脇に駐車してある車の陰の形に残った霜。
車以外の陰もあるのに、なぜかちゃんと車の形に。




ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 
スポンサーサイト
CM2. TB0 TOP▲
エドモントンに10年住んで初めてのボウリング。

ボーリング
カルガリーからエドモントンに入る時に通るハイウェイ、ゲートウェイ・ブルバード(Gateway Boulevard)にある、ゲートウェイ・レーンズ。ここは、ゲートウェイ・エンターテイメント・センタといって、ボウリング場以外にもビリヤードやゲームが出来る娯楽施設やパーティルームなどがある(らしい)。


ボーリング2
ボーリングは10ピンで、普通です。
レーンにつくと、即座にウエイトレスが飲み物の注文を取りに来たのは驚いた。


はるか昔、まだ私が20代前半の頃に付き合っていた彼がボウリング好きだったため、付き合っていた4年間毎週のようにボウリングをしていた私。若さも手伝い、4年の間に平均スコア150くらいに上達していた。因に私の最高スコアは180くらいだったと記憶している。しかし彼と別れて以来パタッとやらなくなって、早xx年。これまで数える程しか玉を転がして来なかった。最後にボウリングをしたのがいつだったのかさえ覚えていない程。

で、最初の一発目はいきなりガターだったのだが、第2フレーム目でストライク、その後ガターを出しつつもまあまあのスコアをキープ、最終的に110で1ゲーム目を首位で終えた私。
ボーリング3
この10年間で多分これが3回目のボウリング(2回はアメリカで)。
首位で終えた記念に証拠写真を撮ってみた。私は上から2番目のA。


2ゲーム目には、昔の感覚が体に戻って来て、スペアも多く取れるようになり、1ゲーム目のスコアを上回る131で、再び優勝! こんなことって、初めて。
ボーリング4


昔の自己平均には至らないものの、人間の体は、若い頃に築き上げた運動機能をしっかりと記憶している、ということが証明された気がする。


ところで、10ピンのボーリングはアメリカから入って来たもので、元々カナダではなじみが無く、夫が子供の頃はボウリングといえば5ピンで、玉も穴なんかなくて小さかったというので、カナダ人があまり10ピンのボウリングが上手ではないのは、経験が浅いからかもしれない。夫曰く、穴に指を入れるのもややこしく、玉が重すぎるし、腰が痛くなる、とか。
それにしても、私用に選んで来た玉を、隣のレーンの関係ないグループの人達が勝手に使ったりして、日本のボーリング場と比べると、なんとなく無作法な感じが...


おまけ:
素人ボウリングにはハプニングも付きもの、ということで、こんな画像を。

隣のレーンにいたら、ちょっと怖そう。


最後は、神業で。


人の技って、素晴らしいですね。
私もなにか技を身につけたくなります。今からでも遅く無ければ...


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


ずっと多忙過ぎて延び延びになっていたけれど、ようやく今年も(夫にとって非常に大切な儀式である)『ジャック・オ・ランタン』作りをした。

ジャック・オ・ランタンの伝統的な基本形はこんな風だけど、
ジャックオランタン

自分の好きなように彫るのが一番。


パンプキン
まず、奇麗に洗ったカボチャを、新聞紙の上に乗せて準備完了。
道具は専用のものも売っているが、ウチのは去年壊れて買い替え忘れたので、台所用品で。


パンプキン2
まず、カボチャの上部を丸く切り取る。
ギザギザしたパン切り用の包丁を使うと簡単。


パンプキン3
中にある種を取り出す。


パンプキン4
私は、カボチャの下側を開けてみました。


パンプキン5
ぬるぬるした繊維質は、スプーンで出来るだけ掻き取る。


パンプキン6
中がスッキリしたら、


パンプキン7
カボチャに顔を下書きし、後は彫るだけ。
細部はステーキ用のナイフが割と彫りやすいが、専用の道具にはやっぱりかなわない。


パンプキン8
仕上がったジャック・オ・ランタン。左が夫作、右が私作。
油性のマジックで描いた下書きは、掘り出したカボチャのかけらでこすると良く落ちます。
ぬるぬる繊維の液体を利用するとなお効果的。

では、中にロウソクを入れてみましょう。

パンプキン9
いい感じに仕上がりました。


出来上がったジャック・オ・ランタンを、窓辺に置いてみると、早速ティガーが...
パンプキン10
おいらの出番?


