FC2ブログ
...のはずなのに、今年は定植後と成長期に寒さが続き、更に7月も雨の多い冷夏でかなり出遅れぎみ。

そんな中で、一足先に収穫し始めたミニ大根。(これは少し前の写真で、現在大根の収穫は全て終了)
大根2
これまでの4年間で最も素晴らしい出来栄え。
ネットを張ったせいか、ウジ虫も付かず。

他の野菜も、一応育ってはいるのだけれど、今の所収穫はレタスとバジル、パセリ、紫蘇など葉っぱものだけ。

畑11
最も順調に育っているトマトは、地植えではなくてプランターのトマト。

7月5日の畑写真と比べると、成長しているのが分かります。
畑3
小さい方の畑。


畑5
大きい方の畑。
ジャガイモは集中豪雨の後倒れて来たので、ネットで補強。

反対側から。
畑10
余裕を持って植えたつもりが、密生して凄い事になっています。
パースニップやニンジンがこんなに巨大化することをすっかり忘れていた。


畑6
ようやく実が付きだした、スナップエンドウ。
陽当たりの良い方向に集中し、予想以上の高さに成長。
他の豆類がようやく花をつけ始めたのに比べると早い。


畑7
花が咲き始めたので、ベビーポテトは収穫出来そうです。
現在8割咲きなので、全て咲いたら一株掘ってみる予定。


畑8
ジャガイモの隣に植えていたセロリは、今年初めて順調に育っているが、脇から株出て広がって凄い事になっていたので、脇についた子株をとって、一株立てに整理。


そして、毎年作るのを最も楽しみにしている、瓜科の野菜は...
畑9
定植時期から成長期に寒過ぎたため、最悪な育ちぶり。
毎年この時期には、売りたくなる程沢山出来るズッキーニも、今年は雌花が全く付かずに雄花が咲くだけ。
二株のうち、一株はようやく雌花の気配が出て来たが、もう一株は気配もなく、株だけが健康そうに成長している。
カボチャはようやく一つ受粉に成功した。
そしてキュウリは株の成長が冗談かと思う程小さくて、実が二つ程ついているだけ。

ウチだけでなく、エドモントンの知り合いの家庭菜園も瓜科は苦戦しているよう。
雨が多いため、水不足で悩む事はないのだけれど、日照不足と低気温に悩まされている。


そして、
タンク
今年新たに雨水を溜めるためのタンクを設置。
夫が作ってくれた、杉材の台です。
このタンクはガレージの屋根からの雨水用で、もう一つ同じのを家の一角設置した。
ここの所雨が沢山降って、庭に水を撒く必要がないため、満タンになっている。
この二つのタンクで、水道水を大分節約出来ると思うが、来年、できればあと2つは設置したい。



ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


スポンサーサイト