FC2ブログ
ここ数日気温が23度以上に上がり、強い日差しの晴天が続くエドモントン。
この時期の平均気温は12度程度となっているようなので、平均より大分高い。
そしてここ数日の暑さで、植物たちも一気に目覚め始めた。
まだまだ一見枯れ枝だけれど、よく見ると新芽が大分膨らんで、例年よりも大分早く新緑が拝めそう。
この陽気、水曜日までは続くがその後は平年並みに戻っていくという予報が出ている。
このあと5月に入って雪など降らない事を祈りましょう。

今日はそんなエドモントンの春一番の植物たちを撮影してみました。
良いカメラでないので、こんなもんで。

IMG_344472.jpg
我が家で一番最初に息づく木。
葉っぱのようだけれど、実は種で、種が落ちた後葉が成長する。


そして近所に出かけてみると。
新芽6
同じ木ではないと思うけれど、こんなのも。


こちらは本物の新芽。
新芽2

新芽


芝生もいつの間にかこんなに色づいていた。
春風景

新芽3


しかし、通常春には長雨が降ったりして、雪融けの水と春の雨で植物たちは夏の乾燥期を乗り越えるのに、今年は雪が早くに融けた上、ちっとも雨が降らずにカラカラに乾燥している。
そして芝の生えていない土はこんなひび割れ。
今年の夏は再び干ばつが予想されている。
新芽5



さて我が家に戻って、ウチの植物たち。
新芽7
昨年秋の工事で、小型ブルドーザーにこてんぱんに踏みつけられ、散々ダメージを受けたにも関わらず復活を頑張るイチゴ。
頑張って実もつけておくれ。


新芽8
こちらも万年草、ルバーブ。
これもブルドーザーに踏まれていたのに、まだ生きていた!


新芽9
チューリップ。この場所は良くないため、あまり元気ではないが、毎年芽を出し小さな花を咲かせる。


そして最後に、野菜たち。
野菜5
トマトは快調に成長中。本場も2枚目が出てきました。


エドモントンの気象史上、雪が降った事がないのは7月のみ。
今こんなに真夏日なのに、来月になったら急に冬みたいになって雪、なんてこともなきにしもあらず。
雪はもういいから、雨が沢山降ってくれないかしら。
太鼓でもたたいて雨乞いしないとね。

本日も訪問ありがとうございました。
お帰りの際にはぜひこちらも!⇩⇩⇩
ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ






スポンサーサイト