ティガーの次はクロコも。
ハロウィンと言えば黒猫。やっぱりしっくり来ますね。
パンプキン11
ここにオレンジ色の奇妙な物が置かれたということは、もうすぐあの日が来るのか...。

                     おい、当日の監視はやっぱり俺に譲れ。
パンプキン12
へい、兄貴。


ハロウィン当日の『トリック・オア・トリート』には、ぜひともクロコ師匠にここで見張り番をしてもらいたいと思います...期待しているのに、毎年カウチで寝ているクロコ師匠。
頼むよ!


ところで、ネットでちらっと見てみたら、日本ではハロウィン・カボチャがめちゃめちゃ高い!
私たちが今回彫ったのと同じサイズで、2000円から3000円もするんですね。通販で売られていて、売り切れっていうのも凄い。まず、需要が圧倒的に少ないので仕方がないけれど、それにしても高い。庭のある人は自分で栽培した方が良さそうです。
この値段だと、高級過ぎてジャック・オ・ランタンにしてしまうのはもったいない。せめてパンプキン・パイでも作って味を楽しんだ方が良さそう?
因に私たちが買った上記のカボチャは日本円で1個400円くらいだったけれど、ハロウィン1週間前には200円くらいに値が落ち、多分今週末には100円以下の捨て売りになっていそうな気がします。

ということで、日本でカボチャが高過ぎるけれど、ハロウィン気分を味わえるデコレーションをしたい人向けの、こんな名案を見つけました。
ジャックオランタン2
みかんです。
みかんにマジックで顔描いてあるだけだけれど、なんとなくこれで飾り付けしたら、ハロウィン気分も高まりそう。ロウソク入れられないけれど、31日が過ぎたら食べられるのも魅力的。沢山作って並べたら、結構可愛いと思います。

関係ないけれど、日本の美味しいみかんが食べたい!


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

カナダで最も有名な日系人、デヴィッド・スズキ氏のドキュメンタリー映画。
『フォース・オブ・ネイチャー:ザ・デヴィッド・スズキ・ムービー』(Force of Nature: The David Suzuki Movie)

Force of Nature2

生物学者で環境運動家であるデヴィッド・タカヨシ・スズキは、1936年カナダのバンクーバーで生まれた日系3世。彼は、カナダのテレビCBCの環境ドキュメンタリー番組を1979年以来ホストし人気を得るなど、マスコミにも良く知られ、ファンも多い。
このドキュメンタリーは、74歳のスズキ氏の”自分が死ぬ前に言い残したい最終講義”という、『レガシー(遺産)』と題した講演の様子を中心に、彼の生い立ちや家族、大学時代の生物学研究、その後の環境活動(見た目はもちろんヒッピーですよ)、自然や命への思いが綴られている。広島や築地などシーンのいくつかは日本で撮影された。
カナダで生まれカナダ人として生きて来たスズキ少年は、日系人ということで、第二次世界大戦が始まると突如自国から敵扱いされ、家族と共に日本人キャンプへ強制収容される。日本語を話す事が出来ない彼を待っていたのは、日本語を話す子供達からのいじめ。自国から迫害を受け、更に自分のルーツである日本人からも受け入れてもらえず、友達が出来ずに1人寂しく森や湿地帯で遊ぶスズキ少年は、父譲りの自然好きに加え、ますます環境に興味を持つようになる。


前半の少年時代の強制収容の体験や、原爆記念日の広島訪問など、目頭が熱くなった。
一度は敵として迫害にあったものの、現在ではカナダで最も重要な人物50人の中に含まれるなど、敬意を評されているのは何とも皮肉。
増え過ぎた地球人口への危機、私たちは地球上で他と離れた生命ではなく、常に我々を取巻く地球環境と共にある存在なのだと言う事を強く訴えている。空気や水に壁はなく、人も死んだら大地に還る、こんな単純で当たり前のことを、頭で理解しながらも、私たちは物質や欲望にこだわりどうしても自然に受け入れる事が出来ない。
空気、水、大地、火の4大要素と常に関わりを持つ、私たちを含めた地球上の全ての生命の等しさ。
短い時間に盛りだくさんだけれど、全体的に割と良かったと言えるドキュメンタリー。

Force of Nature


ところで、そんな地球人口の爆発に危機感を持つデヴィッド・スズキ氏だけれど、自身は2度の結婚で4人の子をもうけている。ドキュメンタリーの中では最初の結婚について触れられているが、彼の最初の家族についてはベールに覆われていて、あまり公に語られることは無いようだ。
2度目の結婚でもうけた二人の娘のうち、長女のセヴァン・カリス=スズキは、環境運動家として、しっかりと父親の進んで来た道を受けついでいる。

1992年、セヴァンはブラジル、リオデジャネイロでの環境サミットで、子供の環境団体の代表としてスピーチ。
政治的、経済的な問題を抜いた、子供ならではの他意の無い純粋な訴えは、非常に感動的。



この時セヴァンは12歳、世界中の大人に向かって、環境を守るために今行動を起こして欲しいと訴えている。
ブラジル行きの資金は自分で募金を集め、スピーチも全て自分で書いたという。
子供に教えられる大人。
あれから18年。地球環境は良くなったと言えるだろうか?


