FC2ブログ
随分前から時折新聞で激しい意見バトルがなされている、飼い猫のローミング。
私が驚いたのは、殆どの意見が『猫は完全室内飼いにすべき』で、更に罠を仕掛けて捕まえ田舎に捨てるとか、猫猟りするとかいう意見を真剣に書いている人が存在している事。

ごく最近のやり取りの発端は、ローミングは猫にとっては本能に伴った自然行為であり、猫も自然界の一部なんだから、人の都合で自由を奪うのは可哀想という意見が新聞に載ったこと。
それに対して、数日に一度、反論や同意が寄せられているが、反論の殆どが、自宅の花壇や畑にウンコされることに恨みを持っている人や、さえずりを楽しんでいる小鳥が殺される事が許せないという人達の意見。
猫好きで、猫の安全や近所への迷惑を心配している人も、散歩にはヒモをつけたり普段は完全に室内飼いにするべきという意見で、その点では猫嫌いと一致している。


実は今では自分自身信じられないのだけれど、私はほんの10数年前までは猫嫌いだった。
猫を可愛いと思った事もないし、自宅の庭に猫が来る事も許せなかった。猫の喧嘩のとばっちりで引っ掻かれたり、可愛がっていたヒヨコを食べられてしまった経験もある。
なので、花壇を掘られてくさいウンコをされたり、パテオセットにおしっこ掛けられることを許しがたいと思う気持ちは良くわかる。
だけど、捕まえて田舎に放つとか、猫猟りを雇って飼い主に罰金払わせるとか、そこまで憎む気持ちが分からない。鳥を殺すからといっても、猫だけでなく他の野生動物も鳥は殺すし、猫をエドモントンの郊外に放てば、冬は生き延びる事は出来ないだろうから、それは殺害であり、鳥を殺す猫は人の手で殺しても良いと言う事?こういう意見を新聞に堂々と寄せる人が居る事が、私にはショックだ。


現在ではすっかり猫好きになった私も、外を出歩いているために起こる交通事故や心ない人からの虐待は心配だ。
しかし、外に出て幸せそうなクロコやティガーを家に閉じ込めて自由を奪う事は、私には出来ない。猫は人と違って、未来を考え行動を決めるのではなく、その時、その時で行動を決めて生きている動物。縄張りを貼って、ローミングをするのが猫の本能。猫は縛られるのも嫌い。
事故や虐待もちろん心配だけれど、外好きで外に出たくてどうしようもない猫が、外を見る事は出来ても、自由に出歩けないなんて、どんなにストレスだろうと思う。自分が監禁されていると想像すると、とても室内に閉じ込めておく事が出来ない。
私に出来ることは、健康管理と安全な寝床を提供すること。そして、可愛がること。

自分の子供を、外には誘拐犯や交通事故などの危険があるからといって、家に閉じ込める人は居ないはず。
猫はペットで人とは違うけれど、外好きな猫が、春から秋の間だけ外で自由に過ごすことをおおらかに受け入れることは出来ないのだろうか?

賛成意見は、猫のことを思ってローミングを賛成しているのに対し、猫の安全を心配する以外の反対意見は、ほとんどが『私の庭』の『私の花壇』や、『私の睡眠時間』を喧嘩の声で起こされることや、『私の楽しみ』である小鳥を殺されることと、良く頭の中で繰り返すと、全て『自分中心』。
猫の自然行為に恨みを抱くエネルギーを、猫が庭に来るのを嫌がるような工夫に費やしてみたらどうなんだろう。


この意見交換の合間に、猫とは直接関係ない話題だったけれど、その中に、『エドモントンでは猫を室内飼いにするようになって来たため、屋根に巣を作る雀や、ネズミの被害が増えて来た。』そして、『かつては、もっと多くの猫が自由に外を歩き、雀やネズミの数をコントロールしていた...』という記事があった。
猫は小鳥よりもよほど多くのネズミを猟る。もともと人類が猫を飼い始めた理由は、穀物を荒らすネズミを獲らせるためだった。
外敵が減れば、ネズミの数は急激に増えるだろう。『私の花壇』や『私の庭』がネズミだらけになっても、まだ猫だけは庭に入れたくないと思うのだろうか。
物事や生き物の存在には、つねにメリットとデメリットがあることを、私たちは忘れるべきではなく、一つのデメリットに注目しただけで、簡単に結論を出してしまわない方が良い。


私は、猫の事を心配して完全室内飼いにしている方はそれで良いと思う。完全室内飼いを否定する気は全く無い。
猫がそれで幸せそうなのであれば良いと思う。
ひも付きで散歩させても大丈夫で、家好きで外には出たがらない猫も居る。私も、そうできるのであれば、そうするだろう。以前クロコにヒモを付けて散歩させるようにしようとしたのだが、何度トライしても想像を絶する拒絶ぶりで、ヒモが喉にからまり、顎が外れそうなったりであまりにも危険なので諦めた。
猫にも強い個性がある。猫の個性に合わせて出入り自由か完全室内かを飼い主が選ぶことが出来なくすることを、私は良いとは思わない。


猫嫌いでローミングに反対の人には、近所の猫が自宅の庭をネズミから守っているかもしれない、ということを忘れないで欲しい。ウンコはくさいけれど集めて肥やしを作ったら、花壇に費やしている肥料代が浮く、くらいのおおらかさで居てくれることを願う。



私は猫の出入り自由を禁止する意見に、とても抵抗を感じています。
皆さんは、どうでしょうか?

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

スポンサーサイト