FC2ブログ
カナダの夏は、どこの都市でもフェスティバルが沢山。
エドモントンも、毎年6月から8月までの3ヶ月は特に集中して様々なフェスティバル、イベントが催される。
私も最初の1、2年こそあれこれと出かけていたものの、3年4年と経ってくるとマンネリでつまらなくなり、ここ数年は、移民の祭典、ヘリテージ・フェスティバル以外にはほとんど出かけなくなってしまっていた。

今年もどこにも顔を出さないまま7月も後半へ突入してしまったが、実に9年ぶりくらいに国際ストリート・パフォーマーズ・フェスティバル(全て日本語にしたら、『国際大道芸人祭り』ですね)に出かけてみた。ダウンタウンのサー・ウィンストン・チャーチル・スクエアで7月9日から開催のこのフェスティバルは、昨日18日が最終日。

とくに目当ての芸人もなく、面白い大道芸があればみればいいやという感じでフラッと行ってみたところ、最終日の日曜日ということもあり、結構な人出。

大道芸
最近雨ばかりだったところ、久しぶりな夏日和。カラッと爽やか。
エドモントンの夏は、こうでないと。


各大道芸人は、与えられた場所でおよそ30分間パフォーマンス。
微妙に時間をずらして、同時に4、5人が芸をしているため、さらさらっと流し見。
そんなにたっぷり時間もなかったし、強制ではないものの最後にはお金を取られるのだから、せっかくならつまらない芸よりも面白いのを観たい。
で、ちょうど始まり時間にぴったりで、面白そうだったこの方の芸を、最初から最後まで楽しんできました。

大道芸5
ニュージーランドから参加、バスケットボールを自在に操る、バスケットボール・ジョーンズさんです。


バスケットボール一個でも重いのに、まるで風船のように軽く操るジョーンズさん。
大道芸6
基本の3玉回しはもちろん、


大道芸3
一瞬だったけど、5玉も回してみせた。

更に、
大道芸4
背の高い一輪車の上で再び3玉を回すジョーンズさん。

大道芸7
始終喋りながら芸をしているジョーンズさんの、キツいジョークも交えた喋りが、これまた嫌な感じがしなくて良かった。

この他にも、2つのバスケットボールを人差し指の先に乗せて、超高速で回してみせたり。
ザラザラして重いバスケットボールをあんな高速で回すなんて、いったい人差し指の先はどうなっているか心配になるほど。
終わる直前に、強制ではないと言いつつしっかりと観客にお金を請求していたけれど、体を張った30分の芸がお見事だったので、文句無しにちゃんとお金も払ってきました。

9年前にはあまりなかったような気がする、最後に観客にお金を請求する習慣。
請求の仕方も色々で、子供を3人抱えている、とか、これをプロとして食べていて、この収入で請求書を支払っているなど切羽詰まってる演出で、お金払わないで立ち去るなんて非情と思ってしまう内容。更に、いくら払えばよいのか金額も具体的に言うのだけれど、だいたい誰もが同じ金額で、高めに言えばその通りに払う人もいるからか、ちょいと高めな請求も忘れない。
以前は終わったらパフォーマーが観客に帽子を差し出してまわるとか、手前に帽子を置いておくだけだったような気がする。
大道芸とは、観た人が面白いと思ったらお金を入れるものだと思っていたので、普通のショーのように、観たら必ず払うの当然、というのは少し驚き。しかし何も言わなければ、観ただけで立ち去る人の方が多そうなので、最後にちょっと言ってみるだけで収入に大きな差が出るのなら言わない方がおかしい、とも思う。それに、プロだから、ってことなんでしょうね。



ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 




スポンサーサイト