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

やっぱり。

もうちょっとでハロウィンという時に、毎年こう。
朝起きたら雪が積もっていました。初雪です。
雪景色
毎年ハロウィン直前に必ずストンと寒くなる。
しかしこの雪は数日で融けるでしょう。


久々の雪に、ネコ達もびっくり。
もう、冷たくて湿った白い粉のことは忘れていたものね。


昨日からお天気悪くて、家で寝てばかりいたクロコおじさん。
クロコ
ニャンということ!


クロコ
今日も寝るしかニャイのか...


お天気悪くても、昨日も元気にお外で遊んでいたティガー坊や。
ティガー
お外が変ニャ。


ティガー
いつもと違うニャ。どうなってるんニャ!?


これからもっと変になるから、慣れて下さいね。というか、思い出したかニャ?

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 





CM0. TB0 TOP▲
久々に、最近のネコ達の様子をご紹介。
寒くなったとはいえ、1日の半分くらいは外で遊んでいるクロコとティガー。

クロコは、朝早く家を出て行くので、相変わらず朝食は近所で食べているようだけれど、帰宅したら猫缶を出す習慣をつけたら、午後はお腹が空くと我が家に戻って来るようになった。
そして、クロコが帰宅すれば自分も猫缶を食べられると学んだティガーも、気配を感じるのかちゃんと帰って来る。

猫缶を開ける音に反応する2匹。

クロコ
背中合わせにしっぽを合わせてお座り。   ママ、早くして。   


クロコ
毎回こんな風に座って見つめられると、どうにも抗う事が出来ません。


クロコとティガー76
満腹になったら、お昼寝。 
ティガーのお腹に顔を埋めて寝るクロコ。暖かそうだけれど、息苦しくないのかな?


一週間前に、お客さんが泊まりに来た。
クロコとティガー75
早速お客さんの寝ていた側のお布団を暖めるクロコとティガー。
でもこの日はお客さんが帰った当日。お客さんが寝ないと分かると、クロコはパタッと客用ベッドで寝なくなった。
ティガーは、ふかふかの布団が気に入って、暫くここで寝ていた。


そして、とっても可愛いクロコとティガーのご挨拶風景を撮影してみました。
耳を澄ませて良く音を聞いてみて下さい。ボリュームを大きめにすると良く聞き取れます。



もう大分寒いんだけれど、まだまだお外が良い様です。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 
CM2. TB0 TOP▲
昨日で天候的には秋が終わり、今日から晩秋の晩秋、冬の始まりという感じがするエドモントン。
お天気ニュースでは既に雪が大量に降ったところもあるようだが、幸い今年のエドモントンの10月は最高に素晴らしい秋だった。9月が酷かった分、このくらいのご褒美がないとね。


冬が近づき、いよいよ今年の家庭菜園も終盤。現在庭にはパースニップ、ニンジン、セロリが残っている。
特に今年はニンジンの実りが良く、今だに沢山のニンジンが生息中。
このまま今年いっぱいはニンジン買わなくても良いかも?とさえ思えます。
殆どのニンジンがしっかりと良く成長してくれたけれど、雨が多かったため、キャパシティを越えてしまったのか、ぱっかりと割れてしまったニンジンもちらほら。
その内の一つを縦割りにしてみたらなんと、
ニンジン
ニンジンの芯がニンジン化。ニンジンの中に子ニンジン。子ニンジンには、ちゃんと根っこも作られ始めていた。

そして、ニンジン以外に今年とっても頑張ってくれたのは、実は9月の寒い時期にガレージで生き延びてくれたポットのトマト。その後のインディアン・サマーも長く、今年は私の家庭菜園史上最も遅くまで続いたトマトの収穫となった。あとちょっとだったけれど、11月まではさすがに無理ですね。
いよいよ陽が傾き日照時間も日差しも弱く、今日から気温も10℃に満たなくなる、ということで、昨日ついに残っていた全てのトマトを収穫した。
野菜
これが残りのトマト全て。これまで、ダメになって捨てたトマトもかなりあります。
ニンジンは今朝収穫、カボチャも我が家ので、これが最後の一個。


カボチャといえば、10月はカボチャがシーズン。ファーマーズ・マーケットにも、日本では見かけない色々な種類のカボチャが出ていて、どれも一度は食べてみたくなります。

かぼちゃ
オレンジのカボチャは、ハロウィン・デコレーション用、まはたパンプキン・パイ用。
日本語でカボチャは全部カボチャだけれど、英語ではいわゆる日本で言うカボチャはスクワッシュ。パンプキンとは、ハロウィン用やパイ用のオレンジのカボチャのこと。スーパーでは日本のカボチャにそっくりなカボチャを『カボチャ・スクワッシュ』という名前で売っている。これを訳すと、『カボチャ・カボチャ』?
巻寿司のことを『マキ・ロール』(巻巻)と呼ぶのと同じような感覚か。


で、ハロウィンと言えば、カボチャ。
我が家も毎年カボチャを買って、ハロウィン用のジャック・オ・ランタンを作っているが、今年も良いカボチャが手に入った。安くて形が良い。
かぼちゃ2
今週末にはこのカボチャを彫る予定。


さて、ハロウィンまであと10日弱。毎年ハロウィンのぎりぎりまで割と暖かく、ちょい前から雪が降ったり激寒くなるのだけれど、今年もやっぱり寒くなりそう。
いよいよ雪の予報も出始めたけれど、ウチの前の並木はもう冬支度万端です。
枯れ木
家の前の並木もすっかり葉が落ちきって、寂しい限り。

また雪の季節がやってきます。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


作家カズオ・イシグロの同名小説を映画化した、『わたしを離さないで』
(原題:Never Let Me Go)。

私を離さないで2

外部との接触は無く、隔離された寄宿学校ヘールシャムで共に学び生活する子供達。一見普通の子供達と変わらない彼らには、抗う事の出来ない過酷な運命が定められていた。キャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)の3人も、他の子と同じようにこの寄宿舎で共に過ごして来た。思春期を迎え恋をし、友人として、ライバルとして時にいがみ合い、大人になって離ればなれになってからも、3人はその運命故に普通とは異なる固い絆で結ばれていた。


非常に重いテーマで、悲しい物語。
重要な部分は『秘密』とされ、語るべきではないようなので触れないけれど、映画は私たちに命の重みについて問う。人の存在や命に違いはあるのか? 限りある時間の中で生きる事とは?
現在非常にタイムリーな内容で、恋愛ものとしての感動よりも深い感動を得る事が出来る映画だと思う。

この物語の設定が過去であるのも面白いと思った。
かなりの低予算映画らしいが、観て損はしない作品である。


私を離さないで3
18歳になり、寄宿学校を出て農村のコテージで共同生活をするキャシーたち。

私を離さないで2
3角関係でも絆は深い。トミーの自分の無さに、ちょっと苛ついたりしますが...


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 



10月18日は、エドモントンの市長、評議員選挙でした。
結果は、現市長のステファン・マンデル(Stephen Mandel)氏が過去の投票数を大きく上回る107709票を獲得する圧勝で、再び続投ということになった。
マンデル氏はこれで市長3期目となる。

選挙
予想以上の快勝に喜ぶマンデル氏。
午後8時までの投票だったが、投票終了1時間後の9時のニュースではすでに当選確実となっていた。


今回市長選の争点となっていたのは、エドモントン市内の空港、エドモントン・シティセンター・エアポート(エドモントン国際空港が出来る以前の空港で、現在はプライベートや商業、工業、軍事の目的で使用されている空港)を閉鎖するかどうかと、今後のLRT(Light Rail Transit)の延長線の開発について。

市内空港は閉鎖、LRTはなるべく早く延長線の開発を進めたいというマンデル氏に対して、空港閉鎖反対、LRTよりも道路の開発を公約にあげていたデイビッド・ドルワード(David Dorward)氏は、マンデル氏の最大のライバルとされていたが、結局マンデル氏の半分強である58176票に留まった。

選挙3
電車路線の開発には消極的だったドルワード氏(右側)。
ブルーカラーの保守を全面に出していたドーワード氏は、強力なキャンペーンでサポートも多く、どうなるのか分からないでいただけに結果はちょっと驚きだった。


そしてもう1人のライバルは、この方。
選挙4
ダリル・ボナー(Daryl Bonar)氏。20484票獲得で、予想通りの3位。
若さを武器に、若者・学生をターゲットに選挙活動をしていたが、若者支持だけでは追いつけなかった。

私は、マンデル vs ドルワードの戦いに注目していたので、ボナー氏がどういう考えだったのか記憶が無いが、7人いた市長候補の中で、上記の3人が一応今回の有力候補だった。が、やはり話題に大きく取り上げられていたのは先頭を走る2候補。
2人のビジョンは正反対で、公約からも読み取れるように、理想とする都市計画のためには多少の犠牲も恐れずに前に進もうとするマンデル氏と、変化を恐れ、より確実で安全な道を辿ろうとするドルワード氏だったが、エドモントン市民の答えは、”前に進もう”だった。ドルワード氏のビジョンは、市民にとって安全で快適というよりは、変化せずに留まる事、更には過去への回帰と映ったようだ。


市民権が無い私は何年住んでも投票は出来ないけれど、今回の市長選は結構気になっていた。市内の空港を閉鎖するかどうかについては、よく調べていないので何とも言えないが、商業、工業、緊急使用目的の空港が市内にあったら便利な様な気はする。しかし経費や騒音問題などもあるのでしょう。私としてはLRTの延長線開発はぜひ進めて欲しいと思っているため、今回の選挙結果には満足している。
マンデル氏は芸術・文化への関心や理解も高いので、その辺りでも好印象。今回が最後の任期になるかもしれないけれど、是非税金を無駄にせず、より良い都市づくりをして欲しいと思います。


選挙2
投票所の様子。
投票率は34%。前回は27%だったので、割と関心が高かった選挙といってよいかも。
ま、有権者の34%というのは低いといえば低いですが、アップしたのは良いことですね。


おめでとう、ステファン。


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

スウェーデン作の吸血鬼映画『ぼくのエリ 200歳の少女』(原題:Låt den rätte komma in)のアメリカリメイク版。監督が、地味ながら高評価だったホラー映画『クローバーフィールド』のマット・リーヴスというので、期待して観に行った、
『モールス』(Let Me In)

Let Me In

舞台は1983年のニューメキシコ州、ロスアラモス。両親は離婚調停中、鬱状態でアルコールに溺れる母と暮らす12歳の少年オーウェンは、学校でも執拗ないじめを受けていた。いつも夜になると団地の中庭で1人で過ごす孤独なオーウェンは、ある晩隣の部屋に越して来た少女アビーと出会う。母は亡く、父と暮らし靴を履かないアビーに、オーウェンは自分と同じ孤独を感じ取る。二人は友達になり徐々に親しくなっていく...


オリジナルが素晴らしく、リメイクには反対もかなりあった様ですが、私はオリジナルを観ていないせいもあるかもしれないけれど、リーブス版、結構良かったです。
正直この映画はヒットはしないだろうけれど、高評価を得ていた通り、細かいところまで念密に、矛盾が無いようにしっかりと作られているなと感じた。その効果か、バンパイア映画という非現実的な話がとてもリアルに感じる内容に仕上がっている。そして殺人シーン、孤独な子供の家庭環境、オーウェンのパーソナリティ、そしていじめのシーンと、どれもとてもインパクトがある。

子供同士の純愛と友情物語のように見えるが、アビーは12歳と言っても実際は200年程(映画の中でははっきりと何年とは言っていない)生きていて、彼女の中にはヴァンパイアならではの身勝手さがある。アビーがオーウェンに執着する理由、孤独な少年に惹かれる彼女の本当の理由は、あどけない姿の中に隠されている。


Let Me In2
団地の中庭で出会った二人。会えるのは夜だけ。


Let Me In3
モールス符号を使い、壁をたたき合ってコミュニケーションを図る二人。
オーウェンを演じているのは、2009年の『ザ・ロード』で、 ヴィゴ・モーテンセン演じる『男』の息子役が印象的だった、コディ・スミット=マクフィー(Kodi Smit-McPhee)。
1年で大分成長しました。この子は目力がありますね。


Let Me In4
アビー役は、キック・アスで、史上最強のスーパー少女、ヒットガールが最高に良かったクロエ・モレッツ (Chloë Moretz)。


原作とどう違うのか、機会があれば、スウェーデン産のオリジナルの方も是非観てみたいと思います。


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 
昨日はサンクス・ギビング・デイ(感謝祭)。土曜日にも既に七面鳥ディナーを頂いたけれど、月曜日のこの日がメインの祝日。今年2度目の七面鳥は、家族と親族で頂きました。

毎年、義理兄の奥さんの実家で盛大にディナーパーティーが開かれる。

サンクスギビング5
かなり大勢集まるので、ターキー(七面鳥)も特大サイズ。オーブンで、1日がかりで焼き上げます。


サンクスギビング6
テーブルの真ん中には、やっぱり感謝祭のテーブル用飾り付け。
飾り用のミニカボチャ達がとっても可愛らしい。


サンクスギビング7
この日の料理は、左上から時計回りに、マッシュポテト、マッシュスイートポテトとピーカンナッツのオーブン焼き、そして詰め物スタッフィンとターキー。


どれも皆美味しいのだが、特に私が好きなのは、
サンクスギビング8
クランベリーソースと、

サンクスギビング9
オレンジジェリー。
オレンジ、レモン、ニンジンなどで出来ている。味はオレンジゼリー。
こってりした料理が多いので、柑橘系でさっぱり。


サンクスギビング10
基本的に根菜、芋系プラス肉だが、唯一の生野菜(葉物)であるキャベツたっぷりのコールスロー・サラダを添えて、本日もまたてんこ盛り。
これでも控えめにしたつもり。食後に必ずデザートが出るので、食事で満腹になってはいけない。


サンクスギビング11
デザートはもちろん、定番のパンプキンパイ。切り身が大きい上に生クリームがぼってり。
またしても太りそうです。が、パイは激ウマでしっかりと完食。
ごちそうさまでした。

それにしても、運動しないとヤバそうです。


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


10月の第2月曜日はカナダのサンクス・ギビング(感謝祭)。月曜日が祝日だけれど、土曜日からの3連休、州によっては金曜日からの4連休になる。

サンクス・ギビング(感謝祭)は、その年の収穫に感謝し祝い、大地の恵みのおかげでこの後に来る冬も健康で元気に過ごせるようにと祈る祭りだが、カナダのサンクス・ギビングがアメリカよりもひと月半程早いのは、秋の収穫が終わるのが早いから。
そしてサンクス・ギビングと言えば、クリスマスのメニューと殆ど同じ、ターキー(七面鳥)丸焼きのディナー。
ターキー以外の料理には、あまり決まりは無い様。

毎年義理兄の奥さんの実家にお呼ばれしている私たち。今年はお友達の家にもお呼ばれして、一足先に第一弾サンクス・ギビング・ディナーを頂きました。

収穫、食べ物に感謝するお祭りだから、とにかく食べます。

サンクス・ギビング
大量に用意された料理。左上から、リンゴのサラダ、オーブンから出して切り分けたターキー、その下はピロギ(ポーランド餃子)のラザニア、そして左下の茶色いのは、七面鳥の中に詰めて一緒に焼かれたものを、焼き上がった後に取り出した、スタッフィンと呼ばれるもので、これがまた美味しい!
各家庭によってスタッフィンの内容物や味付けが微妙に異なる。おふくろの味といったところか。


サンクス・ギビング3
更に、食べ物は大量にあるから持って来なくても良いと言われていたのに、夫がどうしても持って行くと言うので、夫に作らせたカボチャのオーブン焼きと、こちらの奥さんが作った根菜とカボチャのオーブン焼き。そして、唯一の緑野菜、レタスとリンゴのサラダ。


サンクス・ギビング3
全部皿に盛ったら、食べきれなさそうなくらいてんこ盛りになりました。
(この写真には載っていませんが)ピロギにはサワークリーム、ターキーにはクランベリー・ジェリーやグレイビーソースをかけて頂きます。
クランベリージェリーは、ジェリーでなくてソースだったりもするけれど、いずれもグレイビーソースと同様に、各家庭によって微妙に異なる味がする。


サンクス・ギビング4
テーブルの中央には、感謝祭独特の飾り付け。
色付いた葉や松ぼっくり、スーパーでも買える飾り用のカボチャ、造花やドライフラワーなど。

食事の後は、もちろんデザートが出るが、一般的に感謝祭のデザートはパンプキンパイ。
昨日はアップルパイ、ストロベリー・ルバーブパイ、パンプキンパイが用意されていて、私はストロベリー・ルバーブパイを頂きました。


満腹になった所で、1時間程ロードホッケー(ストリートホッケー)をやってカロリーを燃焼。
ロードホッケーはアイスホッケーの路上版で、パックの代わりにボールを使います。ボールは専用のものもあるようだが、プラスチック製のおもちゃのボールや、テニスボールでもオッケー。


毎年サンクス・ギビングディナーは1回だけなのに、今年は2回あるので、よりいっそう太りそうです。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


今年のインディアン・サマーは長くて、エドモントンは今日もポカポカ。
夏が寒くて9月も激寒だったから、せめてこのくらい長くないとね。
しかし月曜日からはついに寒くなる予報。この陽気もあと3日と思うと、暖かい内に庭作業しておかないと!ということで、昨日からついに落ち葉かきを始めました。
昨日は前庭と裏庭半分済ませたので、今日は残りの半分とガレージの裏。

落ち葉
ウチの敷地内で、最も落ち葉がたまる場所。


落ち葉2
まずは集めて落ち葉の山を作った。
隣の家のリンゴの木に毎年沢山実が成るが、収穫している気配はゼロ。
秋になるとウチの庭にもリンゴが沢山落ちる。今年のリンゴは育ちが良くて粒がいつもより大きいので、落ちる前にちゃんと収穫したら美味しかったかも。が、ウチの方に伸びている分のリンゴは収穫したいと思いつつ、手が届かないくらい高い所に成っているので、結局穫らず。なんだかもったいないな~。


落ち葉3
通路はウッドチップで覆われているので、落ち葉かきがちょっと難しい。
なるべくチップをかいてしまわないように、上の落ち葉だけ集める。
今年は9月の凍結で早くから葉が散り始め、でも落ち葉かきをするのは例年並みだったので、先に落ちた葉が下の方で粉々になっていて奇麗にかききれなかった。


落ち葉5
大分奇麗になりました。
芝生は奇麗になったけれど、通路は下の方の落ち葉がかき取れずに、ぱっと見あまり変わってないように見える。


落ち葉7
ガレージの裏も奇麗にして、昨日と合わせて11袋の落ち葉がたまりました。

なんだかついこの間落ち葉を集めた気がするのに、実際はもう1年。
毎年、落ち葉かきを始めると必ずどこからとも無く現れてお手伝いしてくれるクロコなのに、今年は全然姿を見せなかった。

ところが、丁度全て終わった頃にようやく登場。
クロコ
お手伝いに来たニャ。


クロコ
あれ? 葉っぱの山がにゃいニャ?

くるちん、もう終わっちゃったよ。



クロコ
それなら、疲れたしお昼寝ニャ。     ぐて。

いつもそんなにぐってりと疲れて、どこで何してるの?


クロコ
え? いろんなお家を回って~...

危ないお家に行ってはダメよ。


クロコ
分かっているニャ。


クロコ
怖いお家もあると学んだニャ。 (クロコの捕獲をご存知無い方は、『クロコついに捕まる』でご確認下さい)


本当に学んでくれていると良いのですが。



おまけ:
庭の陽当たりが悪くなり、日照時間が短いのだけれどインディアン・サマーの気温で、頑張って赤くなっているトマト。
トマト


トマト2
根こそぎ抜いて、茎に付いたままガレージで生き残ったトマトも、大分色づいて来た。
インディアン・サマーが終わったら、色づいたトマトは全て収穫する予定です。



ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


CM0. TB0 TOP▲
ティガー、外でクロコを見つけると、とことん付いて回ります。

                        クロコ兄貴~、遊ぼう~。
クロコとティガー69
クンクン。(セロリに被せておいたカバーの匂いを確認中)

                 兄貴、忙しそうだニャ。
クロコとティガー
子供と違って、大人は急がしいんニャ。

                           
クロコとティガー71
ふう、たまには1人にさせてくれ。

                   兄貴~、お仕事終わったんニャら、遊ぶニャ!
クロコとティガー72
ち、また来た!

                             兄貴、おいら退屈ニャ!
クロコとティガー73
ううう、(雲隠れでもするかニャ。)

                         ドスドスドス...
クロコとティガー74
退屈ニャのに...


今日のクロコ兄貴は、どうやら遊びたくはない様ですね。


その後...

ティガー66
兄貴が消えたニャ。...しょんぼり


クロコ27
(しょうがニャイ、少し相手をしてやるか)ここニャ!ここニャ! ベロベロべ~。


と、言いつつ...
クロコ28
子守りは疲れるニャ。  ぐってり。


ティギー、くるちん今日は遊びたく無いんだって。


ティガー67
...ニャ~んだ、つまらニャイの。


クロコ29
ぐて。

確かに疲れていそうなクロコ先生。
直射日光に当たり過ぎてしまったようです。
日陰で、暑くなってしまった体を冷やし中。


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

CM0. TB0 TOP▲
冬はアイススケート、夏はヘリテージ・フェスティバルと、何かと賑わうハウレラック・パーク(William Hawrelak Park)。
週末はお天気も良く、室内に居るのはもったいないくらいだったので、昼間は多忙だった私たちも、夕方陽気に誘われて出かけてみた。


ハウレラックパーク2
実際よりも暗く撮れたハウレラック・パーク。後ろに見えるのはダウンタウン。
池の周りも、川沿いのバーベキューエリアも家族連れやカップルでいっぱい。
想像以上に混んでいた。皆考える事は同じね。


ハウレラックパーク
日没直後の西の空。


ハウレラックパーク3
川沿いをちょっと歩いてみました。
もうこの道の木の葉は殆ど落葉してしまった。


ハウレラックパーク4
ノース・サスカチュワン・リバー。


ハウレラックパーク5
もう少し歩いたら、まだ黄葉中の林に出会った。
まだ緑の葉が付いた木もある。


ウチの庭の木もそうなのだが、まだ今も緑色の葉の木もあるのに、すっかり葉が落ちて枯れ木になってしまっている木も沢山。
緑葉の木、黄・紅葉の木、そして落葉の木を同時に見る事が出来るけれど、ちょっと慌ただしくて寂しい気もします。秋の短さ故。

こんな風に外で気持ちよく過ごせるのもあとわずか。
落葉してしまった木が日増しに増え、冬の足音が近づきつつありますね。でも今週末までも割と暖かそうなので、この陽気を思い切り楽しみましょう。


しかしそろそろ落ち葉かきをしなくては...


ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 




今日もまた一段と暖かく爽やかな秋晴れで、猫達もお外でご機嫌。

大好きクロコの後をひたすら付いて歩くティガー。

クロコとティガー64
兄貴~、待って~。         


クロコ27
ママ~、見て見て。静かで暖かくって、今日は最高だ...  クネクネっ。


クロコ兄貴?
クロコとティガー65
ニャ...っと。 (あ、またうるさいのが来た。)


兄貴、ここでニャにしてたの?
クロコとティガー66
ニャにもしてニャイぞ。    そそくさ。


兄貴~、どこ行くニャ!  サッ。
クロコとティガー67
あ、邪魔するニャ!


クロコとティガー68
兄貴大好き♡ チュっ♡♡              ・・・・・


ティガー64
わ~い、暖かくって兄貴にチュ♡できて、今日は最高だニャ~。   クネクネっ。


ティガー65
...あ、ママ、見てたの?



さて、今日は残りのジャガイモを思い切って全部収穫してみました。
ジャガイモ
小さいのから大きいのまで、今日もまた35個。特大サイズが沢山穫れてびっくり。
昨日の収穫と、それより以前に収穫した分と合わせて、今年も110個以上のジャガイモが出来ました。16個植えた種芋のうち4個は上手く育たなかったので、全部で12個の種芋からこんなに沢山のジャガイモが出来たことに。今年はジャガイモが豊作だったと言って良さそう。しかし、レイト・ブライトに感染していたようなので、長期保存後が少し心配です。


ジャガイモの豊作を祝って、ポチポチっ↓↓↓と応援もどうぞ宜しく。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

CM0. TB0 TOP▲
暖かく爽やかな晴天が続いてるエドモントン。
冬前の庭作業を毎日少しずつやっているのだが、今日は畑に埋まっているジャガイモを掘ってみる事にした。


本日のジャガイモ掘りのお供は、この方。

ティガーとジャガイモ
ママ、ニャにしてるの?

あ、ティギー、お手伝いする?


ティガー59
既に掘った所もあるのだけれど、はっきりと区別がつかなくなったので、端からもう一度念入りに掘ります。
シャベルでジャガイモを傷つけてしまわないように気をつけながら掘る。
いっぺんに掘ると疲れそうなので、今日は3分の1スペースだけ。

掘ったら2時間くらい日干しします。 今日は大小合わせて35個収穫できました。

畑12
わあ、ママこれ食べられるの?

ティギー、ジャガイモだよ。


ティガーとジャガイモ
ニャ~んだ、食べられニャいのか。 プイ。 


ティガー60
がっかりニャ。

その後も、私の行く先々にくっついて回るティガー。


ティガー62
ママ、今度はニャにしてるの?
(乾燥したピートモスを水に浸しています。)


ガレージに避難して凍結を凌いだトマトは、ここ最近の陽気でまたいくつか赤くなってきた。

トマト
しかし日が傾いてきて庭の陽当たりが悪くなっているので厳しい。何時まで頑張れるか?



そして、私が家に入るとティガーも室内へ。

ティガー62
ふ~、今日もよく働いたニャ。

ティギー、付き添いご苦労様。

ティガー61
えっへん! 今日もママの安全を守ったニャ!


今日はクロコ先生見かけませんね?

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 




CM0. TB0 TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。